menu

【30代女性のマッチングアプリ体験談】奇跡的な出会い‥

ストーカー紛いの彼は重い

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

私は地元を離れて遠い県外で暮らしており、知り合いがあまりいませんでした。

徐々に友人は出来たものの、異性で仲のいい人がいなかったこともあり、異性の友達を作る感覚でマッチングアプリを始めてみました。

アプリ内を閲覧している時に年の近い男性がたまたま目に留まり、私と同じ様に「地方から仕事で県外にきて、知り合いがあまりいない」というプロフィール欄を見て、私からメッセージを送り、やり取りをする様になりました。

 

やり取りを通していく内に、なんとたまたま同じ地元の出身だということが判明したのです。

最初の頃は互いに疑っていたのですが、地元の人にしか分からない場所や、私の兄弟と同じ高校に偶然通っていたということもあり、彼と会うこと約束をし、後日食事に行きました。

会った時に初めてお互いの顔を知りました。地元の方言で喋ったり、子供の頃によく行った公園やデパートなどの話しに花を咲かせて楽しく食事をすることができました。

 

彼は3歳年下なのですが、その時私は年上の人が好みだったので友達のままでいいかな・・と思っていました。

3回目のデートで彼に告白をされ、私自身、年下と付き合う自体が初めてで、考えられなかったので最初はお断りしました。

その後のやり取りがなくなるのが嫌だったので、友達として今後は仲良くしてもらう様にお願いしました。

休みの日が合えば二人で海に行ったり買い物をしたりしていく内に、私はだんだんと彼のことが気になりだしたのです。

まだ心のどこかで年下の人と付き合うことに抵抗があり、ものすごく考えました。

考える中で「彼が他の人と付き合ったりするのは絶対に嫌だ!」と思い始め、彼のことが好きだと確信したのです。

 

次のお休みの日に会う時、私から告白しよう!と心に決めて当日を迎えました。

恋心を認識する

その日は一緒に公園を歩いて、ベンチで休憩してコンビニで買ったコーヒーを飲みながら他愛のない話しをしていました。

私がいつ告白の話しを切り出そうか・・と考えていたとき、彼から突然「結婚してください」とプロポーズをされました。

私はすごくびっくりして、手に持っていたコーヒーを自分の服にこぼしてしまいました。まだ付き合ってもいないのにプロポーズをされるとは考えてもいなかったのです。

 

こぼれたコーヒーをハンカチで拭き取りながら、私はこの時こう思ったのです。

マッチングアプリとは言え、偶然同じ地元出身の人と出会うのは運命でしかないと。その場で「これからもお願いします」と返事をし、その年に今の彼と結婚しました。

 

地元に居た頃はお互いに知らない存在で、出会うことがなかったかもしれません。勇気を出してマッチングアプリを始めてみて良かったと思っています。

マッチングアプリは若い世代では当たり前になってはいますが、やはりまだ世間一般的には受け入れがたいのが現状です。私と彼の様な素敵で運命的な出会いもあるのだと知ってほしいです。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

最初にマッチングアプリをやるときは私自身すごく抵抗がありました。

ですが今は女性も動かなければ、待っていても出会いは必ず訪れることはありません。

色んな出会いを経験してほしいです。