復縁のきっかけをLINEで作りたい!おすすめの内容をご紹介

復縁のきっかけをLINEで作りたい!おすすめの内容をご紹介
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
ミナミ

ミナミ

電話占い会社に勤務。占い師と共に多くの恋愛の悩みに触れる。全ての人が恋愛で幸せになってもらうのが願い。

「別れてしまった元彼とヨリを戻したい!」
このように、元彼と復縁したいと考えている女性はたくさんいることでしょう。
一度破局をしている仲ですから、アプローチの方法には最新の注意を払っていることと思います。

その中でも一番悩みやすいのが、「きっかけ作り」ではないでしょうか。別れてからは全く連絡を取っていない場合、何を復縁のきっかけにすれば良いのか分からないはずです。
そこで便利なのが「LINE」です。短い文章を送っても不自然ではありませんし、スタンプを上手く使えば復縁のきっかけ作りを簡単に作れます。

今回は「復縁のきっかけをLINEで作る方法」について詳しく説明をしますので、元彼との復縁を考えている方は是非参考にしてみて下さいね。

復縁のきっかけ作りにLINEは使える?

復縁のきっかけ作りにLINEは使える?

復縁のきっかけ作りは色々な方法があります。バイト先や職場が同じ相手なら、休憩時間に話しかけられますし、よく行くお店が同じならお店で遭遇するのも一つのきっかけです。

しかし全く接点がない相手だと、スマホを使って連絡を取るしかなくなりますよね。LINEも連絡手段の一つですが、メールよりも気軽に使えるため復縁のきっかけ作りには最適です。

そもそも、今はメールよりもLINEを使う人の方が多く、プライベートではメールボックスすらめったに開かないなんて人もいます。せっかく復縁のきっかけ作りをしようと元彼にメールを送ったのに、気が付いてもらわなければ意味がありませんよね。

LINEなら送ってすぐに通知音が鳴るので気が付きやすいですし、短文で返信ができるので本文作成のために時間を取らなくても済みます。

いきなり電話をするのは緊張する、ばったりどこかで遭遇した時に上手く会話できる自信がない、そんな人にLINEを使っての復縁のきっかけ作りはおすすめです。

復縁のきっかけは電話じゃなくてもいいの?

復縁のきっかけは電話じゃなくてもいいの?

復縁のきっかけというと、普通の友達に久しぶりの連絡を取るのとは状況が違いますよね。最終的にはヨリを戻したいわけですから、あいさつだけで終わってしまっては意味がありません。

そう考えると、電話をしたり直接会った方が効率も良い気がするのですが、本当にLINEでも意味があるのでしょうか?

復縁の場合、いきなり親密な話を持ち掛けたり、未練があるオーラを出してしまうと、復縁の告白をする前に相手に避けられてしまう可能性があります。

きっかけとしてLINEで日常会話をしばらく続けておくことで、本題へ入る前にワンクッション置けるのでスムーズにいきやすいです。

もちろん、実際に復縁の告白やアプローチをする時は顔を合わせる必要があります。LINEでのやり取りはあくまでもきっかけ作りなので、それだけ終わらせてしまわないようにしましょう。

復縁のきっかけにできるLINEの内容 その1.他の人の話題を混ぜる

久しぶりに元彼に連絡を取るわけですから、いきなり自分や相手の話題を振るのはちょっと…と感じる人もいます。そんな時はまず、他の人の話題から始めてみると良いでしょう。
例えば、「○○ちゃんが××について知りたいみたいなんだけど、詳しいかな?」と、友達が困っていることを助けるような内容を送ると良いです。
慣れてないうちは他の人の頼み事の方が聞きやすいですし、頼み事なら元彼も既読スルーすることなくLINEを返信してくれる確率が高くなります。

復縁のきっかけにできるLINEの内容 その2.元彼の好きな話題を入れる

特に周りの友達を絡めて連絡することがない場合、元彼の興味がある話題を振るのも一つの手です。好きなアーティストの情報や、食べ物がおいしいと有名なお店の情報を送ると、興味を持って返信してくれる可能性が高いです。
ライブやお店の話であれば、そのまま「一緒に行かない?」と誘いやすいので、復縁の告白までのスピードも早くなります。

