menu

【不倫体験談】(30代女性)3股の中で経験した不倫関係の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

2人目の相手とはライブハウスで知り合う

美人との忘れられない一夜

当時私には彼氏がいました。

しかし、お互いに仕事が忙しく、セックスレスの問題も抱えていた為、私の気持ちは徐々に彼氏から離れつつありました。

そんな時、気晴らしに訪れたライヴハウスで出会ったのがHでした。

Hはアーティストで、その日のライヴにも出演していたのですが、私は彼のことを全く知らず、声をかけられた時も「チャラい奴に絡まれた」と思っていました。

しかし、何度かライヴハウスで会ううちに、Hの子供の様な無邪気さに「ごはんぐらいなら・・・」という気になり、二人で食事へ出かけました。

そこでお互いに色々な話をするうちに、Hに対しての興味が湧いてきました。

Hは、昔メジャーデビューまでしたアーティストだったのですが、バンドが解散し、現在は映像制作の仕事をしながらたまにライヴに出演する・・・といったフリーランスで、当時平凡なOLだった私にはその自由さが非常にまぶしく思えました。

何度か食事や映画に行くうちに男女の関係となり、「付き合おう」という言葉はありませんでしたが、彼氏と合わない日はHと過ごすことが当たり前となっていました。

3人目の既婚者とは仕事関係で知り合う

そんな時、職場の取引先の社員でショップ店長のKから頻繁に飲みに行こうと誘われるようになりました。

彼氏とHとの2股状態で忙しかったので(今思えば最低・・・)断っていたのですが、お取引先様の社員という事もあり、あまり断るのも悪いので1度だけなら・・・と誘いを受けました。

いざ飲みに行くと、Kは職場の明るく陽気な雰囲気とは異なり、大人の雰囲気で少しカゲがあるようにもみえました。

いろんな話をしていくうちにKは若くして結婚しており(私とタメの34才でしたが私は当時独身)、現在は奥さんと遠距離だということ、実は結婚をする際に、彼女の宗教が原因で親族から反対されたにもかかわらず結婚を押し切ったことなどを話してくれました。

突然の告白に驚きましたが、同時に、そんなプライベートなことまで話してくれるなんて私を信頼してくれているのだと嬉しく思いました。

それからしばらく経ち、またKから誘われました。「おれ、もう駄目だ・・・」

Kはそう言い、沈黙してしまいました。

詳しく話を聞くと、奥さんとの状態が険悪になり離婚の危機であるとのこと。

奥さんはバリキャリで一流企業に勤めていて、2人の時間よりも仕事、子供を希望するKとは意見が合いませんでした。

気付くと、落ち込むKに、「どこか気晴らしに温泉でも行く?」と声をかけてしまいました。

奥さんとの危機に落ち込むということは奥さんのことを愛しているからで、既婚者と変な関係にはならないという安心感があったからです。

しかし、落ち込むKを断り切れず、その旅行がきっかけでKとも関係を持つことになってしまいました。

3股の関係は転勤をキッカケに解消

彼氏と別れる

今思えば、奥さんに自分への気持ちが無いと知ったKは寂しさを埋める誰かを求めていたのであって、私の考えこそ浅はかでした。

会うたびKは私を求めてきました。

相手は既婚者で、それはいけない事だと分かってはいましたが、「不倫をしている」という意識は全くありませんでした。

ただ、救いを求められていることが嬉しかったのだと思います。例え、それが奥さんの代わりだとしても。

彼氏とH、Kとの不倫という忙しい生活は私が転勤になるまで約2年続きました。

転勤が無ければ、都合のいい関係をまだ断ち切れていなかったと思います。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(50代女性)私が体験した10年にもわたる不倫の話