menu

【不倫体験談】(30代男性)不倫から結婚へ…職場の先輩後輩の間柄から深まった関係

最初は職場の先輩後輩という間柄で、私が後輩で相手は先輩、相手の女性は職場では美人で定評のある憧れの先輩でした。

出会った時にはすでに結婚しており、まさか自分と先輩がそういう関係になるとは夢にも思っておりませんでした。

当然職場以外での接点もなく、何年かはただ同じ職場で働くだけという関係だったんです。

キッカケは相手の旦那の昇進

転機が訪れたのは、相手の旦那さんが副店長という役職についてからでした。

その旦那さんは上司からのパワハラにより鬱になってしまったんです。

あとで聞いた話ですが、家にいる時はなにを聞いても返事もなく、会話が成立しない程だったとか。

当然夫婦仲は悪くなり、先輩は今まで参加していなかった飲み会などに頻繁に参加するようになっていったんです。

突然のデートの誘い、脈なしかと思ったら…

流れ星が見えるスポット

ある夏、職場の皆で納涼船に乗ってみようという事になりました。私も先輩の浴衣姿見たさに参加する事にしました。

その帰り道、たまたま先輩と二人で歩いていると、先輩がこんな事を言いました。

『ねぇ、日本で一番星が綺麗に見える村があるんだけど知ってる?』

実はこの数日前、たまたまネットサーフィンをしていたところ日本一の星空を観られるツアーのサイトを見たことを思い出しました。

私はその事を伝えると、先輩はとても驚き『友達にこんな話しても誰も知らないし、女同士で行ってもしょうがないよね』と言ってきたんです。

私はとっさに『いやいや先輩、僕ならいつでも空いてますよ』と半分冗談で言ったのですが、返ってきた言葉は以外な事に『じゃあ一緒に行く?』でした。

この時は単なる社交辞令だと思っていたのですが、先輩の方から日程の打診などをしてきたんです。

私は「本当に行く気なんですか?」と尋ねたところ、私とならおかしな事にはならないだろう…との事。

男として見られていないのか…と少し落胆しましたが、嫌いな人間と阿智村の星空ツアーに行くなんてことあるわけがないと思い、淡い期待を抱きつつ当日を迎えたのです。

不倫を自覚していても理性は抑えられず…

当然相手は既婚者ですから、この時点で不倫にあたるという事は承知しておりました。

しかも私にとっては憧れの先輩と旅行に行ける絶好のチャンスであり、道徳観念というものはこの時既に吹き飛んでおりました。

男女が二人で満点の星空を眺め、旅館で二人きりになったら…当然そういう事になりますよね。

そうして私と先輩は不倫関係になったのです。その後は仕事帰りに二人きりで飲みにいくようになり、そのままホテルの泊まって出勤する…というような事もしばしばありました。

悪い事をしているという自覚はあれど、夫婦関係の崩壊した家庭に先輩を帰すのも可哀そうだと思いましたし、なにより先輩と一緒にいたいという気持ちを抑えることができませんでした。

相手は離婚、その後同棲を経て結婚へ

想いが成就する

その後、先輩は旦那さんと離婚し、1年間同棲しました。

私と先輩の間には子供ができ、結婚して今では夫婦となりました。

私はあまり悩んだりはしませんでしたが、相手はずいぶん悩んだ様子でした。

簡単に決断できるような事ではないですし、あまり余計な事は言わないようにしました。

私は独身で向こうは既婚者ですから、当然相手の悩みの方が遥かに大きいはずだと思っていましたし、『旦那さんと別れてほしい』とか『私と一緒に居てほしい』というような言葉は言わないように心掛けていました。

相手の女性はしきりに『私は最低の女だ』と言っていましたが、『旦那さんがいる事は知ってて誘ってるんですから、僕も同じですよ』と努めて明るく返事をしておりました。

束縛などは絶対にしないと決めていました。

所有欲や独占欲と言ったものは相手にとって負担にしかなりません。

今後の事は焦らずゆっくりと決めてもらえるように気を付けました。

私が悩まずに済んだのは、昔から相手に浮気される経験が多かったからだと思います。

人の心とはとても移ろいやすいものなんだ…という事を知っていたからです。

誰にでも起こる事ですし、どこにでもある話なんだから、不倫なんて特に珍しい話ではない…そう思う事で、あまり思い詰めずに済みました。

 

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(40代女性)既婚と知らずに美容師と不倫関係になった話