menu

【修羅場報告】(30代女性)文化の違い?アメリカ人男性と交際した時の修羅場体験

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

 

留学中に友人の紹介で出会う

アメリカ人の元彼と出会ったのはアメリカ留学中でした。友人の紹介で2度ほど一緒にバーにいったり、ランチしたりしました。

正直その時は付き合うとは思っていなかったのですが、元彼が外国人ならではの押せ押せな感じだったのもあり二人で会うことになりそれ以来、週に3、4ペースで会い、なんとなく交際がスタートしました。

元彼の友人とも会うこともあり、ある日元彼と元彼の男友達二人と私で飲みに行くことになりなって1件目のバーに行きました。

元彼は誰に対してもフランクな性格

友人二人は私たちと同じジムに通っていて面識はあったのですが、実際話すのはほぼ初めてで楽しく過ごしていたのですが、女性には控えめな印象です。

アメリカのバーは出会いが沢山あるのですが、その二人はなかなか声が掛けられないタイプでした。

元彼は対照的で、私の時もそうでしたが、どんどん声をかけて男でも女でもすぐに打ち解けるタイプでした。

半年前に別れた彼に未練がある

フランクな性格が災いを招き、すれ違いに…

バーを何軒かはしごして、そろそろ夜中の2、3時を周り、そろそろ解散かと言った時に修羅場は起こりました。

元彼は私と、アパートに帰る予定だったのですが、友人二人が女の子をゲットできなかったので何とかしたいと思ったのでしょう、道行く女の子二人に声をかけ始めました。

男友達二人はそれでも自分から積極的に行くこともなく離れたところでそれを見ているだけでした。

私的には、いやいや、あなたの友人は他力本願で自分で女の子をゲットする努力もしてないし、そこまでする必要なくない!?と思ってフリーズしてしまいました。

それを見た元彼は、怒って一人で帰って行きました。

私は男友達と取り残され、恥ずかしいやら情けないやらでそそくさと一人で帰るしかありませんでした。

元彼への怒りは収まらず

自分のアパートについてから、元彼の理不尽さに腹がたち泣きながら「ふざけんな!」的な内容のメールを何通か送りましたが返信もありませんでした。

あーこれで終わりだなと思いながら眠りにつきました。

朝になると元彼から何通もメールと電話が何度もありましたが、しばらく無視していました。

本当にしつこかったので一度電話に出て怒りをぶつけました。

すると、会って話そうと言うことになり、近かったこともあり元彼のアパートに行くことにしました。

元彼の話では、朝起きたら食べかけのマクドナルドがベッドにあり、私が居なかった。そして私から怒りのメールが届いていた。覚えてないので、男友達に電話をして詳細を聞いた。本当にごめんなさい、とのことでした。

私は呆れて何も言うことが思いつきませんでした。

連絡を絶つ

一度は和解したものの別々の道へ

元彼の提案で一発殴っていいとのことなので、ビンタを食らわしてその場では仲直りしましたが、後々似たようなトラブルがまたあったので結局は別れることになりました。

喧嘩をしたときに、あの時協力して私が女の子の警戒心を解けば良かったんだ!みたいなことを言われ、もうダメだこいつと呆れるしかありませんでした。

修羅場の原因は文化の違い?

修羅場は今考えても腹が立って仕方ないです。

自分が道端の女の子に元彼の男友達のためにフレンドリーにする意味がわかりません。

それなら出かける前に男友達に女の子をゲットするためのハウツーでも教えてやればいいだけですし、男友達に何の努力もせずにいい思いをさせたいなんて意味がわかりません。

もし、こんな経験を他の人がした場合、そんな男とは直ぐに別れた方がいいです。

もっと他の記事を読む⇒「【修羅場報告】(40代女性)8年という長い付き合いにピリオドを打った日