不倫をやめたい人へ送る4つのアイデア

The following two tabs change content below.
響子先生

響子先生

占い師。占い教室講師、占いライターとしても活動中。元々心理系のセラピストとして活動しており、「お客さまの悩みにもっと寄り添いたい!」という思いから、プロの占い師の道へと進む。2014年から2年半で2000件以上を鑑定。電話占いリエルでも鑑定中。 響子先生のコラム一覧はコチラ!

こんにちは、占い師の響子です☆

今回は非常に多いご相談のひとつである、不倫についてお話しをしたいと思います。

不倫のご相談の中でも、「不倫をしていて楽しい!」「彼とラブラブで幸せ!」というお話しは、超少数派。



やはり大半は、「不倫をしていて苦しいです」「やめたいけど、やめられません」「罪悪感を感じます」「これから先が見えません・・」というご相談です。

先が見えない恋愛って辛いですよね。

辛い恋愛より、幸せな恋愛がしたいですよね。

あまり長くそんな状態が続くと「不倫やめたい!」って思っちゃいますよね。

ただ「もうやめたい!」と思っても、そんな簡単に割り切れないということもあるでしょう。

それに彼(彼女)から連絡が来たり、優しい言葉をかけられたりしたら、決意が揺らいでしまったりもしますよね。

そんな状態でお困りの方に、今回は不倫をやめたい!やめる!という決意を固いままキープするためのアイデアを、4つご紹介したいと思います。

不倫をやめたい人へのアイデア1.相手のことを考えてしまう自分を許す

人って「考えちゃダメだ」「忘れなきゃ」というように考えれば考える程、考えてしまって忘れられないものですよね。

そもそも「彼(彼女)のことを考えちゃダメ」「考えるのをやめたい」と思っている時点で、その相手が頭に思い浮かんでいるんです。

それに忘れなきゃと思いつつ、思い出してしまう自分・やめたいのにやめられない自分を責めたりもしてしまうんですよね。

彼のことを思い出して辛くて、そんな辛いことを考えた自分を責めて、でもまた思い出して・・・。

それってとっても辛いループですよね。

まずは自分に優しくしましょう。

「考えちゃうよね?しょうがないよ!」「やめたいけど、やめられないよね」って自分の味方になってあげましょう。

なぜそんなことをするのかと言うと、不倫相手がいない時間を心地よく過ごせたら、不倫相手がいなくても大丈夫になるからです。

今までたくさん我慢して、辛い思いをしたご自身をたっぷり労ってあげてくださいね。

そして日々心地よく過ごせるよう心がけていきましょう。

不倫をやめたい人へのアイデア2.自己評価を上げる

不倫のご相談で話をしていて思うのは、自己評価の低い方が多い!ということです。

例えばの話ですが、今まで奥さんがいることを隠されて恋愛関係を続けてきたとします。

もしそれがバレた時、自己評価の高い方だと「騙された!」「裏切られた!」と自分のことを大切にしてそこから逃げることが出来ます。

「奥さんがいるけど付き合って」なんて言われた日には、「軽く扱わないで」「別れてから来てください」というようにお断りすることが出来るはずです。

幸せな恋愛がしたかったら、不倫ってすごく難しいですよね。

クリスマスとかお正月とか、イベントの時に会えない。

それどころか、会いたいと思ったタイミングで、連絡がしたいと思ったタイミングで、それが出来なかったりする。

周りの人に言いづらかったり、奥さんにバレたりしたら訴えられるリスクもある。

不倫ってそういう辛さを背負う恋愛になりますよね。

不倫関係を続けるということは、それを我慢しつづけるということです。

自分を大切に扱えて、自分の幸せを考えられたら、それを維持することは難しいんですよね。

ということはつまり、自分を一番大切に扱えて、自分の幸せを一番に考えられたら、不倫はやめられるということです。

とにかく自分を責めない、自分をねぎらう、自分を甘やかすということをしてみましょう。

不倫をやめたいのにやめられない自分を責めない。

それ以外に上手くいかない何かがあったとしても、自分を責めない。

むしろ頑張った自分を「よくやったね」「よく耐えたね」とねぎらう。

そしてダラダラしたり、好きなことをしたりして、自分を癒す。

という感じで小さい子供を扱うかのように、優しく丁寧に自分を扱ってあげてくださいね。

不倫をやめたい人へアイデア3.相手がいない時間を最高に楽しく過ごす

アイデア1でも書きましたが、不倫相手がいない時間を心地よく過ごせたら、不倫相手がいなくても大丈夫になります。

とにかく彼(彼女)がいない時間を楽しんでいきましょう。

とはいっても、「今までが不倫相手中心の生活で、自分が何をしたいのか分からない」という方も多くいらっしゃるでしょう。

