不倫から略奪愛、そして結婚へ。それって本当に幸せ?

不倫から略奪愛、そして結婚へ。それって本当に幸せ?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。

不倫相手を妻から奪うことを「略奪愛」と言いますよね。不倫相手のことを本気で好きになってしまい、自分のものにしたいとなると略奪愛に走るしかありません。

しかし、「略奪愛」という言葉は不倫よりもさらにいやらしさが増すので、あまりいいイメージがない人も多いのが事実です。好きな人を手に入れたい気持ちは分かりますが、果たして略奪愛を選ぶのは本当に幸せなのでしょうか?

今回は「不倫からの略奪愛と結婚」について詳しく説明しますので、不倫相手と略奪愛をして結婚を考えている方は、是非一度目を通してみて下さいね。

不倫略奪愛からの結婚は幸せになれるのか

不倫略奪愛からの結婚は幸せになれるのか

さて、まず不倫略奪愛からの結婚は幸せになれるのかを考えていきましょう。

不倫の略奪愛ということは、不倫相手の妻から夫を奪うことです。カップルの略奪愛も同じようなことですが、不倫は結婚をしている相手が対象になります。結婚とは「契約」の一種ですから、それを奪うことはカップル同士の時よりも罪が重く、妻にとっては腹立たしいことです。

夫に不倫され、そして略奪。さらにはバツイチとなり、子供を一人で育てるシンママになる可能性だってあります。もともと夫婦関係が破綻していたとしても、傷つけられたことには変わりありませんから、そのような人を生んでの「結婚」です。

略奪愛からの結婚とは、人を悲しませてする結婚。本来、結婚とはそういうものではありませんよね?ですから、祝福されない結婚をするのは、胸を張って「幸せ」とは言いにくいものなのです。

しかしながら、不倫略奪愛からの結婚を迎えた全ての人が不幸せかと言えばそうではありません。中には幸せな家庭を築いている人もいるのが事実です。それは一体なぜなのでしょうか?

その答えは、略奪愛をすることに覚悟を決めている、つまり全てを捨てるつもりで不倫略奪愛をしたからです。中途半端な気持ちでは、略奪愛からの結婚は上手くいかないということ。

覚悟すべき内容は後ほどご紹介しますので、一度目を通しておくと良いでしょう。

不倫略奪愛でも事実婚なら幸せになれるのか

不倫略奪愛でも事実婚なら幸せになれるのか

それでは、不倫略奪愛から結婚はせず、事実婚であれば幸せになれるのでしょうか。これも簡単にはいかないというのが事実です。

不倫の末に籍を入れない事実婚を選択したとしても、不倫相手の男性は妻と離婚することになります。そうなれば「奪われた」との事実は変わりませんので、あなたのことを恨む可能性は十分にあるのです。

言ってしまえば、離婚したのちに再婚をしようがしまいが元妻には関係ありません。不倫をされた時点で略奪愛なので、既にそこで元妻には恨まれる覚悟は必要です。

結婚であろうと事実婚であろうと、不倫略奪愛は普通の恋愛のように簡単にいくものではないと言えるでしょう。

不倫略奪愛から結婚する場合に覚悟すべきこと 1.莫大な慰謝料

不倫略奪愛から結婚する場合は、不倫相手は妻と離婚することになります。離婚の原因が不倫となると、元妻から慰謝料を請求される可能性が高いです。慰謝料の額は数百万円になるケースもあるので、普通のサラリーマンにとっては高額と言えます。

さらに子供がいた場合は養育費まで請求されることもあります。そうなると、2人の貯金がたくさん必要ですし、月の稼ぎもある程度高くなければなりません。

不倫略奪愛からの離婚が、「ごめんなさい」という謝罪のみや、数十万の迷惑料で済むと思わないことです。数百万円単位の莫大な慰謝料を請求されても良い覚悟は必ず必要と覚えておきましょう。

