menu

【修羅場報告】(40代女性)まるでドラマのワンシーンのようでした…

ごめんなさい
The following two tabs change content below.

とにかく、今の夫には申し訳ない気持ちで一杯です。

その原因を作ったのは私自身であり、言い逃れをすることができないのはわかっています。

こともあろうに、ようやく見つけた正社員としての就職先において厳しい実体験をすることになってしまったのです。

そのスーパーで仕事を始めたのは、かれこれ3年ほど前になりますが、子育てが一段落したことがきっかけとなりました。

私はアルバイトとはいえ、久方ぶりに仕事に就くことへの期待感と緊張感などの思いでドキドキワクワクしていたことは事実です。

とにかくそんな私に対して優しく接してくれたのが、スーパーの店長だったのです。

店長は私よりも若干、年上であり、頼りがいのある感じが漂っていました。

私は、色々な仕事を教えてもらっているうちに徐々に店長の人柄に惹かれるようになっていきます。

スーパーの店長と私

時を同じくするように、主人との夫婦関係については亀裂が生じており、冷めきっていたことも私の店長への思いを加速させてしまったのかもしれません。

どうやら店長の方も夫婦関係が上手くいっていない様子もあり、私へのアプローチもどんどん積極的になってきました。

いわゆる、ダブル不倫という関係に陥ってしまったのです。

もちろん、不倫関係にあることは誰にも告げることはありません。

ダブル不倫

子供にとっては良いお母さんでいたいという気持ちもあります。

しかしながら、ある時から主人のチェックが一層厳しさを増すようになります。

私の言動がおかしいと思ったようです。

私と店長は決まって仕事が終わってからの密会を重ねていましたが、ある時主人が後をつけてきたようで、ホテルから出てきたところで鉢合わせになってしまいます。

ラブホテル

まるで、テレビドラマや映画のワンシーンともいえるようなシチュエーションといえるのではないでしょうか。

その時には、さすがに私も不倫関係を隠し通すことはできないと諦めました。

絶体絶命の修羅場でしたが、私も店長も開き直るしかありません。

遅れてホテルから出てきた店長と一緒に主人に謝罪をすることに。

普段は大人しい性格の主人ですが、その時の形相といったら本当に怖かったことを鮮明に記憶しています。

その後、私はスーパーをやめて専業主婦に逆戻りすることに。

もちろん、店長とは別れたことはいうまでもありません。

主人にはとことん謝って許してもらいました。

本当に不倫関係というものは、家族の絆を壊してしまうものだとつくづく思いました。

反省してます

今後は控えたいと思います。

もっと他の記事を読む→【修羅場報告】(30代男性)妻といる時に元カノが!