そういう方には、リラックスできる時間を毎日作って、それを堪能するということをおすすめしています。

これは1日に5分10分という短い時間で構いません。

あたたかいものを食べてほっとする、布団にくるまって心地よさを感じる、そういう身近なことで大丈夫なので、落ち着く感覚を感じる時間を作っていきましょう。

これを続けていると、だんだん自分がほっとすること、好きなことが分かってきます。

なぜなら心身の感覚に毎日耳を傾けることで、快・不快の感覚を思い出していくからです。

そうやって、不倫相手がいなくても心地よく楽しく過ごせる時間を、少しずつ増やしていきましょう。

彼(彼女)がいなくても、遊ぶ友達がいる、趣味がある、楽しく生活している、そんな状態になることが出来れば、不倫相手がいない毎日ももう怖くありません。

ぜひそんな現実を目指していきましょう!

ただすぐに上手くできなかったり、忘れてしまう日があっても自分を責めないでくださいね。

アイデア2の自己評価を上げる、です。

「そんな日もあるよ!しょうがないよ!」って自分に言ってあげてくださいね。

不倫をやめたい人へのアイデア4.明るくなる未来を想像する

不倫をやめたあと、1人になる・寂しくなる、というような気持ちでいると、どうしても不倫をやめることが難しくなります。

せっかく勇気を出して第一歩を踏み出したのに、明るい未来が想像できないなんて悲しくなっちゃいますよね。

どうしても新しい一歩を踏み出すときって、デメリットのほうに目が向きがちになるものです。

それは仕方のないことなのですが、別れてどうなりたいのか・どうなれたら幸せなの、ということも一緒に想像してみましょう。

やめたい不倫をやめたあと、新しい恋人を見つけてラブラブになりたい。

新しい趣味を見つけて、その仲間を増やしていきたい。

副業をはじめて、お小遣い稼ぎをしたい。

などなど「別れたあと人生がこうなったら最高!」「こうなったら幸せ!」というようなプランを思い浮かべてみましょう。

これはご自身がわくわくするものなら、どんなものでも大丈夫です。

そして、現時点でそれをどうやって実現するかには、フォーカスしないようにしましょう。

そこにフォーカスをすると、「どうやってやるの?」「本当に実現できるの?」というように、ネガティブな方向に考えが進みやすくなるからです。

ひとつひとつ順番に片付けていきましょうね。

まずは別れて、その状態が大丈夫になること、不倫相手がいなくてもリラックスして過ごせるようになることが先決です。

その状態になれた時に、より良い人生へのアプローチを考えていきましょう。

別れたということが定着していない段階では、明るいほうへイメージトレーニングをする、ということだけしておいてくださいね。

最後に・・・

「既婚者だけど恋愛をしたい」という方は、異性にも慣れており、扱いも上手です。

それに自分には奥さん(旦那さん)がいるという申し訳なさを持っている方が多いので、とにかく優しくあたたかく、恋人に対して接する方が多いものです。

そのため、周りの独身の異性よりも居心地が良く感じてしまい、「不倫相手を超える好きな人を見つけられない」という状態におちいってしまいます。

そうなると「不倫はやめたいけど、やめられない!」という考えになってしまいやすいですよね。

そうならないために、自分自身の人生を充実させる、彼がいなくても大丈夫になる、ということがまず大切です。

その状態になることが出来れば、もっと明るく楽しく日々過ごせるようになります。

明るく楽しく過ごせると、もっと軽く出会いの場へ出ていけたり、人が寄ってきやすい状態をつくれます。

もうそうなれば、不倫相手がいなくても大丈夫です。

やめたいと思っていた不倫関係を、清算することが出来るようになっているでしょう。

そして新しい、もっと苦しくない恋愛を目指すことが、出来るようになっているはずです。

急がず少しずつ、出来ることから手をつけていきましょうね。

みなさんが幸せで楽しい恋愛をつかめるよう、応援しています☆

まとめ


1 不倫相手のことを考えてしまう自分を許す

2 自己評価を上げる

3 相手がいない時間を最高に楽しく過ごす

4 明るくなる未来を想像する

複雑な恋愛の悩みを電話占いで解決してみませんか?

響子先生のこちらの記事もオススメです!

ABOUTこの記事をかいた人

響子先生

占い師。占い教室講師、占いライターとしても活動中。元々心理系のセラピストとして活動しており、「お客さまの悩みにもっと寄り添いたい!」という思いから、プロの占い師の道へと進む。2014年から2年半で2000件以上を鑑定。電話占いリエルでも鑑定中。 響子先生のコラム一覧はコチラ!