menu

【不倫体験談】(50代女性)普通の恋人だと思っていたら相手が既婚子持ちだった話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

意中の彼と距離を縮める

20代後半の頃、よく遊びに行く飲み仲間同士だった彼。

毎週毎週本当によく遊んでいました。相手が既婚だったことは知らず、なんとなく脈ありかなぁと感じていたので、彼を落としてみたいとイタズラ心が出て、ある飲み会の場でわざと酔っぱらったふりをして彼に送ってもらうことに。

作戦成功!と思いきや、相当飲み過ぎていた為、不覚にも具合が悪くなり介抱してもらう事になりました。

ただ、それを口実に「先日のお詫びでご飯ご馳走するよ!」と誘い出し、デートをするようになりました。

彼を狙っていた女の子は他にもいましたが、どうやら彼は初めから私狙いだったようで、ちょっとした優越感に浸っていた感もあります。

不信感を感じながらも関係を続ける

体の関係を持つ

そのうち体の関係になり、しょっちゅう彼からの呼び出しがあったり、複数人数で遊んでいても最後は二人で抜け出し遊ぶようになりました。

私的には、その当時元彼と別れたばかりであまり恋愛には積極的ではなく、適当に遊べる人がいれば満足!くらいの感じでした。

ただ、一緒にいる時間が増えれば増えるほど少しずつ気持ちが入り始め、どこかホテルへ行っても、私の自宅であっても、朝を迎える前に必ず帰宅する彼が既婚者ではないかなぁ…と疑うようになりました。

ま、それでもいいか!と思う軽い感覚もあったのですが。

彼が既婚子持ちであることが発覚

ある日、いつものように彼が私の部屋に来て帰って行ったあと、カーペットにゴミが有るのを発見。

拾い上げて見ると、クチャクチャになったシールでした。よく見てみると、ディズニーのキャラクターのシールでした。

その瞬間思わず笑ってしまいました。「あ~やっぱりな、ってか子供もいるんじゃん」と。

アラサー男子がディズニー好きなパターンもあるかもしれませんが、彼のキャラ的に絶対有り得ないし、きっと子供が遊んだシールが自宅で彼の靴下にくっつき、そのまま気づかずにその日は私の部屋へ来たのでしょう。

元々そんなに気持ちが入っていたわけではなかったので、「あ~今気づいてよかった」と安堵し、その段階で気持ちが冷めました。

ただその事件の事は彼に言いませんでした。なぜなら、遊び相手としては好都合だったので、まだ関係を続けて行きたかったから。

でも、その後は、なんだか悔しかったので、彼が既婚で子持ちであることを初めから知っていたように振舞うようになりました。

それから20年近く経ちますが、何年も会わなかったり急に連絡が来たりを繰り返し、今でもたま~に体の関係は続いています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(40代男性)結婚生活に嫌気がさして不倫関係に走ったときの話