menu

【不倫体験談】(60代男性)すべてを失うキッカケになった2人の女性との不倫関係の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

最初の不倫相手は職場の新入社員

結婚10年目35歳頃の時、同じ営業部の新人営業事務担当であるA子と出会いました。

私は営業課長になったばかりの時で、A子はたまたま自分の担当になりましたが、事務の仕事は最初は女性事務の先輩が教育するので、A子と直接話す事もなく、しばらくは挨拶程度の感じでした。

営業と営業事務の部屋も別々なので、毎日A子の前にあるホワイトボードに背中を向けて営業の訪問予定を書き込むのが唯一の彼女との接点でした。

ある日ベテランの営業事務の女性から呼び止められて、A子が私の事を聞いてきたと言うのです。『◯◯さんは独身ですか?』…と

『もちろん既婚者でとっても綺麗な奥様がいらっしゃるのよ』と答えておいたそうです。それを聞いたA子は少しショックのようだったと…

それからというもの何故かA子が気になりましたが、直接話すタイミングも無く、当時は携帯電話が出始めで私は持っていましたが、A子は持っていなかったので、相変わらず挨拶程度の毎日が続きました。

しかしついにその日はやってきました。いつものように私がA子に背中を向けてホワイトボードに今日の予定を書いていると…

A子が『私、カラオケ大好きなんです、誰か連れてってくれないですかねー』って事務の先輩に少し大きな声で言いました。その先輩はぐるだったのか、『だったら◯◯課長に連れて行ってもらえばいいじゃない、課長は営業で一番上手いのよ』と言って助け舟を出しました。

当然聞こえてる私は『何何何?』と聞こえなかったふりをして、話の中に入ってしまったのです。

もちろん私は下心いっぱいで、このチャンスは逃すまいと必死でした。

妻とのマンネリに耐えられず不倫関係に…

妻は2歳下で金持ちの長女、10年連れ添い結婚するまでの交際期間は5年なので、かれこれ15年でした。

残念ながら子供ができなかったのでマンネリの空気は感じていました。ただし妻になんの不満もありませんでした。強いて言えば家の中での女性的な魅力に欠けていた事でしょうか。

小さな子供がいれば、おしゃれに気を配る余裕が無いとか、お化粧する暇もないとか、トレパンが楽だとか理解できますが、15年も一緒に居て毎日それだと男としてその気になれないというか、だんだんセックスレスになってきました。

私は元々結婚するまでは、それなりにモテた方で、浮気癖もありました。でも妻と出会って15年間は良い旦那になろう、良いパパになるんだと言い聞かせて仕事に励みました。

そんな時に10歳も若い魅力的で積極的なA子が現れたので、抑制は効きません。奥様を愛していなかったのか?と問われれば、そんなことはありませんと答えますし、じゃあ何故浮気したのかと問われれば、元々の女好きが顔を出してきたとしか、言いようが無いのです。

事務室の公の会話の中で、堂々とカラオケに連れて行く約束をした二人はその日から泥沼にハマって行くのでした。

お酒が飲めない私は、高級レストランで食事をし、適当に切り上げてカラオケに行き、ドキドキしながら色々質問していきます。結局歌ったのは3曲程度で、ほとんどが質問攻めだった気がします。というのも彼女とは挨拶程度の仲だったので、個人情報がなにも無かったのです。

どちらかと言えば彼女の方が私に惚れているので、私が既婚者だと知っていても私と二人になりたかったと聞かされて、これはもう口説く必要も無いし、自分が度胸を決めるだけだと気付きました。

さすがにその日はカラオケだけで帰りましたが、次の日からは毎日A子の視線を感じましたし、自分もそれに応えてなるべく多く一緒に居てあげたいと思うようになりました。

でも私は妻を嫌いになった訳でも無いし、今の贅沢な生活を捨てる気もありませんでした。A子も妻と別れて結婚してくれとは言って来ないので、私は調子に乗りました。

するとどうなるか…飲めない私が毎晩帰りが遅くなり、友達が少ない私が土日は友達と遊びに行くことが増えます。しかも泊まりで…

これで浮気を気が付かない奥様は居ないでしょう。妻の態度が変わりました。でも妻は私を愛してるので、何も聞いてきません。怖いからだと思います。私と別れたくなかったのでしょう。

1人では飽き足らず2人目の不倫相手を作った結果…

別れてほしい

普通こうなると、このまま調子に乗って若いA子と上手く遊び、何も言わない妻とも上手くやる二重生活が続くのでしょうが、私は違いました。A子に飽きてしまったのです。それまで真面目に15年も頑張ってきた私はもう消えてしまいました。A子とハッキリ別れもしないで、別の女性(B子)を好きになってしまいました。

B子の事が好きなのは直ぐにA子にバレました。女性の気持ちの切り替えは速いもので、すぐに私はA子に捨てられて、私の後輩と結婚しました。なのでその後輩も私の元から消えました。

でも私にはB子がいます。彼女も私が既婚者であると知っていて、私に近づいてきました。

そうです、B子も私からではなく向こうから愛人にして欲しいと言ってきたのです。

私はまた調子に乗ってA子と同じ様にB子と遊びました。しかし妻は違います。A子の時は自分を押し殺して我慢してましたが、B子に変わったと感じた時は、私を責めました『もう終わりだよ』…と

まるでオフコースの歌のように聞こえました

その時自分の罪を知り、初めて後悔しましたが、時すでに遅し。

唯一心から私を愛してくれていた妻は去り、遊びだったB子も結婚する気はまだ無いと、私の元から姿を消しました。

不倫は本当に誰も幸せにはできません。関わった全員が後悔して、何かを背負って生きていくことになります。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(20代女性)今だから明かせる父親のダブル不倫話