menu

【不倫体験談】(30代男性)夫婦関係が冷え切った時にスタートした現在進行形の不倫関係

プロポーズする
The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

結婚6年で夫婦関係は冷え切ってしまう

結婚して6年、子供にも恵まれましたが、いわゆる産後クライシスみたいなことが起こり、妻との関係は冷めきっていました。

そんな中で、同じ会社の女性と関係を持ってしまっています。

今のところばれてはいませんが、いつまではこんなことを続けてはいけないという冷や冷やを感じながらも、すでに妻を女性として見られない中で、自分のことを見てくれる人を話したくないという相反する感情があります。

きっかけは些細なことというか、よくありがちな話ですが、会社の飲み会の帰り、本当にたまたま二人が同じ方向でした。自分自身お酒も入り、相手の人のことはもともと笑うとかわいらしい人だなと思っていたので、おそらく下心もあったのではないかと思います。

LINE交換から始まり次第に深い関係に…

自分から「飲みなおしませんか?」と誘って、二人で近くの居酒屋に行き一緒に飲みました。その日はそれ以上何もありませんでしたが、個人的な話題で盛り上がり、LINEの交換などをしました。久しぶりに異性とデートをした気分になり高揚感を覚えたことを今でも思い出します。

男女の関係には至らなかったものの、特定と女性を二人で食事をしてしまうというのが既にアウトという基準が自分にあったのでしょう。その後から、実際に関係を持つまで1カ月ほどでした。

LINE交換後、その日にお礼の連絡が来て(ごちそうしたので)、その後3日に1回だった連絡のやり取りはすぐに毎日するようになりました。このあたりで、「もしかして向こうも少しはその気がある?」と思い始めました。

二人での食事から3週間くらいで、思い切って再度の食事に誘いました。一応、前の食事の時に話題にのぼった鉄板焼きのお店に行くという口実でしたが、自分としては完全にデートのお誘いでした。向こうからもすぐにOKの返事がきました。

デートの日は土曜日でしたので、妻には「休日出勤」と嘘をついて出かけました。スーツに仕事用のカバンで車に乗って、家を離れてから社内で着替えました。

仕事に行っているはずなので、二人でお昼ご飯を楽しみました、結構楽しく話していましたが、食事も終わりに差し掛かると、二人ともすごく気まずいというか、会話が少なくなったのを覚えています。「この後どうなるのかな?」ときっと考えていたのでしょう。

今でも月1~2のペースで会う関係を継続中

その後、意を決した私から彼女を誘い、関係を持ちました。それから、月1~2回のペースで隠れて会っています。

妻には残業や休日出勤とごまかさなければいけないので、会う曜日や時間はバラバラです。

現在まで関係は続いていますが、コロナ禍による環境の変化で在宅勤務が開始されたこともあり、会うペースはすごく落ちています。向こうから「もっと会いたい」と言われるも叶わず、とはいえあまり期限を損ねて「全部ばらす」となっては困るので、悩ましく思っています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)幼馴染の既婚男性と不倫関係になった話