menu

【不倫体験談】(40代男性)取引先の女性管理職とのW不倫…いつしか真剣な気持ちになっていた不倫関係の末路とは

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

性格がキツイと男性から敬遠されていた彼女

不倫の相手となったのは、仕事で知り合った取引先の女性管理職の人でした。

仕事の上では大変厳しい方だったのですが、女性としてはスタイルもルックスもとてもキレイでセクシーな人でした。

それでも人当たりがきつく、自分にも厳しい反面、他人に対する要求もきついことで、彼女の部下の人達はかなり怖がっていた様子でした。

しかし、そのために誰も仕事が以外で近づく人がいなかったのです。

とんなに美しくセクシーな女性でも性格がきついために、どうしてもダメなのです。

気が付けば近づいていた距離

しかし、ひょんなことから彼女との関係が深まったのです。

彼女の勤める会社との取引が無事に終わり、双方のメンバーで打ち上げをやったのです。

その2次会が僕と彼女の2人。

そこで初めてゆっくりと語り合うことがないできたのです。

実は彼女は仕事最優先で家庭を犠牲にしており、ご主人と上手くいっていなかったことが分かりました。

実は僕の同じような境遇で仕事優先のために夫婦の関係が冷えきっていました。

そうなると、2人が特別な関係に落ちるまで時間がかかっているかかりません。

その夜は2人は特別な関係になりました。

しかも、この日は週末ということもあってか、翌朝まで愛しあったのです。

それから彼女とは定期的に会うようになりました。

仕事は山場を越えたとはいえ、まだ定期的な取引もあったので、彼女の会社に行くことは問題ありませんでしたし、周囲の人達に怪しまれることもありませんでした。

体の関係を持つ

転勤が決まり、関係は終わりへと…

そんな関係が約2年ほど経ったころ、僕の転勤決まりました。

単身赴任ではなく嫁も一緒に引越することになったのです。

単身赴任だと、またこちらに戻り彼女と会える機会も作れるのですが、それができなくなったのです。

2年の月日はとてもお互いの存在を大切に思える時間をくれました。

彼女とこのまま真剣に歩いて行こうかとも思っていたのですから、いくら不倫と決めつけられたとしとも、真剣な気持ちであったことは間違いありませんでした。

しかし、やはりお互い家族を持っている身。

どうしてもいずれは離れなければならないことが来ることが、僕も彼女も分かっていました。

そして、転勤で地方に行く時が彼女との別離の始まりでした。

僕も辛く、彼女も泣きながら、最後の夜を過ごします。

それはもう2度と連絡をしないようにするための最後の最後の思い出としての夜だったのです。

 

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)関係が深まってから既婚を明かされる…その後も彼への気持ちは冷めず…