既婚者の男性に片思いするとなぜ女性はこんなに苦しいのか

既婚者の男性に片思いするとなぜ女性はこんなに苦しいのか
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。

恋愛にはいろいろなカタチがあります。基本的に恋愛は心がウキウキして、毎日が楽しくなるものです。

しかし全ての恋愛のカタチがハッピーな気持ちになるものかというと、決してそれだけではないのが事実です。

幸福感でなく、苦しさを感じてしまう恋愛のパターンの一つが、既婚者との恋愛です。いわゆる不倫というやつですが、その中でも両思いにならず既婚者に片思いしてしまうパターンというのも、苦しさが増してしまう恋愛ではないでしょうか。

今回は「既婚者への片思い」についてお話ししていきましょう。

既婚者に片思いして苦しくなってしまうきっかけは

既婚者に片思いして苦しくなってしまうきっかけは

既婚者の男性との恋愛といえば、一番よくあるパターンが社内での恋愛です。年上の上司と仕事で長時間行動を共にしていると、ふとした隙にそれが恋愛感情へ変わってしまうというのは、ありがちな話です。

特に仕事で尊敬していてバリッと仕事をこなしている上司と、業務を終えてディナーを共にした時に、素顔のプライペートをちらりと垣間見てしまうと、普段と違うそのすこし緩んだ姿に母性本能がくすぐられてしまうという話はよく耳にします。

しかし、だからといって必ずしもそれが両思いに発展するとは限りません。むしろ、上司が理性的な人であれば、さらに既婚者であれば、リスクを伴う不倫関係は積極的に望まないということもあります。

では一体どんな時に既婚者に片思いしてしまうのか。まずはそのパターンをあげてみます。

既婚者が振り向いてくれず片思いで苦しい

既婚者が振り向いてくれず片思いで苦しい

これは既婚者のことを好きになってしまったけれど、相手が全然相手にしてくれなくて苦しくなるというパターンです。相手の既婚者が現実的で、理性てできであればこれはある意味当然の反応ということができます。

不倫というのは社会的にも、そして法的、経済的にも大きなリスクを含んだ恋愛のカタチです。それをちゃんと理解している男性であれば、自分が既婚者にも関わらず、結婚相手以外の女性と恋愛するのは自ら望まないはずです。

しかし、これまで既婚者との恋愛を体験したことのない女性となると、そのあたりの事情をきちんと分からず、つい一時の感情に流されてどうしても振り向いて欲しい、片思いのままでは嫌だとそれ以上を望んでしまいがちです。

既婚者との恋愛の初心者に限らず、一度既婚者との恋愛に失敗したのに、また次の相手が既婚者になってしまう、という女性もよくいらっしゃいます。

これは、既婚者との恋愛というのが、とっても刺激的であるというのが理由です。既婚者との恋愛は、それが相手の家庭や職場にバレたら、大きな問題となります。そのスリルが、既婚者を無意識的に望んでしまっているんですね。

そんな「既婚者依存症」とも呼べる女性が、片思いしてしまうと、基本的に相手が振り向いてくれるまでその相手にアプローチし続けてしまいます。

片思いの相手の既婚者と一夜限りの関係で苦しい

片思いの相手の既婚者と一夜限りの関係で苦しい

また、既婚者の相手と仮に結ばれたとしても、その関係が一夜限りの体の関係だけになってしまい、そのあと全く発展しない=片思いのままで苦しい、という話もよく聞きます。

男性は基本的に、精神的な繋がりよりも肉体的なつながりを重視します。さらに、肉体的な関係も一度結んでしまえばそれで満足してしまって、そのあとは積極的に求めてこないということもよくあるのです。

女性としては、せっかく大切にしていた「自分」を差し出したのだから、それに見合うだけの関係をその後も望みがちですが、男性からすれば、一度してしまえばもう満足、というのが本音なのです。そうなると女性が既婚者の男性を恋愛対象と見てしまうと、それは苦しい片思いになってしまいますよね。

