menu

実録!20代男性の不倫体験談!人妻の手ほどき…

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

これは私が大学1年生の時の話です。
この頃の私は劣等感の塊でした。
自分好きなところなどは一つもないけど、嫌いな所は100個ある。
そんな人間でした。
この嫌いな所の一つに「女性経験がない」というものがありました。
女性が苦手だというわけではないのですが、私は昔から女性と喋るとひどく緊張してしまい、顔が熱くなってしまうのです。
それが嫌で女性との関わりはどんどん減っていき、いつの間にか19歳で女性経験も彼女も出来たことがない男が出来上がったというわけです。

そんな自分は2年生の夏にマッチングアプリに登録しました。
今考えると少しでも自分を良い方向へ変えたかったのでしょう。
そのアプリは大手のものとは違い利用者数も少なく、年齢層は高めというものでした。
写真と名前を登録した私は女性に手当たりメッセージを送りました。
内容はとても幼稚なもので端的に言うと「経験をさせてください。」というものでした。
もちろんそんなメッセージに返信が来ることはなく私は意気消沈していました。

風俗で卒業することを考え出したある深夜です。
寝室でスマホを触っているとそのマッチングアプリから一件のメッセージが来ていました。
「いいですよ(笑)」
最初は文章の意味が分からなかったのですが、すぐに理解しました。
私に経験をさせてくれるという事です。
当時の私には最高にうれしい出来事だったのでしょう。
布団の上でガッツポーズをしていました。
女性の名前はHさん。プロフィールには30代とだけ書いてありました。
Hさんの写真は後ろ姿だけでどんな人か分からなかったのですが、
すぐに連絡を返しました。
初めて連絡がきたことが嬉しかったのです。まるで自分の全てを認められたような気分でした。
会う日時と場所を私が決め、Hさんから了解をもらいました。
指定した場所は自分の家から一番近いコンビニでした。車を持っていなかった自分はその場所まで歩いて向かいました。いつも行くコンビニにあれほど緊張して向かったことはその時が初めてです。
まだ昼の2時頃だったと思います。コンビニにつくと入口の横に黒いワンピースを着た女性がスマホを触りながら立っていました。
年齢は30代後半、最初の印象は「昔は可愛かったのだな」でした。
彼女は綺麗目というよりは可愛い系の顔で瞳が大きく、髪色は茶髪でした。
昔はよくモテていたのでしょう。
しかし今は見た目にお金を使っておらず、
何年も同じワンピースを着回しているようでした。
「Hさんですか?」
私は震えた声で彼女に尋ねました。
彼女はすっとこちらを見ると恥ずかしそうに「はい」と答えました。
数秒の間無言が続きましたがHさんが「じゃあ行きましょうか」と言うので
私はうなずき彼女の車に乗り込みました。
車の中での会話はほぼ覚えていません。
ただ僕は異常に汗をかき、彼女に笑いながら心配されたことだけ覚えています。

私たちはコンビニから30分ほどの所にある古びたラブホテルに行きました。
そこからはあっという間でした。
シャワーも浴びずにベットに入り、私は卒業しました。
感想としてはこんなものかでしたが、彼女はとても満足したようでした。
一緒に風呂に入った時彼女は恥ずかしそうに自分の話をしてくれました。
夫とは2年前からレスだということ、たぶん浮気をしていること、最近人肌が恋しかったこと、5歳の息子がいること。
「息子がいるのに何してるんやろうね」
笑いながら言ったその言葉には悲しみだけが含まれていました。
Hさんには家の近くの道で下ろしてもらい、その場で別れました。
最後に彼女は「早くかわいい彼女作りなよ」と残して去っていきました。
なぜか私は卒業した嬉しさより彼女への同情心が出ていました。
彼女と会ったのはそれっきりです。

今では私も彼女ができ、充実した学校生活を送っています。
でもたまにあのコンビニを通るとHさんのことを思い出してしまいます。

【不倫で悩んでいる方へアドバイス】

私は一度だけでしたが、回数が増えると悩みは大きくなると思います。すぐにその関係を切った方がいいと思います。