menu

【20代女性のマッチングアプリ体験談】二度と経験したくない出会い‥

プチッと切れた

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

えっこんなイケメンと出会えちゃうの!?

20代半ばの当時、ちょうど前の恋人と別れ「何か新しい出会いはないかな~」と思っていたので、出来心でマッチングアプリに登録しました。

当時はペアーズやOmiaiなど、周りでやっている人も多かったので、見た目に自信はないけれど皆がやっているなら何とかなるだろうと思い、いくつかのアプリに登録したのです。

登録した当初は「えっこんなイケメンと出会えちゃうの!?」「年収が高い人ばっかり…」と夢見心地でしたが、いろいろ調べるうちにそれは別人の画像を使っていたり、真剣な出会いではなくいわゆる「ヤリモク」なのだと知りました。

普通に出会って、普通に恋人になりたい!と思っていたので、そういった方にいいねしまくるのはやめ、以下の戦略を実施しました。

・年収は400万円以内にする ・出来るだけ同年代~5歳上を狙う(年下にはいかない) ・顔は見ずにまずプロフィール文を見る ・共通点が全くなければ素敵な人でも見送る

上記の戦略により、なんとか付き合うことへの意欲が高そうな10人ほどとマッチング。その後も懸命にメッセージのやり取りを続け、最初の1人と会うことになりました。

「プロフィールがなんとなく優しそうだし、年収も盛ってないっぽいし、多分大丈夫!」

ただ一つ気になるのは彼が顔出しをしていないことでしたが

ズバリ指摘される

元から見た目で判断しないと決めたのだし、まあいいかと思っていました。

そしてデート当日になったのですが…待ち合わせ30分前に集合場所に着き待っていると、3分前になって彼から「すみません、電車を逃したので10分遅れます」との連絡が。

一瞬あれれ?と思いましたが、私もまったく遅刻したことが無い訳ではありません。まあそんなこともあるよねと気長に待つことにしました。

結局彼が現れたのはさらに20分後。それも、慌てて走ってくるでもなくむしろゆったりした速度でこちらに向かって歩いてきました。

そして、顔を見ると…おじさん。想像以上におじさんだったのです。よく、中学生なのにおじさんにしか見えない!というタイプの人がいますよね。彼はまさにそのタイプで、同じ20代のはずなのに40代にしか見えませんでした。さらにお腹はぽよんと出ており、服装も英語が書かれたシャツに暑そうなレザージャケット、下はなぜか折ってくるぶしが見えているベージュのチノパン…。

この時点で帰りたくなりましたが、私も大人なのでわざわざ来てもらって帰るのもアレだし…とカフェまでは付き合うことにしました。

すると、「遅れてごめんね。なんかもうどこも混んでるし、ここでいいよね」と指さしたのが、某ファーストフード店…。

流石の私もこの時点でダメだと思い帰宅。その後、誰とも会っていません。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

今回失敗した原因は、相手の顔も見ずにメッセージやプロフィールだけで判断してしまったことです。いくら見た目が関係ないといっても、顔や服装が想像と全く違うとショックが大きく、裏切られた気持ちになってしまいます。また、トラブルや犯罪のリスクも高まります。皆さんも誰かと会うときは、どんなに優しい人でもある程度顔や服装の分かる写真を送ってもらって下さい。