不倫略奪愛から結婚する場合に覚悟すべきこと 2.世間の冷たい目線

不倫をテーマにした映画やドラマが話題になったとは言え、不倫は世間一般的に見れば良くないことですから冷たい目で見られる覚悟も必要です。

「略奪愛ってなんだかかっこいい」なんてドラマの影響で考えてしまうと痛い目を見ることも。ドラマでは肯定している人も、実際にそういう人が身近にいると「不潔」だと感じるのは良くあることです。

近所で噂になったり、マンションの住人から冷たい視線を浴びても良いなら、略奪愛をしてもいいかも知れませんが、孤立してしまう確率は高いと言えるでしょう。

不倫略奪愛から結婚する場合に覚悟すべきこと 3.引っ越し・転職が必要なことも

3.引っ越し・転職が必要なことも

世間の視線が冷たいだけならまだしも、時には嫌がらせを受けることもあります。いたずら電話がかかってきたり、ポストにゴミが投函されるとなると、今の家に住むのは難しくなるでしょう。

ほとぼりが冷めるのを待つのも方法の一つですが、正直に言って、いつまでも嫌がらせがやまない場合も良くあることです。そうなると引っ越す必要が出てきますよね。

さらに職場でも同じことが言えます。周りの人から仲間はずれにされたり、今まで積み上げた実績がゼロになる可能性があります。最悪の場合、女性でも「クビ」になるのも否定はできません。そうなると転職しなければなりませんから、また一からのスタートとなります。

実際に私の知り合いでも、不倫が原因で自ら退職をした人がいますが、クビにされなくてもいずらくなったということでしょう。

不倫略奪愛から結婚する場合に覚悟すべきこと 4.元妻からの嫌がらせ

略奪愛からの結婚は、不倫相手の元妻から嫌がらせをされる覚悟も必要です。何度も言いますが、元妻からすれば「愛する夫を奪われた」ということ。もしあなたの好きな人が他の女に奪われたら、いてもたってもいられなくなりますよね?それと同じです。

全ての元妻がそのような行動に走るわけではありませんが、可能性はゼロではありません。不倫相手との結婚生活が穏やかなものではなくなってしまうので、結局上手くいかないなんてケースもあり得ます。

略奪愛から結婚をするなら嫌がらせがあっても気にしない、その覚悟も当然必要と言えるでしょう。

不倫略奪愛から結婚する場合に覚悟すべきこと 5.多くの信頼を失う

不倫略奪愛は、たくさんの人からの信頼を失う可能性もあります。親、兄弟、友達、職場の同僚など、最悪の場合は全ての人失ってしまうかも知れません。

そのような中で不倫相手と結婚をしても、誰からも祝福されないのは分かりますよね。自分が幸せならそれでもいい!と強く思える心は必要でしょう。

ただし、2人だけで生きていくのは結構つらいものなので、その覚悟も必要です。

不倫略奪愛からの結婚は困難が多い

不倫略奪愛からの結婚は困難が多い

5つの覚悟を見て、あなたはどう感じたでしょうか?正直、困難が多いなと感じるのが普通ですよね。

不倫や略奪愛というと「スリルがあってドキドキする」なんて答える人もいます。しかし、現実は厳しいもので、例え友達がそのようなドラマに賛同していても、実際にあなたが不倫略奪愛すると賛同してくれない場合は多いものです。

不倫略奪愛は多くの困難を伴い、全てを失って孤独になる可能性もあります。そうなっても良いと強く思える人、そして相手の男性もそれについてきてくれる人であるのが、幸せになれる条件ではないでしょうか。

まとめ

人は誰でも幸せになる権利を持っていますが、それを掴み取るのは他でもない自分自信です。不倫略奪愛からの結婚を決める前に、本当にこれで良いのか冷静になって考える時間は必要になります。不倫相手を愛する気持ちで頭がいっぱいになり、急いで決めてしまうとあとあと大変な事態を招きかねませんので注意しておきましょう。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。