menu

【不倫体験談】(20代女性)所帯持ちの年上男性と不倫関係になった時の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

2人きりでの食事を重ねるうちに仲を深めていく

数ヶ月前まで奥様とお子様がいらっしゃる40代の男性と不倫関係にありました。出会いは私の勤め先である飲食店です。

常連様として彼がよくいらっしゃっていて少しずつ話すようになり、ある日お食事に誘われました。初めて2人で食事に行った時に彼の口から直接、奥さんとお子さんがいらっしゃることを聞きました。

しかしその当時は私も彼を恋愛対象としては見ていなかったので特に何も思っていませんでした。

その後も数回、彼のお友達や部下の方も交え、食事会や飲み会に誘われるようになりどんどん仲が深まっていきました。

そして久々に2人きりで会いたいと言われ、ホテルのディナーにいきました。

彼から告白を受けて正式に付き合う事に

ラブラブなカップル

そこで「正式に僕の彼女になってくれませんか。」と告白されました。私自身、一回り年上の彼の包容力や余裕のある大人な対応に惹かれ始めていたので付き合うことを承諾しました。

彼は「正式な彼女をつくるのは久しぶりだ。」ととても喜んでいるように見えました。

もちろんご家庭があることを十分に理解した上でのお付き合いなので、あくまでも家庭を優先にして私との関係は絶対にバレないようにお願いしました。

彼とは月に2回程度しか会うことができませんでしたが彼は毎回、地方などの出張先に私も連れて行ってくれました。
私も趣味が旅行で、ホテルステイも好きだったので喜んでついて行っていました。

2人で会っている時も毎回本当に紳士的で、肉体関係を持たないこともありました。

綺麗事を言ってもどうせ体目当てなんだろうと少し思っていましてが、そうではない彼の態度に私も少しずつ好きという気持ちが深まっていきました。

会えない時もほぼ毎日連絡をくれ、私を寂しくさせないように最大限の努力をしてくれました。

会っている時にはご家族の話もしたりして、私が笑顔で聞いていると「こんなに理解した上で付き合ってくれる子は君しかいない。」とよく言っていました。

そんな付き合いが半年ほど続いた頃、毎日来ていた彼からの連絡が途絶えるようになりました。

彼の病気をキッカケに不倫関係は終わりに

心に傷を負う

きちんとした理由も告げられず不安になった私は直接電話を掛けてみたところ、彼が体調を崩して入院していることを知りました。

そして、「完治したら必ずすぐ会いに行くからね。」と言ってくれましたが、退院後も連絡はまばら。後から彼の友人や部下から聞いたのですが、奥様とご家族の懸命な看病に彼はひどく感謝していたようで、やはり家庭が一番だと思ったのではないか、ということでした。

そうして直接会うこともなく、私からメールで別れを告げました。とてもあっさりとした最後でした。

不倫相手は結局2番めどころか3番目以降でしかなく、自分が若く綺麗でいられる大切な時期に不倫に時間を割くことがどれだけ見窄らしいことであるか実感しました。

割り切った不倫だったのでこちらも自由に束縛がなかったのはメリットでしたが、やはり女性は心から1番に愛してくれる人にだけ心と体を許すべきだと思います。私はもう二度と不倫をすることはありません。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代男性)夫婦関係が冷え切った時にスタートした現在進行形の不倫関係