既婚者と両思いになってプラトニックな関係というのはあり得るのでしょうか

既婚者と両思いになってプラトニックな関係というのはあり得るのでしょうか
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。

既婚者との恋愛、というとすぐさま「不倫」という単語が頭に浮かびます。

不倫と聞くと、近頃テレビやニュースで芸能人や有名人の不倫スキャンダルが伝えられ、ついネガティブなイメージを抱いてしまいますよね。

しかしよく考えると、不倫って一体なんでしょう。
一般的なイメージでは、ドロドロしていやらしい印象を持たれていますが、案外どこからどこまでが不倫なのかはっきりしていません。

既婚者同士、あるいは片方が既婚者の恋愛関係が不倫と呼ばれますが、ではその恋愛関係というのはどういう状態なのでしょうか。

なかなか当事者でもなければそこまで踏み込んで不倫の定義を考えることもないでしょうが、あえてはっきり言ってしまえばそこに「肉体関係」があるのかどうかが重要なポイントになるはずです。逆に言えば、いくら緊密な関係であったとしてもカラダの関係がなければ、他人から不倫と呼ばれることはないはずです。

今回はこの「純愛以上、不倫未満」の、既婚者とのプラトニックな両思いの恋愛関係について考えてみます。

既婚者とのプラトニックな両思いとはどんな状態で起こり得るのか

既婚者とのプラトニックな両思いとはどんな状態で起こり得るのか

既婚者との恋愛関係、特にプラトニックな関係というと、それの原因というのはある程度限られるはずです。

よくあるのが、仕事での関係。特に、上司、部下、という立場がそのまま恋愛関係になるパターンはありがちです。

普通に考えると男性の上司に対して女性の部下、男性が既婚者でそのまま恋愛関係に走ってしまうと不倫になる、という感じです。もちろん性別が逆のパターンもありますし、共に既婚者であるということもあります。

ある程度歳のいった既婚者上司に対し、入社間もない20代の女性の部下というのが、よくある社内不倫の中でも一番パーセンテージの多い典型的な社内不倫ですが、今回の両思いのプラトニックな既婚者との恋愛感情というのは、やや異なる状況が多いのではないでしょうか。

なぜなら、肉体的な関係を含める相手との全てを求める恋愛関係でなく、カラダの関係を除いたプラトニックな恋愛関係というのは、かなり理性的な恋愛パターンです。そのような理性を身につけるためには、男女ともある程度の年齢と経験を積まなければなりません。

ですから、既婚者との両思いのプラトニックな恋愛というのは、一般的な不倫とは異なる男女の層、40代の男女といった層が中心になっているようです。

では、そんな大人の恋愛、しかもプラトニックな関係というのはその後どのような展開になるのでしょうか。

既婚者との両思いのプラトニックラブと言っても周りがどう見るかも重要

既婚者との両思いのプラトニックラブと言っても周りがどう見るかも重要

不倫ではなく、プラトニックな関係だから両思いの既婚者同士でも大丈夫だろう、という発想は少し安易かもしれません。

なぜなら、恋愛を人間関係という視線から見てみると、それは必ずしも両人だけの関係だけに限らないからです。

具体的に言えば、既婚者同士が仮にカラダの関係のないプラトニックな恋愛だったとしても、その周りの人たちが万一その2人の関係を知ってしまったとしたら、どう見るでしょうか。

仮に2人で関係を持つような場所、ラブホテルや2人だけで旅行や出張で一夜を過ごす可能性があるような状況を第三者が知ったら、まちがいなく男女の関係を疑われるはずです。

仕事の出張を男女のペアで泊まりでいけば、2人の関係をよく知っている人であれば納得するかもしれませんが、中には何でもかんでもスキャンダルに発展したがるような人もいるはずです。
そんな人にとっては、普通に仕事の出張だとしても十分社内ゴシップのネタになります。

そこまでいかなくても、プラトニックであるとはいえ気持ちがつながっている相手との関係というのは、どうしてもお互いの会話やしぐさで他人に見え隠れしてしまうものです。そうなると、どこで誰がどんなことを言い出すか、どんな噂が立ってしまうかは予想できません。

例えカラダの関係がないプラトニックな両思いだったとしても、このように他人からどう見られているかを配慮しないと、下手をすると「不倫」のレッテルを貼られてしまうかもしれないことは意識しておいたほうが良いでしょう。

既婚者とのプラトニックな両思いはあり?なし?

