menu

実録!30代女性の不倫体験談!出張のたびに‥

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

仕事は大手文具メーカーに勤務する女性営業員をしています。西日本全般が活動範囲で、1年のうち半年近くは出張しています。6年前に入社して、女性総合職として2年年前から現場にでるようになりました。主人とは同じ会社の職場で知り合い、仕事を教えてもらっている間に、親しくなり3年前に結婚して、一緒に暮らすようになりました。主人とは結婚して3年目になりますが、結婚する前と変わらない大変優しい人で、今も私には優しく接してくれています。ただ優しいのは私にだけではなく、男性に対しても大変親切な人で、会社では多くの人に頼られることが多いです。新入社員には教育係として、接するのがいつの間にか、職場での決まり事のようになってしまい、新人が入ってくると主人がしばらく預かるような形がずっと続いています。そうしている間に去年の新人の女性社員と主人は非常に仲が良くなっていったみたいです。そういうことがあると一緒に暮らしていると、何か微妙な変化があるので、私は元の部署の親しい女性部員から聞くことがよくあり、主人の不倫については、その友達から情報が最初に入ってきました。
その頃、私は営業の仕事で四国、九州を飛び回っていました。特に九州の福岡に行くことが多く、月に数回、福岡には出かけていました。当然現地の支店の所長さんとも宴席を一緒にすることが多くありました。大変、仕事のできる人で、少し主人に似たところのある人でした。その人ら九州での顧客先周りのことを教えてもらい、大変助かっていました。その所長さんが、家庭のことで悩んでいて、私は聞き役に回ることが多くも励ましてあげる役回りをするようになっていました。その中で奥さんが、不倫をしていてこまっているという話を聞いてしまいました。
そんな矢先に、本社に戻った時に、昔の友達から主人と若い長い黒髪の女性が怪しい、ホテルから出てきたのを見た、本気ではない、女性の方が本気みたい・・という話を聞きました。暗い気持ちになり、仕事もいまいち手につかない感じになってしまい、出張先で、あの所長さんに自分の方からも主人の浮気話をしてしまいました。所長さんは非常に真剣に話を聞いてくれたし、元気づけてくれました。そして2人で「負けないで元気出していこう」と言って盛り上がりながら、酒をのみほしたのでした。そういうことが続いている間に、私と所長さんとは、私の宿泊しているホテルで一線を越えてしまいました。送ってきてくれた所長さんを部屋に招き入れたのは私でした。そのまま二人は抱き合う形になってしまったのです。
現在も出張に行くと所長さんとの関係は続いています。会うと抱かれるような付き合いが継続しています。

【不倫で悩んでいる方へアドバイス】

悩みません。なぜなら、不倫する元々の原因は解消されていないからです。