上司と社内不倫している人が注意すべき6つのこととは?

上司と社内不倫している人が注意すべき6つのこととは?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

上司との社内不倫は、不倫の中でも比較的多いパターンです。その理由は、同じ職場の相手は会う頻度も高いのでいい雰囲気になりやすいですし、仕事を理由にして会う機会を作りやすいからでしょう。

しかし、多いパターンであると同時に、周りにバレる確率が高い不倫でもあるので注意が必要です。さらに社内不倫の場合、バレた時の代償が他のパターンより重いこともあります。

では、社内不倫をしている時はどのような点に気を付ければ、周りにバレずそのまま関係を続けられるのでしょうか?

今回は「上司と社内不倫している人が注意すべき6つの項目」について詳しく説明をします。今現在、上司と不倫している人は確認をしておいた方が良いかも知れません。

上司との社内不倫はバレる確率が高い

上司との社内不倫はバレる確率が高い

まずは、上司との社内不倫がバレる確率が高い理由から説明していきましょう。

日常生活を過ごす環境が違う人との不倫は、デートの時を誰かに見られない限り人目に付くことはありませんよね。

しかし社内不倫の場合は仕事中に上司と会話する機会があるので、2人でいるところをたくさんの人に目撃されます。

デートではないし、関係を臭わせる雰囲気を出さなければよいのでは?と思いますよね。しかし、不倫関係にある2人というのは、努力しても独特の雰囲気が出てしまいやすいのです。

例えばこのような話を聞いたことがあります。それは、女性を見た時、男とセックスをしてから来た人は人目で分かるというもの。さすがにホテルから出勤してくる人はあまりいないとは思いますが、体の関係や恋愛関係にある女性というのは、それだけ変化が表に出やすいということなのです。

それを考えると、不倫相手の上司と社内で会話している時に、なんとなく普通の人に対するのとは違うオーラを出してしまっていても不思議ではないですよね。

社内にいる人が全て鈍感な人であればバレないかも知れませんが、敏感な人がいたっておかしくありません。そのような人に少しでも勘付かれてしまえば、公になるまでそう長い時間はかからないでしょう。

上司との社内不倫は仕事を口実に会える機会を作りやすいですが、このようにバレるリスクも高い不倫であることは必ず頭に入れておきましょう。

上司との社内不倫がバレるとどうなる?

上司との社内不倫がバレるとどうなる?

不倫がバレた時の代償は、離婚や慰謝料、近所の人から冷たい視線を浴びるなど色々とありますよね。社内不倫の場合は、一般的な不倫の代償にプラスして背負うものがあります。

例えば、
・役職や実績を失う
・会社にいにくくなる
・退職させられる
・給料のカット
などですね。もちろんどれも支払わなくてすむ場合もありますが、多くの場合は積み上げた実績やキャリアを失い、不倫の噂がもちきりでいにくくなるパターンが多いです。

最悪の場合は退職させられてしまうこともあります。もし不倫がバレて慰謝料を請求されたとすると、退職や給料カットはかなり痛い代償です。アルバイトの給料だけでは、慰謝料を支払っていくのは難しいでしょう。

いくら社内不倫がバレないように細心の注意を払っていても、不倫している以上は絶対にバレない保証はありません。

もしかすると上記のような代償を支払わなければならない可能性があることは、上司と不倫している以上は必ず知っておかなければならないことです。

上司と社内不倫している人が注意すべき6つの項目

上司と社内不倫している人が注意すべき6つの項目

バレる可能性をゼロにはできなくても、努力次第で限りなく低くはできます。これから6つの項目をご紹介していきますので、上司と社内不倫をしている人は一度目を通しておきましょう。

