menu

【不倫体験談】(30代女性)関係が深まってから既婚を明かされる…その後も彼への気持ちは冷めず…

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

私が26歳頃の話です。

当時の私は総合病院で看護師として働いていて、相手はその病院の同じ部署にいた医師でした。

見た目よりも内面に惹かれた出会い

働きはじめて数年が経過し、3年目になった頃の4月、私はその人と出会いました。

その人は見た目はそれほどカッコ良いとは言えないタイプかもしれませんが、明るくて親しみがもてるような感じの人でした。

病院内の同じ部署で出会って間もない頃から、ちょっといいなと思っていました。

なので、歓迎会の帰り道でその人から連絡先を聞かれた時は正直「やった~!」と思って嬉しかったです。

「また今度一緒に飲みにでも行こうよ。」と言われ、その日は何もなくそのまま家に帰りました。

事が発展していったのはその後からです。

1週間後の週末、私はその人から誘いを受けて、夜の街で待ち合わせ。一緒に食事に行きました。

お酒も飲んでいい感じに盛り上がって、ボディタッチなどもしてくる彼。

関係も深まったところで明かされる”既婚者”という事実

その後、2人でホテルへ…。

私は当然のようにその人は独身だとばかり思っていました。

今になって振り返るとそれもまたバカだったなと思います。

その時の会話の流れはよくは覚えていませんが、何かの質問を私がしたのだったと思います。

その問いかけに対して、「えっ?オレ結婚しているよ。ごめん、言ってなかったっけ?」と平然と言われたのです。

その時の私は耳を疑い、一瞬何もかもが停止してしまったような状態でした。

「えっ、うそ…。そんな‥。」

ショックな気持ちと同時に腹が立つ感情もありました。

その頃私は早く結婚したいという気持ちもそこそこあったので、浮気なんて絶対にナシ!と思っていました。

なので、もちろんその後すぐに彼と連絡をとったりプライベートで会ったりすることはなくなりました。

孤独感がつきまとう

好きな気持ちは残っているものの関係は終焉へ

しかし、腹が立つという感情を持ちつつも、やはり心のどこかで彼が好きという気持ちが残っていたのです。

自分から連絡をとらない限りは会わなくて済むような環境であれば、簡単に忘れられたかもしれません。

しかし、私の場合は同じ部署で働いているため、嫌でも毎日のように顔を合わせてしまいます。

一時は結婚していることを隠していたことに対する腹立つ気持ちが優先されて、「もう連絡はとらない!」と心に決めていました。

しかし、結局なんだかんだで私はその人との浮気の道に走ってしまったのでした。

それから浮気は2年程度続きました。

最終的に浮気が終わったきっかけは、彼が他の病院に転勤することになったことです。

寂しいという気持ちももちろんありました。

しかし、「これでさっぱり縁が切られる良いきかっけになる。」と正直ほっとしている気持ちも心のどこかでありました。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(20代女性)お店のお客さんとの不倫…冷静かつ節度を持って付き合う”大人”の関係の実情