占いはどこまで信じたらいいの?迷った時の恋愛占い活用術

The following two tabs change content below.
ミナミ

ミナミ

フリーライター。学生時代から占いの魅力に惹かれ、これまで鑑定を受けた先生は150名を超える。占い師たちからのアドバイスも取り入れながら数多くの恋愛を乗り越えてきた自身の経験を活かし、いまは占い専門ライターとして活動中。自分でもこっそり占いを勉強中。

こんにちは!占い専門ライターのミナミです。

わたしは大のつく程の占い好きで学生の時から、事あるごとに占いを受けに行っていました。累計でみてもらった先生は150人を超えます(笑)

女性はみんな、占いが好きですよね。今回は、占いをしてもらったことがある人なら誰でも一度は考える質問にお答えしようと思います!

あなたは占いをどこまで信じますか?

「占いで、いまの彼との相性が悪いという結果が出てずっと気になっている」

「占い師から言われたことを、信じるべきかどうかわからない」 

占いの結果を言われても半信半疑で、どこまで信じたらよいのかわからなくなる時がありますよね。特に悪い結果が出てしまった時はなおさらです。
 
 
もともとそれほど占いは信じないという人ですら、悪い結果を言われれば気になって何も手につかなくなることもあります。
 
 
 占い師を信じるのか、信じないのか。そして、このあとどう行動するのか。
 
 
これは今後のあなたの恋のゆくえに大きく影響することですのでとても大事な選択になります。

 「占い結果=自分の未来」ではない

世の中にはたくさんの占い師がいます。

持っている占術もさまざまで、霊感やスピリチュアルを使う人から、タロットカード、中国系の四柱推命や易を使う人などその種類は数え切れません。

ただ共通しているのは、どの占術の占いでも「絶対の結果は存在しない」ということです。
 
 
確かに占い師というのは、わたしたちにはない不思議な力を持っている人たちです。
 
 
いまの状況をズバズバと当てられたり、ハッとするようなことを教えてくれる先生もたくさんいます。
 
 
しかし、占い結果というのは「いまのあなた」に対して出たものに過ぎません。これからのあなたの行動しだいで、結果が変わる可能性があります。
 
 
なぜなら、わたしたちには自分の意志があるからです。意志は行動を変えます。行動が変わればもちろん運命も変わってきます。

 占いの役割は、回避策を知ること

「絶対の結果が存在しないなら、占いになんの意味があるの?」

 そう思った方もいるかもしれません。

しかし、先ほども言ったように占い師は私たちにはない力を持っているのは確かです。
 
 
ビックリするほど当たっている占い結果を言われることもあります。みなさんも一度は経験しているかもしれませんね。
 
 
占いで良い結果が出た時は、もちろん嬉しくなります。思った通りの未来が来ればなんの問題もありません。信じて突き進めば良いでしょう。
 
 
問題は結果がよくなかった時です。その時はやはりなかなか受け入れられずにへこんじゃいますよね…
 
 
しかし、この時こそが占いを最大限活用すべき時なのです!
 
 
良い占い師さんは、「悪い結果」だけを伝えるのではなく、
 
 
「悪いけど、どうしたら悪くならないか?」を的確にアドバイスしてくれます。
 
 
そこにじっくりと耳を傾けてみてください。
 
 
アドバイスをもらったら素直に受け止めて、検討してみましょう。
 
 
そして行動してみると、もしかしたら良い結果にかわってくるかもしれません。
 
 
つまり、
 
悪い占い師=「悪い結果だけを伝える占い師」
良い占い師=「悪い結果と合わせて、現実的な回避策を教えてくれる占い師」
 
 
こういうことになります。
 
 
もちろん誰もが幸せになりたい!と思って占いをしにいくわけですので、どんな占い結果であろうとより良い方向へと進まなければ意味はありません。
 
 
 自分が選択するための判断材料を与えてくれる。それが占いです。
 
 
占い師からもらった情報をもとに、行動を決断していくのは自分自身でしかないということです。
 
 
 ちなみに、複数の先生に占ってもらうこともオススメの方法ですよ。
占い師によってもらえるアドバイスが違うこともあって、それがとても役にたつことがあるからです。

自分の未来を創るのは、自分の選択

実はわたしにも、過去に悪い鑑定結果を言われたことがあります。

留学中に知り合った彼とわたしは付き合ったのですが、その後日本に帰ってきてしばらくしたタイミングで占い師にみてもらいました。

離れているのでとても不安だったのですが、結果を聞いて撃沈。。。

その時はたしかタロットカードでみてもらったのですが、ことごとく良いカードが出ませんでした。
 
 
育った環境や文化が違うということもあって彼とわたしは正反対ともいえる性格で相性は最悪。(自分でも薄々感づいてはいましたが…)
 
 
残念ながら思い当たる現状も当たっていたので、ますます不安になりました。
 
 
その時は先生から、別の男の子と出会う可能性も十分に視えるということを言われました。
 
 
しかし、やはりわたしは彼が好きだったのでお付き合いを続行することを選択しました。
 
 
もちろん、その分たくさん努力してきましたよ。
 
 
相性が悪い部分があるということがハッキリとわかったので、彼とうまくいくようにアドバイスも活かしつつ試行錯誤してきました。
 
 
結果的に彼との関係は、以前のように不安を隠し合うような関係ではなく、より結びつきが強まってお互いに信頼しあえる関係になってきたと感じています。
 
 
今では、この道を選んで心から良かったなと思っています。
 
 
何度かアドバイスをしてもらった占い師さんにも、とても感謝しています。この先もきっとうまくいくと信じています。
 
 
悪い占い結果が出たとしても、わたしのような例もあるということです。
 
 
逆にいえば、たとえ良い占い結果が出た場合であっても、
 
 
努力をやめてしまったり、怠慢になってしまえば、せっかくの良い未来も消え失せてしまうということもあるのです。

希望はなくならない!希望を信じよう!

過去は変えられませんが、未来は変えることができます。

占いはその未来をより良くつくるためにあるものだと、わたしは思っています。
 
 
「当たるも八掛け当たらぬも八掛け」という言葉がありますが、占いは当たる時もあれば外れる時もあります。
 
 
占いを信じるかどうか迷った時は、ぜひこの言葉を思い出してみてはいかがでしょうか?
 
 
占い結果を信じる信じないというよりも、
 
 
自分で希望を信じるということの方がよっぽど大切です。
 
 
そうすればどんな未来も創っていくことができるからです。占いはその道標となるものです。
 
 
みなさんもぜひ占いをうまく活用して、明るい未来を創っていってくださいね!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました!
あくまで、わたしの経験をもとに書いたことなので、どこまで信じるかはご自身で決めてくださいね(笑)!
 
恋愛の悩みを電話占いで解決してみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ミナミ

フリーライター。学生時代から占いの魅力に惹かれ、これまで鑑定を受けた先生は150名を超える。占い師たちからのアドバイスも取り入れながら数多くの恋愛を乗り越えてきた自身の経験を活かし、いまは占い専門ライターとして活動中。自分でもこっそり占いを勉強中。