menu

【不倫体験談】(30代女性)彼との関係への不満から不倫関係に走ってしまった話

ラブラブなカップル
The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

年下の彼への不安・不満から新しい出会いに

5年間4才年下の彼と同棲をしていた私は、30歳の誕生日を迎える3ヶ月前の年末に彼と出逢いました。

当時同棲していた彼は年下という事もあり私に甘えっぱなし。定職に就かず、家賃はもちろん生活費も全て私の収入に頼っていました。もうすぐ30歳を迎えようとしている私にとって、将来が見えない彼との付き合いに不安と不満を抱えていました。

そんなある日、知り合いの飲食店経営者からイベント出店の手伝いをしてもらえないかと連絡をもらいました。

仕事が忙しく疲れていたものの、休みの日に家で彼と一緒にいるのも苦痛だと思っていた私は二つ返事でお手伝いに行く事に決めました。

イベント会場は思ったよりも大きく、たくさんの関係者の方がいる中に笑顔が素敵な彼が居ました。一目惚れとはこの事を言うのだなと初めて実感するくらい衝撃的な出会いでした。たくさんの関係者がいるのにも関わらず、彼から目を離すことが出来ない。とにかく彼と接点が欲しい!と思った私は、イベント出店者の知り合いに彼との食事の席をセッティングしてもらいました。
食事の席には私と彼の他にイベント出店者とその方の友人女性の4人。二人きりではないけど、このチャンスを逃したらダメだ!と思った私は、食事が始まってすぐに一目惚れをした事を本人に打ち明けました。彼はびっくりしていたけど笑顔で「とても嬉しい。そんな事言ってもらえたのは生まれて初めてだ。」と言いました。

そのあとは皆で他愛のない話で盛り上がり、その話に誰も触れる事がなく食事が終わり、これで終わりかな~と思っていた私に彼が名刺を差し出してくれました。そこには「今度は二人で食事に行こう。連絡頂戴。」と書かれていました。一気に舞い上がった私は次の朝、すぐに彼に連絡をしました。その後、二人で食事に行く日を決めてとにかくドキドキわくわくしていた私は、イベント出店者にお礼をするために連絡をしました。そこで衝撃の事実を知ることになったのです。

イベント出店者は電話越しでこう話すのです。「一目惚れって本当にあるんだね。思い伝えられてよかった!だけど、不倫OK派だったっけ?」と。私が「え?不倫?何のことですか?」と聞き返すと、「知らなかった?彼、既婚者だよ。子供も生まれたばかり。」その言葉に愕然としました。初めての一目惚れで、これは運命だ!とまで思ってしまっていた私にはショックすぎました。彼との食事の約束は次の日。もう好きになってしまっている気持ちに歯止めはつけられず、食事を楽しんで彼にその事をちゃんと聞こうと決めて食事に出かけました。

実は既婚者だった

待ち合わせのお店につくと、彼が先に待っていました。あの笑顔で名前を呼ばれるだけで、胸が高鳴ります。何も知らないふりでとにかく一緒に食事が出来る事。一緒に時間を共に出来る事を楽しもうと決め、2件目のBARへ行きました。そこで個室の部屋に通された私は、思い切って本当の事を教えてほしいと彼に伝えました。彼は私にこう言いました。

「結婚している事、子供がいる事は本当。隠していた訳じゃなけど、ちゃんと伝えてなかった事はごめん。だけど、こんな可愛い子に一目惚れしたなんて言われたら嬉しくて。こんな僕じゃだめだよね。奥さんもいて、子供もいて、彼女になってほしいって虫が良すぎるよね。」そんな事を言われた私は自分の気持ちを止めることはできませんでした。「奥さんがいても、子供がいても、彼女にしてほしい。」そして、私たちの関係はここからスタートしました。

彼との関係がスタートしてすぐ、同棲していた年下の彼とは正式に別れ、一人暮らしも始めました。彼と会えるのは、奥さんが仕事に出ている平日昼間がメイン。外勤で営業の仕事をしていた私は、早く出勤して仕事を片付け彼と会う時間を作りました。

彼もそれに応じて仕事を片付けて毎日30分でも会える時間を作ってくれました。連絡も毎日してくれました。夜は家にいるので連絡はNG。嘘の出張を作って、お泊りデートをすることもできました。奥さんがいても、子供がいても、たくさんの時間を共有できることに幸せを満喫していた毎日でしたが、付き合って3ヶ月が経ったある日、彼から深夜に意味深のLINEが届きました。

「奥さんがいるからもう連絡はしないよ。」私は直感で「これは奥さんが送ってきたやつだ」と思いました。一気に血の気が引いた私はそのまま返事は送らず、眠れないまま朝を迎えました。

奥さんにバレた事により関係は終了

迷惑電話に悩む

次の朝、彼からの電話がかかってきました。「奥さんにバレた。だけどこの関係を止めるつもりはないから、うまくやるからしばらく時間が欲しい。」と。彼からの連絡が来るまでの期間、幸せの絶頂にいた私でしたが、このままではダメだと自分に言い聞かせる毎日。

それでも彼への気持ちは消えることはありませんでした。それから2週間ほどが経ったある日、彼から連絡が届きました。「このまま続けて行くと、奥さんは君を特定するために弁護士を雇うかもしれない。

そうなれば僕も君も全て失う事になる。短い時間だったけど本当に君が好きだった。もう少し早く出会えてたら良かった。ありがとう。」この連絡から彼との電話もLINEも繋がらなくなりました。あんなに幸せだった3ヶ月が突然失われた瞬間でした。

そこから1年間は彼を忘れる事が出来なくて何度か彼ともう一度会えないかを共通の知人にお願いしようか。何度も彼とのやり取りが残っているLINEを読み返したりの日々を送っていましたが、芸能人の不倫報道や慰謝料の問題などを耳にすると、あの時ちゃんと終わらせてくれてよかったのかなと思えるまでになりました。

それから2年たった今は新しい彼と婚約し、幸せに暮らしています。

不倫を経験した私ですが、今の彼には絶対に私だけを見てもらいたいなと心から願っています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)婚活の成功を期に終わった不倫関係の話