既婚者とのプラトニックな両思いはあり?なし?

カラダの関係がないプラトニックな既婚者との恋愛。当事者はやましい関係ではないから、特にやめなければならない理由はない、と思うかもしれません。

しかし現実的には、上記のように他人がどう思うか、ということも考慮しなければなりません。
たとえ事実でなくても、プラトニックでないという噂が広まってしまえば、それは単なる不倫として周りから見られてしまう可能性もあるのです。

そうなると、自分たちがカラダの関係がないということを証明するのは、現実的には不可能ですから噂に飲み込まれてしまうことは必至となります。

もちろんこのようにプラトニックなパートナーが、会社やコミュニティーなどのその他の関係者がいる状況だけには限りません。全く知らない環境の相手とプラトニックな関係になるケースもあることでしょう。そのような場合は、周りに変な噂を流す人も少ないでしょうから、面倒なことになる可能性は低くなるはずです。

しかし仮にそのような状況であっても、既婚者同士の恋愛関係であることには変わりありません。基本的には肉体関係がなければ、それは不倫と呼ぶことができないと考えるのが一般的です。

しかしここで注意しなければいけない点が一つあります。それは、不倫=不貞行為がどのように定義されているかです。法的な不貞行為とは原則的に肉体関係を持つことを言いますが、ではこの肉体関係とはどのように証明されるのでしょうか。

現実的に考えればよく分かります。不倫の証拠として、実際に性行為をしている場面を見られたり、あるいは性行為をしている写真や動画を撮られたり、ということはないとは言えませんが、例え探偵を雇ったとしてもそこまでは難しいものです。

そうなるとどのように証明されるのかといえば、ラブホテルに長時間一緒に入っているのを押さえられたり、相手の家に長時間滞在したり、あるいは泊の旅行や出張で同じ部屋に泊まったりといった状況証拠を押さえられてしまうと、それは不倫したという事実になってしまうのです。仮にその場でがプラトニックなカラダの関係がなかったとしても、です。

プラトニックな既婚者との両思いをやめたいと思うのなら(まとめ)

プラトニックな既婚者との両思いをやめたいと思うのなら(まとめ)

さて、もし今あなたが既婚者とのプラトニックな両思いの関係にあったのなら、その関係を続けるべきか、それともやめるべきなのでしょうか。

プラトニックな関係であれば、本来であれば法的にも問題なく、他人からあれこれ言われる筋合いの関係ではないかもしれません。

しかし、既婚者、つまり結婚している相手がいるという立場で考えるであれば、あなたのプラトニックな関係を、結婚相手がどう考えるかも考慮しなければいけないのではないでしょうか。

特に女性は「心や気持ちの繋がり」を重視します。人によっては肉体的に誰か他の女に奪われるよりも、心を奪われることの方を嫌うことが多いものです。例え法律的には許されても、自分のパートナーが他の異性に心を奪われているという事実を、許せないという状況も多いことでしょう。

そこを理解した上で、なおプラトニックな両思いの関係を続けたいというのであれば、その関係を絶対他人には漏らさず、自分たちだけの秘密として将来的にも続けていくようにすることが、周りの人たちに対する責任であり、プラトニックの恋愛を続ける義務と言えるのではないでしょうか。

プラトニックラブという、言葉的にも、あるいは関係的にも美しいものと捉えてしまいがちですが、現実的にはトラブルやいざこざの原因にもなり得るということをしっかりと意識した上で、関係を続けるなり、あるいは清算するなりの判断をするべきといえるでしょう。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。