menu

絞り込みが肝心

心に響きました

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

29歳の時に転職し、新しい職場になれた頃(3か月くらい)にオンラインの婚活サイトに登録しました。登録してから1週間は、30歳未満という年齢もあったせいか、毎日5人以上の男性からメッセージが来ました。ただ、半数以上が45歳以上の年齢の方で、なんで結婚できないのかわかる人ばかり。というのも、メッセージの文章がかなり無理して若作りしていて、正直気持ちが悪かったのです。語尾がビックリマークや☆、顔文字だらけの人。句読点が多すぎてポエム調なので、何が言いたいのかよくわからない人。自分のステータスを長文でと語る人(学歴・職業・マンション持ちなど)。人生のパートナーを求めているのではなく、自分の欲求を満たしたいだけなんだな、という印象でしたので、丁寧にお断りしました。

私が最初にしたのは、当たり前ではありますが自分のプロフィールを真剣に書くこと。私だったら相手の生い立ちや人生観、趣味や価値観を知りたいと思ったので、私もきちんと読んでいただけるよう気を配りました。写真もスナップ写真を3枚、表情だけではなく、旅行や外出が好きという趣味が通じるように選びました。相手に求めたものは「きちんとした文章が書けること」「同じくらいの年収があること」「海外に興味があること」の3つです。きちんとした文章が書ける人は、それだけで頭の良さや根の真面目さが推し量れるような気がしたので自分の中での基準にしました。「同じくらいの年収」はとても重要で、金銭感覚が近い人でないとこれから長い人生ともにずるのは難しいのではないかと思ったからです。「海外に興味がある」というのは、私が帰国子女で、親戚も皆海外に住んでいる・住んでいた経験があるので、そこの価値観は共有したいと思ったからです。年齢や身長、学歴などは全く気にせず、自分からも検索していろいろな人のプロフィールを読み、3名の方とお会いしました。

1人目はゲーム・イベント会社で働く2つ年下の男性。新宿のカフェでお茶をしながらお話ししました。上記の3点はクリアされている方でしたので、対面で私が見ようと思ったのは「清潔感」と「話し方」です。若い方でしたのでオシャレな服装でしたし、自分よりも若いのにしっかり社会人をしている印象でした。ただ、お話の内容が、終始仕事で自分がどれだけ認められているか、といった内容で、自信のなさの表れかな?という印象が強かったです。途中でこの方にはあまり関心が持てないとわかり、失礼ながらそれが相手方にも伝わったようです。1時間半お話した後、お時間を取っていただいたお礼と今後もお互い頑張りましょうねと挨拶をして別れました。

2人目は大手外資金融に努める45歳の男性。日頃難しいビジネスに向き合っておられる方なだけあって、きれいな文章を書く方でした。お会いした時まず目についたのは服装でした。古い型のスーツで体形に合っていません。昔の大きな肩パットが入っているものでした。私も近い職業でしたので、仕事のお話は楽しかったのですが、趣味の話になった時古いスポーツカーに乗っているとおっしゃったので、よく聞いてみると25年前に流行った某漫画の車だそうです。私も車は好きなのですが、仕事以外は90年代からアップデートされていないんだな、と決定づけられました。3回ほど仕事終わりに食事をしましたが、結局お互い仕事以外に合うことがないのでお別れしました。

3人目は海外赴任中の4歳年上の男性。この方と私は結婚し、今2歳の子どもとともに海外に住んでいます。オンライン婚活の良いところは、日本に限らず、海外赴任中の方で、日本に帰国したら早く結婚したいと思っている方とも出会えることだと思います。ビジネスマンらしいきちんとした文章でのやり取りから始まり、海外でお仕事中とのことでしたので確認の意味も含めてしばらく英語でもやり取りをしました。私が冬休みに海外に住む親戚の家に遊びに行くという話をしたら、近くを旅行する予定があるので会いませんかと提案いただき、最初のデートをしました。あった時に緊張して少し手が震えていたのもかわいいなと思いましたし、海外でワイナリー巡りが新しい趣味に加わったので、得意ではなかった英語を一生懸命磨いている、と話されていた感じがとても好印象でした。その日から正式にお付き合いが始まり、1年間の遠距離恋愛後、彼が日本に本帰国した時に婚約、とんとん拍子に結婚しました。遠距離恋愛中に、1度別れの危機もありました。彼が職場の人に相談して、いったん距離を置いた方がいいかなと言ってきたので、「不安・不満があるなら他の人に相談せず、まずは2人で話し合いをしないと、長い人生を共にすることはできない。そういう微調整をしながら、他人同士は家族になっていくのではないの?」と伝えたところ、私が将来を見据えて真面目にお付き合いしているのが伝わったようで、なんとか首がつながりました。因みに不満な内容は、私がふくよかなこと(笑)海外では普通ですが、日本では大きいサイズです。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

わたしは活動期限を決めて、自分の基準も洗い出して、営業活動するつもりで婚活をしました。多分、紹介を待っていたりアプローチを待っているだけでは、人生の伴侶は見つけられないのではないかと思います。アプローチされたい気持ちも十分理解できますが(私もプリンセス願望はありましたw)自分から取りに行く気持ちで本気を出さないと、幸せは歩いてこないんだと思います。喧嘩もしますし、不便を感じることもありますが、私は彼を自分で選んで結婚して今幸せです。