menu

【不倫体験談】(30代女性)既婚と知りながら不倫関係になった結果

DMでやりとりする

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

彼との失恋をキッカケに仲を深める

20代の頃、当時大好きだった彼と別れ半ば自暴自棄になっていた時に、その時務めていた職場に毎日出入りしていた業者のAさん。7歳年上でしたが見た目とても若々しく気さくで 彼と別れる前からよく談笑をしていました。

ある時、いつも通りAさんと談笑していると そばにいた同僚が「そんなに仲いいなら付き合ったらええやん」と冗談半分で言い、私が「そうだね!」と冗談を返すと、「結婚してるけど俺は良いよ」と笑顔で、そして既婚者であると宣言した上で応え そのうちあそぼうと誘われ、その場でケータイ番号を交換することに。

私もなんだかよく分からないけど、まぁいっか なんて思いながらその日は仕事を終えて1日が終わりました。

既婚者の相手から告白される…

次の日の夜、Aさんから電話がきて「昨日の話、俺は本気だよ。彼女になってくれない?」と、、、

Aさんは既婚者、そして口調からして一時の火遊びだと察しましたが、その時は私も 本気の恋愛じゃない方が楽だと思ってしまいお付き合いを始めました。

ですが、いざ付き合い始めるとまめに連絡や会いに来てくれて どんどん情が入ってしまい、すっかり私の方がAさんにのめり込んでいきました。

元彼に甘えることが出来なかった反動からか、一緒にいる時間は常にくっついて離れない様な、それに対してAさんもまた嫌な顔を一切せずいつも優しく接してくれていました。

相手の嫌な部分が見え始めて関係は終了

彼と別れる

しかし不倫関係になってから1年が過ぎたあたりから徐々に飲食などのお会計が私ばかりになってきて、それが毎回当たり前になっていき、疑問を感じながらも様子を見ていたのですが 今度は現金を貸してほしいと言いはじめ、金額は大きくはないですが頻繁に言われる様になり、案の定一度も返済はされず、、、何に使っているのかも分からず、会うたびにお会計は全て私、そして 現金を貸してほしい時は決まって私の名前を「ちゃん」付けで呼ぶ、、、

また、それまで一度も家庭の話は口にせず あくまで彼女として見てくれていたのが急にやたらと家庭や奥さんの話を持ち出し、私との関係は割り切った関係だと遠回しに言っている様で、だんだん私も 金銭面での疑問や不満、遠回しに言う様な態度、すべてに嫌悪感しか抱けなくなり 私から連絡することをやめ、少し距離を置いて怒りという感情をまず沈めてから きちんとお別れをしようとしましたが、お構いなしにAさんから「ちゃん」付けで お願いがあるとメールが、、、それを見た瞬間に、全てが馬鹿らしくなり 「別れましょう」とだけ返信をし一方的にブロックし 二年半の不倫関係に終止符を打ちました。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(60代男性)遊び感覚で続けていた職場の女性との不倫関係