もちろん一夜限りでなく、それ以上を男性が期待するほどの魅力があればその後の発展もあるかもしれませんが、それはそれで本格的な不倫への道を進むわけですから、ある意味苦難の道でもあることは忘れてはいけません。

既婚者が本気になってくれず片思いで苦しい

既婚者の男性との関係がうまく進んだとしても、相手があなたに本気になるかどうかはまた別の話になります。

女性が不倫する際には、「これは浮気ではなくて本気よ」と自分に言い聞かせ、正当化するために自らに「本気」を求めるのですが、男性の思考はこのような発想にはならないのが普通です。

男性が女性に求めるのは精神的な本気度ではなく、肉体的な繋がりだったり、自分の都合のいい時、例えば仕事でミスをして慰めて欲しい時とか、疲れて癒されたい時に望むことをしてくれる相手を求めています。

言い換えればそれは本気とは程遠い、自分勝手で都合のいいパートナーが欲しいということなんですね。

ですから、女性から見ると本気になって欲しい相手、それが既婚者であればなおさら、本気にはならないというのが普通なのです。

既婚者に片思いして苦しい時にはどうすればいいのか

既婚者に片思いして苦しい時にはどうすればいいのか

さてでは、既婚者に片思いして苦しい時にはどうしたらいいのでしょうか。

ここまで書いてきたように、既婚者との恋愛、つまり不倫関係の恋愛というのは、「百害あって一利なし」というのが現実です。

ドラマや漫画、小説などでよくテーマとして扱われる不倫ですが、その手の物はあくまでフィクションに過ぎないということを忘れてはいけません。フィクションですから、実際の法的な問題や、リアルな人間関係というものはある意味無視されて語られています。

実際に不倫となると、それがバレた場合の慰謝料がいくらなのか、あるいは既婚の同僚や上司との恋愛だった場合会社の中の人間関係がどこまで壊れるか、場合によっては職を失ったり左遷されたりというリスクがあることを、リアルに理解して不倫している人はほとんどいません。

恋愛というのはどんな形でも同じですが、最初のしばらくの期間は全く理性や理屈で割り切らずに、感情だけで突っ走ってしまいがちです。

話を元に戻せば、既婚者に片思いして苦しいと言っても、実はその苦しみは不倫がばれて修羅場を迎えた時の苦しさに比べれば、それほど大したものでもないということを、まず知っておくべきでしょう。

既婚者には片思いしないと決めていれば苦しい思いはせずに済む(まとめ)

さて、今回は既婚者に片思いして苦しいパターンについて書いてきました。既婚者に恋をしてしまい、それが片思いゆえに心が苦しくなってしまうというのは、気持ちとしてもよくわかります。

しかしよく考えてみてください。既婚者への恋心は片思いのうちが花なのです。

ここで説明しているように、既婚者との恋愛は「いばらの道」です。盛り上がっている間も、どこかで後めたい感情があったり、それが万一バレてしまった時のことを考えれば、どう考えたって割が合わないのが不倫なのです。

ですから、むしろ片思いのままでいる、あるいは早くそれを終わらせて思い出の中に閉じ込めてしまうのが、既婚者との恋愛の一番きれいな方法ということを理解しておきましょう。

もしどうしても苦しくて辛いというのであれば、もっと外の世界に目を向けてください。

今の自分がそこまで既婚者にこだわっているのは、既婚者とのスリリングな関係を無意識で望んでいるだけで、それもまた人間の本能としてつい刺激を求めてしまっているだけだからなのです。

まずはあなたが心を寄せている相手の「既婚者である」というフィルターを外してみましょう。案外既婚者だから、という理由だけでその相手を恋愛対象としてみてしまっているだけかもしれません。

本来の人間として、男性としての魅力をちゃんと見分けることができるようになるのも、女性として幸福な生き方を手に入れる大切な能力です。

既婚者とは片思いしない、と決めることこそ、苦しさから抜け出す唯一の方法なのですから。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。