なるべく会話をしない

世間話をすると、ついついプライベートな雰囲気が出てしまいやすくなります。会話をする時に隠す自信がない人は、できるだけ会話をしない方がおすすめです。

仕事の用事のみにしておき世間話は一切しないようにすると、「まさかあの2人が不倫なんて」と周りは思うはず。会話が多ければ多いほど、ボロが出る確率は高くなります。

喋る時は必ず敬語で

フレンドリーな上司だと、他の社員とタメ口で会話をする人もいるでしょう。だからと言ってあなたもタメ口で会話をすると、妙に仲がいいなと勘ぐられてしまうかも知れません。

常に一線を置いた態度でいるのが望ましいので、他の人が気さくに話かけていても、あなたはそれに参加しない方が良いです。寂しいかも知れませんが、バレるのを防ぐためには大切なことと言えます。

あまり好きではないということにする

上司を気に入っていることが知られると、余計に怪しいと思われてしまうこともあります。「好きと言わなければいいのでは?」と思うかも知れませんが、お気に入りやタイプと言うだけでも、周りの見方は変わるものなのです。

変に勘ぐられたくないのであれば、むしろ「あまり好きではない」と言っておいた方がよいかも知れません。

嫌いな上司と不倫するなんて普通は考えませんから、一歩引くだけでなく、仕事中は遠ざけた方がさらにリクスを下げられます。

2人きりでは会わない

2人きりで会っていることが分かると、「あの2人はデキているのでは?」と思われやすいです。仕事なら仕方がないのですが、できれば上司にお願いしておいて、2人きりでやる仕事をなくしてもらうと良いでしょう。

遠巻きから見たら、2人で仕事こなしているだけでも、必要以上に仲が良さそうに見えてしまうこともあります。変な噂を一切流されたくないのであれば、仕事中は2人きりになるのは避けましょう。

デートは会社から離れた場所で

いくら社内にいる時に徹底した対策を取っていても、会社の人がいる確率が高い場所でデートしては意味がありません。

そのため、デートする場所や上司と待ち合わせをする場所は、できるだけ会社から離れた場所にするのをおすすめします。

もし誰かに会ってしまっても、「仕事の付き合いで」と言い訳できると甘く見ないで、会社の人間がいそうなところは徹底的に避けましょう。

同僚に相談は絶対にしない

不倫の相談は人に話せば話すほど、バレるリスクは高まります。そのため、会社の同僚に上司との不倫の相談をするのは絶対に避けるべきことです。

どんなに信頼をしている相手でも、同僚が他の人にバラさない確率はゼロではありません。その同僚が他の社員にしつこく迫られて話してしまう可能性だってあります。

上司のことを知っている人に不倫の悩みを相談したくなる気持ちも分かりますが、バレるリスクを少なくしたいならやめておく方がおすすめです。

バレたくないなら上司との社内不倫はやめた方がいい

バレたくないなら上司との社内不倫はやめた方がいい

今の会社を辞めたくない、収入がなくなるのは嫌など、社内不倫の代償を支払いたくない人は、上司との不倫は辞めておいた方が良いかも知れません。

上司なら「仕事だから」と言い訳できる気がしますが、それが通用する人間ばかりではありません。それを口実にしていると考える人もたくさんいます。

さらに、社内の不倫は一度誰かにバレてしまうと、かなりのスピードで全体に広がってしまうことが多いのです。そのため、「事実ではない」とフォローしたところであまり意味がありませんし、ありもしない噂まで流されてしまう可能性もあります。

何度も言いますが、バレる確率をゼロにすることは、不倫をしている以上は難しいことです。上司との不倫が絶対にバレたくないのなら、初めから手を出さないことをおすすめします。

まとめ

一見、上司との不倫は仕事も楽しくなるし、たくさん会えてラッキー!と感じるかも知れません。
しかし実は他の不倫よりもリスキーで、代償も倍ぐらい大きなものなのです。上司との不倫は、仕事も家庭も友達も、全て失う可能性があるもの。不用意に手を出さず、全てを失っても良い覚悟がある人だけが手を出すべきものではないでしょうか。

その覚悟がない人は、周りにバレる前に上司との不倫関係を解消しておくことをおすすめします。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?