menu

【不倫体験談】(50代男性)行きつけのチャイナパブのホステスとの不倫関係

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

出会いは、12年前になります。

或る先輩がリピーターとなっていたチャイナパブに連れて行ってもらい、その店へはその先輩の誘いがある度に通うようになりました。

目に留まった新人の女の子

当時はただ馬鹿騒ぎして飲んでいることが楽しく、それが目的で飲みに通っていましたが、ある時店に行くと新人の女の子が居たのです。

他の客の接待をしていましたが、何となく私はその女の子が気になり始め、その店のママに「あの子指名でお願い」と頼みました。

店はたまたま空いていて客がまばらだったため、指名した女の子はすぐに私を接待しに来ました。

チャイナパブでも、日本語が上手い子、下手な子と色々で、その女の子は日本語が流暢な方でした。

それからは、完全にその女の子だけが目当てというわけではありませんが、その子からメールなどの誘いが来ると店に行くようになっていました。

彼女が店を移るタイミングで関係は深まる

W不倫

しかし、半年ぐらい経った頃に彼女が店を辞めるという話を知り、私は残念でたまりませんでした。

その後彼女はその店を辞め、私は「所詮、水商売の子だし…」となんとなく割り切り、その店通い続けていました。

それから1年ほど経った頃、急に彼女から連絡があり、今は他の場所で店を手伝っているとのことで、良かったら来て欲しいという誘いでした。

それからは彼女も私にはすっかり気を許し、それなりの関係になっていきました。

急転直下!彼女の店に事件が…


不倫関係ではありますが順調に関係を深めていた矢先に、その店が某やくざの人に乗っ取られるという事件が起こりました。

当然彼女は職を失い、なぜか私に仕事の相談を持ちかけてきたので「また前のママにお願いすれば良いのでは?」と助言したところ、前のママから了承を得られたらしく、以前のお店で働くことに。そして私はまたその店に通いました。

元カノと飲む

持ちかけられた独立の話~別れ

ある時彼女が、「資金が溜まったので自分のお店を出したい」と私に相談をしてきました。

私は「水商売は難しい商売だから…」と通っている身だからこそ分かる経営の難しさを説いてその場は収まりました。

その後しばらくして彼女はオーナーとして店を始めたのですが、やはり2年経たないうちに経営不振となり、店を潰してしまいました。

時を同じくして私も大病を患ってしまい、夜の店に通うことはままならなくなり、彼女とは疎遠に。

幸か不幸か夫婦仲は冷え切っており、お互いに無関心だったため不倫がバレたりする修羅場はありませんでしたが、大病を患ったタイミングのせいか今でも記憶に色濃く残っています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(20代女性)職場に飲みに来ていた既婚者の彼との不倫関係の顛末