不倫している人が離婚を決意するきかっけは?男女別に解説

不倫している人が離婚を決意するきかっけは?男女別に解説
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

不倫をしている人たちの中でも、そのまま不倫関係を続けていく人と、配偶者と離婚をして不倫相手と一緒になる人の2パターンに別れています。

世間的なことや離婚の手続きのことを考えると、不倫関係のままで終わらせておくのが一番な気がしますよね。

しかし、色々なしがらみがあると分かっていて、離婚を決断するきっかけになることには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

今回は「不倫している人が離婚を決意するきっかけ」について男女別に調べてみました。自分のことだけでなく、相手のきっかけとなる出来事も知っておくと、不倫相手と結婚したいと考えている人にとっては参考になるはずですので、一度確認をしてみてはいかがでしょうか。

不倫している人が離婚を決意するきっかけは男女で違う

不倫している人が離婚を決意するきっかけは男女で違う

不倫している人が「今の配偶者と離婚をしてこの人と結婚をしたい」と感じるきっかけの出来事は、男女で少し違いがあります。もともと男女では不倫に対する考え方が違うのが理由の一つとして挙げられるでしょう。

男性は「不倫は不倫」として割り切っているので、相当な出来事がない限りは妻との離婚を考えません。基本的に妻や家庭が一番と考えているからですね。

反対に女性は不倫も恋愛の一つとして、無意識に考えている人が多いです。頭では不倫は遊びと思っていても、いつの間にか本気で愛してしまい、自分だけのものにしたいと思ってしまいやすいと言えます。

不倫に対する考え方が違えば、当然不倫のきっかけとなる出来事も違ってきますよね。もし今現在不倫をしていて。今の配偶者と離婚し、不倫相手と結婚をしたいと思っているなら、相手が離婚をしたいと思うきっかけを知っておくと、思う方向に現状が進んでいくかも知れません。

不倫男性が離婚を決意するきっかけはどんなものがある?

それではまず、不倫男性が妻との離婚を決意するきかっけとなるできごとから説明していきましょう。

妻が家事を全くやらない

仕事で疲れて帰ってきたのに、ご飯ができていないどころが部屋は汚い、土日も外出していて家事を全くやらない。このように、不倫男性の妻が妻としての仕事をしていないことが、離婚を考えるきっかけになりやすいです。

このような状況の時に不倫相手がいて、さらにその相手が家事が得意な人だと、さらに妻のことが悪く見えてしまいます。結婚しているのにまるで一人暮らしのような状況であれば、結婚しても意味がないかなと思ってしまうのです。

男性が離婚を考えるきっかけとしては、妻への不満が一番多いと言えます。

子供ができてしまった

不倫相手とのセックスは必ず避妊をするという人がほとんどですが、たまには我慢できなくて…という人もいるはずです。そしてそれが原因で不倫相手の女性が妊娠してしまうと、どっちを選ぶかを真剣に考えるきっかけになったりします。

子供ができたからと言って必ず不倫相手を選ぶわけではないですが、不倫は不倫と割り切っていた人でも、一度冷静になって考えるきっかけにはなることが多いです。

妻への不満が少しでもあり、不倫相手の女性との将来が想像できるとなると、子供ができたのをきっかけに妻との離婚を決断する人もいます。

不倫女性が離婚を決意するきっかけはどんなものがある?

それでは反対に、女性が夫との離婚を考えるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。こちらも順番に説明していきましょう。

夫に対して不満が多い

・家事を全く手伝ってくれない
・育児を手伝ってくれない
・仕事ばかりで相手にしてくれない
・休日は寝てばかり
このように夫に対してのたくさんの不満があることが、女性が離婚を考えるきっかけになることは多いです。

そもそも不倫を始めるきっかけが夫への不満がきっかけという人は多いので、不満がピークを迎えると離婚を考えるのでしょう。大きなケンカをした時に、「もう離婚する!」とそのまま別居する人も少なくありません。

安心感があると思った時

夫となる男性に対しては、もちろん経済力や家事・育児を手伝ってくれるかなども必要なことですが、安心感を求める人も少なくありません。

夫とはそこまで不仲ではなくても、不倫相手と過ごす中でふとした瞬間に、「あれ、この人の方が安心感があるかも」と感じたのをきっかけに、徐々に離婚を考える人もいます。

家事に育児に忙しい毎日を送る女性ほど、男性に甘えたくなり、安心できる時間が欲しくなるものです。安心感が強いのが夫ではないと気がついたのをきっかけに離婚を決めるのは、女性の特徴の一つと言っても良いかも知れません。

経済力があるなと感じた時

経済力があるなと感じた時

夫の稼ぎが少なく、自分も毎日朝から晩まで働いている。そんな共働きの女性は、不倫相手の男性がお金持ちで経済力があると知ったのをきっかけとして、離婚を考えるパターンもあります。

働きながらの家事はとても大変です。さらに子供も欲しいとなると、全てを両立させるには金銭的にも厳しいでしょう。誰だってツライ状況よりも楽な状況を選びたくなりますから、不倫相手の方が楽をさせてくれそうだなと感じたら、その人と一緒に暮らしたいと考えてしまうものです。

もちろん実際に離婚するには、お金持ちな不倫相手もあなたとの結婚を考えてくれなければなりませんが、女性側のきっかけとしては十分にあり得ることだと言えます。

不倫から離婚を決意するきっかけを見つけやすいのは女性

不倫から離婚を決意するきっかけを見つけやすいのは女性

さて、きっかけになる出来事を、男女それぞれいくつかピックアップしてみましたが、これを見てあなたはどう感じたでしょうか?

気になるのは女性のきっかけの一つである、「安心感」ですよね。他のきっかけはよほどのことがないと起きないことですが、安心感というのは比較的簡単に感じやすいものです。

夫に非がなくて、女性側の問題だけで起こってしまうきっかけですから、不倫をしている女性の全ての人に可能性があると言えます。

「不倫は不倫だから本気になることはない」
そう思っていても、ささいなことがきっかけで夫との離婚を考えてしまう可能性があるということ。遊びだと思っていたのにいつの間にか…と答える人は、このささいなきっかけげが原因であるパターンも決して少なくはありません。

不倫をしている限り、男女ともにいつ本気になって離婚を考え始めるか分かりません。子供がいるとなかなかすんなりと離婚できませんから、くれぐれも注意して不倫を続けていって下さいね。

まとめ

まとめ

不倫のきっかけとなる出来事を簡単にまとめますと、

男性の場合
・妻が妻としての仕事をしない
・不倫相手が妊娠してしまった

女性の場合
・夫への不満がピークになる
・不倫相手に安心感を覚える
・不倫相手の方が経済力があると分かった時

となります。同じ不倫ですが、女性と男性ではこれだけの違いがあることが分かりますよね。

ただし、これのどれかに当てはまれば、必ず離婚を考えるというものでもありません。例えば妊娠に関することで説明しますと、あなたが妊娠したからと言って、必ず不倫男性があなたを選んでくれるわけではないということです。

最悪の場合は逃げられる可能性もあるので、不倫相手をモノにしたいがために妊娠をしようとするなんてことは絶対に辞めておきましょう。あくまでも一つの情報として捉えておいて下さいね。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?