menu

男が離婚して後悔する5つのパターン!女よりも多いのか?

男が離婚して後悔する5つのパターンとは?女よりも多い?
The following two tabs change content below.

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

男が離婚して後悔するパターン3.子供と一緒にいられないのがツライ

男が離婚して後悔するパターン3

妻との間に子供がいた場合、妻が子供を引き取るパターンは多いです。もちろん月に数回の面会はできることが多いですが、一緒に暮らしていた頃に比べれば会える時間は激減します。

妻とはソリが合わずに離婚をしましたが、子供に対しては愛情が強いという男の人は、子供と毎日一緒にいられないのがツラくなってくるでしょう。離婚する前の子供との思い出を頭に浮かべると、「離婚しなければよかった」と後悔します。

男が離婚して後悔するパターン4.妻の大切さに気づいた

男の人は失って初めて気付くパターンが多いものです。そのうちの1つに「妻の存在」があります。今までは当たり前で、それ故に不満が募って離婚を決めてしまうのですが、いなくなって初めて「かけがえのない存在だった」と気付く人は少なくありません。離婚後の再婚はハードルが高いですから、そうなる前に本当に離婚しても良いのかじっくり考えましょう。

男が離婚して後悔するパターン5.生活に物足りなさを感じる

最初は自由にできる一人暮らしが楽しいかもしれませんが、徐々に物足りなさを感じる人も多いです。平日は仕事、休日は掃除や買い物を済ませたら1人の時間ですが、その繰り返しの単調な日々は慣れてしまうとつまらなく感じます。

家族と出かける時間が全くないのも、一度家庭を持った経験がある人にとっては寂しさを感じる要因の1つです。

実は女より男性の方が離婚を後悔しやすい(まとめ)

女の人は離婚しても子供と一緒に暮らしたり、家計を養うために再婚をする人が多いです。次のステップへ進もうという気持ちが強いですから、寂しさはあまり感じず離婚は後悔していない人もたくさんいます。

男の人は離婚後の喪失感から、その場にとどまってしまう人が多いもの。それに耐えきれなくなると離婚を後悔し始めるので、男の人の方が離婚を後悔しやすいと言えるのです。

もっと他の記事を読む→不倫が原因で離婚したその後はどうした?エピソード4選