menu

実録!不倫体験談!ぼくは決して悩まない

不倫相手の奥さんから電話がかかってくることはある?

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

私は、単身赴任中の50代男性です。
少し前まで、10歳以上も年下の女性と付き合っていました。
彼女は、4人の子供がいるシングルマザーでした。
彼女は、毎朝立ち寄るコンビニの店員でした。
通勤に車で片道30分ほどかかる私は、毎朝コンビニのコーヒを飲みながら運転するのが習慣でした。
彼女は、毎朝レジに立っていました。
最初の印象は、どちらかというと地味で大人しいタイプの女性でした。
痩身で女性としては背が高く、肌の色が白いことが印象的でした。
20代の若い女性とは違いますが、生き生きとした瞳と少し歳を重ねた落ち着いた雰囲気に惹かれました。
毎朝、コンビニに通ううちに自然と言葉を交わす機会が増えました。
私は、ほんの少しでもいいので彼女を笑わせるようなことを言うことにしていました。
かるい冗談、買った商品を褒めることなど、何か少しだけこちらから話しかけるようにしました。
彼女も、少しづつこちらに関心を持ってくれ始めました。
徐々に、仕事のことや、乗っている車のことなどを尋ねてくれるようになりました。
レジでの清算の合間に、LINEのIDを書いたカードを渡したのはそんなころでした。
彼女からは、夕方、仕事の後にメッセージがきました。
内容は、シンプルなもので、いつも来店してくれることへの感謝とこれからもよろしくというようなものでした。
こちらからもお礼と、仕事お疲れ様というような返信をしました。
その日から、毎日のようにLINEでの会話をするようになりました。
ある時に、彼女を食事に誘いました。
それまでのLINEでのやりとりで、彼女がシングルマザーであることや、4人の子供がいること、自分の実家で両親と暮らしていることなどを聞いていました。
こちらも、単身赴任であることや仕事の話などをしていました。
初デートは、お互いの仕事が終わった後の夕方でした。
軽くビールを飲みながら、いろいろな話をしました。
少し、驚いたのは、彼女が最初からプライベートなことに自ら触れたことでした。
離婚に至った経緯や、相手の酒癖の悪さ、泥沼になって別れた時は、自分にも彼氏がいたことなど・・・、こちらが聞くともなく話してくれました。
そして、同時に、まるで自分に言い聞かせるかのように、今の自分は誰とも付き合えないということを口にしました。
私は、特に驚くこともなく軽くうなづきました。
しかし、結果的にはその日を境に、二人の仲はさらに近づきました。
彼女から交際できないと言われたことから、しばらくはこちらかの連絡を少し控えていました。
コンビニでは今まで通り、話をしていました。
ある夜、彼女の方から相談があるから会いたいLINEがありました。
少し考えましたが、会うことにしました。
そこで、相談されたことはとても驚くことでした。
それは、レイプされかけたので、どうすべきかというものでした。
相手は、彼女が契約している保険会社の担当で、年齢もほぼ同世代とのことでした。
私は、少し引きかけましたが、冷静に友人として客観的なアドバイスをしました。
その中には、相手の上司に訴えることなども含みました。
彼女も大人の女性です。
直後は気が動転したようですが、直ぐに立ち直って、私の助言通りにことを進めたそうです。
もしかしたら、この事は彼女が仕組んだ作戦だったかもしれません。
後で振り返るとそんな気もします。
ただ、そこから私たち二人は本当の意味で男女の関係になったのでした。

【不倫で悩んでいる方へアドバイス】

悩みませんでした。もう過去の話ですが、それを引きずることもありません。私は、ある時から全ての人間関係は水のように流れるものだと悟りました。もう会えないと言われて後も、良い思い出として心の滋養となっています。そして、彼女は今でも自分にとって大切な人です。