ただし相手の反応には十分注意して、あまり乗り気でなさそうならそこでお誘いをするのは控えましょう。

復縁のきっかけにできるLINEの内容 その3.元彼を心配した文章を入れる

元彼とLINEする時は、適度に相手を心配する内容を入れると良いです。例えば、「最近すごく寒くなったよね。○○君は風邪とか大丈夫?」という感じ。
他の人の話題や日常会話ばかりをしていると、自分には興味がないのかと思われてしまいます。男性は意味のない連絡をあまり好まないため、内容の薄いLINEは既読スルーされてしまうこともあります。
復縁したい態度がミエミエもよくありませんが、興味がなさ過ぎるのもきっかけ作りにはなりません。

復縁のきっかけにできるLINEの内容 その4.質問形式で送る

もともとあまりLINEをしない元彼の場合は、質問形式の内容を心掛けると返信率も高くなります。「○○君の家の近くの××ってお店って、夜何時までやってるか知ってる?」など、できるだけ元彼が返信をくれそうな内容を質問してみると良いです。
これだけで終わってしまってはあまり復縁のきっかけにはならないので、できるだけそのあとも定期的にLINEを送るよう心掛けましょう。上記の場合であれば、「この前は時間を教えてくれてありがとう!仕事帰りでも間に合って助かったよ」と後日に送れますよね。
復縁の場合は一度のLINEでは効果が薄いので、しつこくならない程度に送るのがポイントです。

復縁のきっかけにできるLINEの内容 その5.スタンプを上手く利用する

LINEと言えばスタンプが送れるのが良いところの一つですから、上手く利用すると復縁の成功確率も上がります。
朝に送る時は「おはよう」スタンプを一緒に送る、LINEを終了する時は「おやすみ」スタンプを送るなど、使い方はいろいろありますよね。
かわいらしいスタンプを選ぶのも良いですし、面白い系のスタンプを選んで相手の興味を引くのも良いでしょう。
ただし、マニアック過ぎて元彼が分からないスタンプを送ると、スタンプ効果も低くなってしまうので注意しましょう。

復縁のきっかけ作りのLINEで気をつけること


復縁のきっかけ作りのLINEで気をつけること

復縁のきっかけ作りとしてLINEを利用する場合は、下記の項目に気を付けておくと失敗を防げるでしょう。

・いきなり本題に入らない
・スタンプのみを送らない
・意味のない内容は送らない
・返事がなくても何度も送らない
・ 送る時間帯に気を付ける

久しぶりの連絡でいきなり復縁の告白をすると、相手は動揺して拒否してしまう可能性があるのでやめておきましょう。
先ほども少し説明をしましたが、男性は女性とは違ってタラタラと意味のないLINEを送る人は少ないです。
スタンプだけ送る、返信がいらない内容を送るなど、意味のない内容は既読スルーされる可能性があるので注意が必要と言えます。
もしすぐに返事が来なくても、催促のメールを送らないようにしましょう。鬱陶しいと思われてしまうかも知れません。
また、仕事中や夜遅くにLINEを送ると、気が付かなかったり忘れられてしまう確率も高くなります。元彼の手が空いてそうな時間を狙って送るのも、返信をもらうコツです。

まとめ

まとめ

連絡を取る手段としては一般的になりつつあるLINEですが、もちろん復縁のためのきっかけ作りにも使えるものです。
既読スルーが怖くてなかなか送れない人もいますが、今回ご紹介したポイントと注意点を知っておけば、失敗する確率を下げることができるでしょう。

復縁を成功させるには、最初の一歩であるきっかけ作りの段階が最も重要と言っても過言ではありません。元彼とまた楽しい日々が過ごせるよう、LINEを有効活用していきましょうね。


初めて相談される方
今だけ、3000円分無料鑑定プレゼント中!

→電話占い「リエル」はこちら

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?