menu

【30代女性のマッチングアプリ体験談】合わない人も当然いるわけで‥

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

両者がいいねをする、つまりマッチング成立だ

当時私は20代後半で彼氏はいない。

なんとなく人寂しい気分でマッチングアプリをインストールした。

本当にこんなアプリでマッチングするのか、と半信半疑で顔写真の登録を済ました。

途端に通知の嵐。

自信を持って言えることだが、私の容姿はそんなによろしくない。それでも明るめの服を着て、笑顔で撮った写真というのは評価が良いようだ。

私にいいねをくれた人のプロフィールを確認する。マッチングアプリは初めてだったので、出来るだけ年が近く、住んでいる場所が近く、顔写真がある方を優先にこちらもいいねを返した。

両者がいいねをする、つまりマッチング成立だ。メッセージ機能が解禁され、二人で会話をしていく。ただ、この会話というのがとても難しいのだ。当たり障りのない挨拶から、二人の共通の話題で盛り上がることになかなか辿り着かない。

ひどい時など、

「マッチングありがとうございます!」

「こちらこそ!」

これで会話が終了することもあった。

興味がないのか、やる気がないのか、相性が悪かったのか。始めた当初は受け身の姿勢を取りすぎたようにも思う。

そんな中、珍しく会話続く方がいた。

2歳年下の男性である。

私は短文でのやり取りを好むのだが、同じような文章量で、テンポでやり取りができるというのはとても心地よくスムーズだった。仕事の話や趣味の話を一通りし終えた頃、実際に会わないかと提案があった。

マッチングアプリでマッチングした男性と会う、アプリの趣旨にとても沿ったことだがとても緊張した。いいよ、と返したのは1日後くらいだっただろうか。

その後はトントンと日程が決まり、場所が決まった。

甘酸っぱさだけが残った

1週間後に焼肉屋。

 

あまり色気が感じられないが、二人とも肉が食べたいという思いが合致していたので満場一致で決まった。

 

当日、コーディネートは悩みに悩んだ。なにしろ可愛らしい服を持っていない。当時のスタンダードはモノトーンな女だった。

 

それでも白を基調になんとかコーディネートを完成させる。はっきり覚えているのはお気に入りのグレーのコートを着て行ったことだ。

 

待ち合わせはスムーズだった。お互いの当日の写真を交換していたのですぐ声をかけてもらえた。

 

プロフィール上では170センチとあったが、実際は155センチの私より数センチ高いくらいではという印象。

身長詐欺というやつか。

 

それはそれとして、食事をしながらの会話はまあまあ盛り上がった。

ただ、期待ほどではなかった。

 

帰り際もスムーズで、特にどちらが引き止めることもなく別れた。

 

その後はというと、特に何もなかった。

しばらくやり取りを続けたが、自然と連絡を取らなくなってしまった。

 

お付き合いに発展しなかった理由は、初めての対面に過度な期待を抱いたからだろうか。

会う前の情熱を、会った後も維持できなかったのだ。

 

私はこの彼と一度だけ会って、マッチングアプリを退会した。

向いていなかったと思った。

 

あの彼はマッチングアプリで彼女を作っただろうか。

思い返すと少し甘酸っぱい経験だ。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

初めて会う人に過度な期待をしないこと。盛り上がる前にさっさと会ってみること。