menu

【修羅場報告】(30代女性)若かった私はガンガン突き進みました

若さで勢いが止まらない
The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

一回り年齢が違う元彼の話です

元彼とはアニメや漫画の趣味のイベントで出会いました。

当時私は17歳。

彼は28歳で一回り年齢が違いました。

共通の趣味だったのですぐ意気投合しましたが、友達付き合いをする上で、すぐに気が付いたことがありました。

それは元彼には当時ひとつ年上の彼女がいたことです。

それでも元彼はよく電話をしてくれたり、遊びに連れていってもらえるものだから「これは私が本命に違いない」と思い込みました。

やさしくしてくれるのは私のことがすきだから、この出会いは運命に違い無いと思い込みました。

本命の彼女から奪い取ってやるつもりで彼に猛アタックしていきました。

毎日電話やメールをし、平日に毎週2、3回は会いに行き、週末は土日どちらか必ず会うようにして、誕生日には必ずプレゼントをあげたりしました。

本命から奪い取る

高校生のアルバイト代では当時高価なバイク用品までプレゼントしたりしました。

彼もとても喜んでいてくれたように感じていました。

なんのかんの二股関係は本命の彼女にバレることなく過ぎていきました。

まるで普通の恋人同士のようでした。

私は十分幸せで、充実感を得ていました。

充実した幸せな生活

ですが、そんな幸せは長く続かず、1年ほどしか幸せで居られませんでした。

付き合って一年が過ぎたころ、正義感の強い性格の私の中である変化が生まれてきました。

本命の彼女に知られないまま、このまま騙すような真似を続けることが本当に人として間違いないことなのだろうか、本命の彼女と全然別れる様子の無い彼の行動に業を煮やしていました。

そして付き合った最後の一年は地獄です。

本命の彼女への申し訳なさが私の中で風船のようにどんどん膨れ上がり、彼の気持ちも私からどんどん離れて、本命の彼女一本に絞ろうとしていくのが解り、毎日がとても辛かったです。

悩んで毎日が辛い

私は別れる勇気も無かったのですが、とうとうこの関係に耐えられなくなった彼が「少し距離をおこう」と私に告げたのです。

私は大胆な行動に出てしまいました

私は納得出来ずに1週間ほど過ごしましたが、あらゆる情報を駆使し、彼が本命の彼女に会うその日に、その場所に乗り込んでやりました。

私達の関係も無かったことにするなら、彼と本命の彼女の関係も道ずれにぶち壊してやると思い、彼に復讐するつもりでした。

そして私達の関係を本命の彼女にバラしたのです。

浮気関係を彼女にバラす

彼を散々なじり、本命の彼女にはことの顛末を謝りました。

こうして私達の関係は終わったのです。

別れてからもやっぱり彼を諦めきれずに、2度ほど電話をしましたが、やはり出てもらえず、そのまま関係が終わりました。

別れる

後に風の噂で元彼と本命の彼女が結婚したと聞きました。

私はとんだピエロだったんだなと思いました。

今になって思うことは、当時どんなに好きでもやめとけばよかったなと思っています。

人生で最大の汚点です。

また愛に年齢は関係ないと思いますが恋には年齢が重要だなと反省しています。

自分の中で教訓になったことは、「人の物には手を出さない」ということですか。
(私の場合、結婚するつもりだったので婚活上では問題無かったのかもしれませんが…)

二股って結局どんな場合でも成功率は低いと思います。

もし二股をしている人は相手の意思をきちんと確認する必要があると思います。

もっと他の記事を読む→【修羅場報告】(30代女性)恋愛が出来なくるほど、男性の怖さを知りました。