menu

男が離婚して後悔する5つのパターン!女よりも多いのか?

男が離婚して後悔する5つのパターンとは?女よりも多い?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

離婚を後悔するのは、男より女の方が多いと思っている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。むしろ、男の方が後悔しやすいといっても良いぐらいなのです。

では一体、男はどんな時に離婚したことを後悔するのでしょうか?パターンを5つにまとめてみましたのでご紹介します。

もし今離婚を検討している男の人がいたら、事前に確認をしておくと良いかもしれません。

男が離婚して後悔するパターン1.寂しさを感じる

男が離婚して後悔するパターン1

離婚したいと考えている時は、ほとんどの男の人が「一人になってのびのびと暮らしたい!」と思っています。口うるさい妻や、泣きわめく子供から離れて、静かに一人の時間を満喫したいと考えるのです。

しかし、離婚前の生活が賑やかであればあるほど、離婚後の寂しさは強くなります。「ただいま」と言っても返事はないですし、休日も1人で過ごさなければならず、家にはいつもひとけがありません。

初めのうちは新鮮で良いかもしれませんが、徐々に寂しさが増して離婚を後悔する男の人は多いものです。

男が離婚して後悔するパターン2.身の回りの世話が大変

今までは妻がやってくれた身の回りの世話も、離婚後は自分で全てやらなければなりません。仕事で疲れて帰ってきたあとに、自分で食事を作り、お風呂を沸かして洗濯をする。「やってみるとかなり大変だった」と答える男の人は多いです。

そのうち面倒になり、食事は外食やできあいのもの、洗濯はコインランドリーとなると、お金もかかりますし食事も美味しく感じられなくなってしまいます。暖かい食事が食べたくなったり、家事の大変さを痛感した時に、男の人は離婚を強く後悔するのです。


初めて相談される方
今だけ、3000円分無料鑑定プレゼント中!

→電話占い「リエル」はこちら

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?