menu

【不倫体験談】(50代男性)ある事件をキッカケに仲を深めた年上女性との不倫関係

オフィスで男女2人で作業する

彼女を色濃く知ることとなった事件

彼女とは、私が25歳、彼女は32歳の時に私が指導する親子水泳教室に参加されたのが最初の出会いでした。

その時は別に惹かれることもなく彼女も特別な感情は無かったように思います。

しかしスクール中、ウオータースライダーを降りてきた彼女の水着の「お尻」の部分が破れることがあり、私が気づいてタオルを渡したことがありました。

まだ女性とお付き合いしたことのない「童貞」であった私には、強すぎる刺激でした。白くポッコリとしたお尻に、体中の血が騒ぎ、抑えられない興奮をしたことを覚えています。

信頼できる上司

偶然自分の職場に彼女が…

その当時はそれだけだったのですが、10年後に偶然にも私の職場にパートとして彼女が勤務することになりました。

彼女は非常に仕事ができ私も頼りにしていましたが、彼女も私の仕事の進め方を評価してくれたようで、仕事において信頼し合うとても良い関係にになりました。

はじめはお互い「あの時の人」とは気がついませんでしたが、忘年会で席が隣になり話をするうちにお互い思い出し、私は一気にあの事件を思い出し、その時の感情もあってか彼女に強く心が惹かれました。

彼女にあの事件の事を楽しい思い出話として話してみると、なぜか彼女はあまり恥ずかしがらず、やはり楽しい思い出話になりましたが、少々照れのような含みもあるような感じでした。

この時私は結婚していましたが、妻に感じたことのない「女性の色気」を感じましたが、同じ職場のため特別な関係になることはありませんでした。

送別会で一気に近づいた距離

肉体関係を結ぶ

しばらくして彼女はパートを退職することになり、送別会でのことです。別に涙ながらではなく、みなで楽しい送別会となりました。

帰りはタクシーで、パートさんは何人かの職員がタクシーで送る風習で、私のタクシーは彼女を送ることになりました。

後ろの席で2人になると、たぶんお互い抑えていた何かが外れたように恋愛的な話の流れに。

その夜はキスだけでしたが、次の日合う約束をし、車の中で関係を持ちました。

後ろめたさかシチュエーションへの興奮があったのか、しばらくは車の中での関係が続きましたが、そのうちラブホテルに定期的に行くことが普通になっていきました。

長くは続かなかった関係、でも…

しかし、別れは突然でした。
彼女の「もうやめましょう」の一言です。

関係性も関係性でしたので、私は素直に別れのお願いを飲みました。

私は彼女に感謝しています。
決して性的な意味合いだけではなく、ランチを楽しんだり、何気ない話をしたり、ほんとに心が癒される時間を過ごせました。

今でも彼女のことを思い出すと会いたい気持ちになり、彼女も「体の関係は無理だけどランチならOKよ」と明るく返してくれていました。

最近は会う事が全く無くなりましたが、友達として良い関係を築ける間柄ではありましたね。

ちなみ不倫の事はバレず、私も彼女も家庭はうまく行っています。

良き思い出です。

もっと記事を読む⇒不倫体験談】(30代男性)不倫から結婚へ…職場の先輩後輩の間柄から深まった関係