不倫の最低限のルール|長続きさせるためのお約束とは

不倫の最低限のルール
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。

既婚者同士、またはどちらかが既婚者の場合のお付き合いを「不倫」と呼びますよね。世間的にはあまり良いイメージはないものの、夫に内緒でこっそりと別の男性とお付き合いをしているという人はいるはずです。

いけないこととは分かっていても、不倫の関係をできるだけ長く続かせたいと願ってしまうこともあるでしょう。しかし、本物の恋人同士ではないですから、ささいなことで不倫の関係は解消されやすいものです。

では、一体どうすれば不倫を長続きさせることができるのでしょうか?

それは「最低限のルールを守る」ことです。これさえ徹底的に抑えておけば、お互いに問題が起きることなく、お付き合いが続けられる確率が高くなります。

ではさっそくそのルールについて詳しく説明していきますので、不倫を長続きさせたいと思っている人は、是非参考にしてみて下さいね。

不倫にルールがなぜ必要なのか

不倫にルールがなぜ必要なのか

ところでなぜ不倫相手とは、ルールを設けないと関係が崩れてしまいやすくなるのでしょうか。普通のカップルの間でも多少の決め事はありますが、そこまで明確にすることは少ないでしょう。暗黙の了解という程度のルールがほとんどです。

不倫の場合、お互いまたは片方に結婚している相手がいるお付き合いですから、それぞれの家庭を壊さないことが前提になります。

例えば、何もルールを作らずに、普通のカップルと同じようなデートをしているとしましょう。人目につく場所で食事をしたり、配偶者がよく行くお店でショッピングをしていると、簡単に不倫はバレてしまい、破局に繋がりますよね。家庭の崩壊も目に見えています。

お互いの家庭は守ってお付き合いをすることが前提としてあるので、それを壊さないためにもルールは必要です。当然、不倫の関係が周りにバレても破局に繋がりますから、「お互いの家庭を守るため」「周りに不倫関係を隠すため」にルールが必要となり、その結果、ルールを守れば不倫の関係は長続きすると言えます。

不倫が続く最低限のルール 1.会えない日が続いても文句を言わない

家庭を壊さないということは、言い換えれば不倫相手よりも家庭を優先するということ。デートの約束をしていても、家庭の用事で急にキャンセルされることもあります。なかなか予定が合わずに、1ヶ月以上会えないなんてこともあるでしょう。

でも、不倫の場合は「会えなくても文句を言わない」のがルールです。事実上あなたの優先順位は2番目なわけですから、ここでワガママを言って自分を優先してもらおうとすると、彼も困ってしまいます。

頻繁に会ったり、あなたの都合に合わせて予定を調整すると、周りにバレるリスクも高まるので注意しましょう。

不倫が続く最低限のルール 2.クリスマスや誕生日は会わない

クリスマスや誕生日、バレンタインなどのイベントは、本来一緒にいるべき人と過ごすものですから、不倫相手とは一緒にいれないことがルールの一つです。

夫や彼氏と過ごすのがつまらないと感じる人もいるかも知れませんが、特別な日に予定を入れてしまうと不審に思われやすくなります。会いたい気持ちや寂しい気持ちを我慢して、彼氏や夫、相手がいない人は友達と遊ぶなど、別の予定を入れて我慢しましょう。

不倫が続く最低限のルール 3.2人が接触した証拠は全て削除する

不倫相手と会った証拠になるものは全て削除するのも鉄則です。

例えば、
・食事をした時のレシート
・娯楽施設のチケットの半券
・メールや電話の履歴
などですね。その他、クレジットカードでの支払いを避けることも、証拠を残さない一つの方法です。

写メやプリクラなども一切とらないとしている人が多いです。あとあと削除したり捨てたりするものをわざわざ撮る必要はありませんからね。

不倫が続く最低限のルール 4.会っていることは他言無用

不倫が続く最低限のルール 4.会っていることは他言無用

不倫相手とのことで、悩みや人に話したいこともあるでしょう。しかし、バレるリスクを少しでも減らすために、例え信頼できる友達だとしても、他人には一切話さないのがルールです。

メールで相談するのももちろんNG。自分は履歴を削除したとしても、受信側が削除してくれるかはどうか分かりません。目の前で削除させるのが一番ですが、その手間を考えると、やはり誰にも不倫の話はしない方がよいです。

人に話すだけリスクが高まることを覚えておきましょう。

不倫が続く最低限のルール 5.絶対に避妊する

もし不倫相手との間に子供ができてしまった場合、中絶するか1人で育てるかの選択になるのがほとんどです。高い確率で、相手の男性は妻と離婚することはないと言えます。

あなたにも彼氏や夫がいる場合、産むにしてもかなりの障害があることは分かりますよね。特に女性側が受けるリスクの方が多いので、不倫相手とのセックスは避妊をするのがルールです。

膣外射精が避妊だと考えている人もいますが、それは避妊とは言えません。ガマン汁だけでも妊娠する可能性は十分にあります。ほんの少しでも、生で挿入することがないよう注意して下さいね。

不倫が続く最低限のルール 6.連絡を取る時間は決める

普通のカップルなら、自分の気が向いた時にメールや電話をしますよね。でも、不倫の場合は絶対にNGです。結婚している仲なら、夫のスマホを借りることもあります。そんな時にあなたからの連絡が来たら、そこで関係は終わってしまうでしょう。

いつなら連絡を取ってもOKなのかを決め、それ以外の時間では一切連絡を取らないよう徹底するのも、最低限のルールの一つです。

不倫が続く最低限のルール 7.会う時は香水などを付けない

女性はニオイに敏感ですから、香水をつけてデートをすると、彼にニオイがついてしまう可能性があります。そのため、2人で会う時は香水や香りがするものを付けないとしている人たちは多いです。

ニオイだけでなく化粧品にも注意。ファンデーションや口紅、チークなども男性の服につきやすいものです。デート後に別れる時は、念入りにチェックしてからそれぞれの家に帰ります。

不倫が続く最低限のルール 8.嫉妬は絶対にNG

時には相手が妻の話をしてくることもあるでしょう。しかし、それに対して「妻の話はしないで」と嫉妬をするのはNGです。家庭があることを前提にお付き合いするのが不倫ですから、それが嫌ならフリーの人と付き合うべき。

それでも不倫を続けるのですから、お互い嫉妬をしないというのも、関係を続けていくなら守るべきのルールの一つと言えます。

友達ではないけど本物の恋人ではない、それが不倫を別の言葉で表したものと覚えておきましょう。

不倫を続けたいならルールを守る

不倫を続けたいならルールを守る

「最低限」のルールとはいえ合計で8つもあるので、結構大変だなと感じる人もいることでしょう。しかし、今後も関係を続けたいのなら「そういうもの」だと割り切る必要があります。

窮屈に感じたり、寂しさを感じることもあるでしょう。しかし、不倫相手とできるだけ長く一緒にいたい、ラブラブに過ごしたいと思うなら、最低限のルールは必ず守るべきです。

軽はずみにルールを破ってしまうと、思いもよらない事態に陥ることもあります。全てを失ってしまわないように、しっかりと心に刻んでおきましょう。

まとめ

近頃は不倫をテーマにしたドラマや映画が流行しているので、不倫をしてみたいなと感じていたり、実際にしている人は多いかも知れません。

しかし、障害のある恋愛であることは確かですから、ツライことや悲しいこともたくさんありますし、常にリスクを伴っていることは忘れてはいけません。

今回ご紹介した8つのルールを徹底して守っていれば、短期間で破局してしまうことはないハズなので、夫以外に付き合っている男がいる人は、是非参考にしてみて下さいね。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。