menu

復縁が成功しやすい期間はこれだ!タイミングも考えてみた。

復縁が成功しやすい期間っていつ?どのくらい?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

どんな相手との恋愛も、必ずしもずっと上手くいくとは限りません。時には破局を迎えてしまうこともありますが、相手への想いが強いと「復縁」を願いたくなるものです。

元彼との復縁を成功させるには、復縁に踏み切るタイミングが重要になります。タイミングとは、簡単に言えば「別れてからどのくらいの期間で告白するのか」ということです。

期間が短すぎたり、反対に長すぎたりすると復縁の成功率も下がってしまうので、慎重にタイミングを見計らわなければなりません。

今回は「復縁が成功しやすい期間」について詳しく説明しますので、復縁したいと考えている人は是非参考にしてみて下さいね。

復縁を成功させるのに期間が必要な理由

復縁を成功させるのに期間が必要な理由

ところで、なぜ復縁を成功させるにはある程度の期間が必要なのでしょうか。それは、別れたあとには、まず気持ちの整理をする必要があり、その後にまたお互い必要だと感じなければならないからです。

性格によっては気持ちがコロコロ変わる人もいますが、復縁のように大きな決断は短時間ではできません。別れ方によっては、あなたに対して怒りや不満などのネガティブな気持ちを持っていることもありますから、まずはその思いをなくす必要があるのです。

友達のように普通に接するだけなら気持ちを整理するだけでも良いでしょう。しかし復縁となると、またお互い恋をするようなものですから、こちらも1週間や2週間で気持ちが切り替わるものではないと言えます。

期間が必要ない程度の別れなら、そもそも破局する必要はなかったとも言えるでしょう。

復縁を成功させるための「冷却期間」とは?

復縁を成功させるための「冷却期間」とは?

復縁を成功させるために必要な期間のことを「冷却期間」と言います。先ほどの説明を読めば分かると思いますが、お互いの気持ちを冷却する期間という意味ですね。

気持ちが不安定な状態でも、人によっては復縁できることもあります。しかし、その場合はまたすぐに破局してしまうことが多いです。

スッキリしない気持ちのまま復縁すると、以前に付き合っていた時の不満が解決できていなかったり、お互いの必要性をちゃんと認識していないため、「やっぱりムリかも」という気持ちになりやすいと言えます。

冷却期間の間に相手に彼女ができてしまうかも、と心配な気持ちになるのはよく分かります。でも、急いでアプローチをしたからって復縁の成功率が上がるわけではないのです。

寂しいかも知れませんが、適切な冷却期間を置くことが復縁の成功率を上げる一番の方法になります。

復縁成功率が高まる冷却期間はどれぐらい?

復縁成功率が高まる冷却期間はどれぐらい?

それでは、復縁を成功させるには一体どれぐらいの期間を置けばよいのでしょうか?パターンやポイントをいくつかまとめてみましたので、是非参考にしてみて下さいね。

3ヶ月以上待つのが鉄則

どんなに自分の感触としては「いい感じ」と思えても、3ヶ月以上は期間を空けることをおすすめします。私や私の周りの友人の経験からも言えることですが、3ヶ月以内に復縁をしてもなかなか長続きしないというカップルが多いからです。

カップルの倦怠期は3ヶ月ごとに訪れるとよく言われますよね。人の気持ちは3ヶ月単位で大きく変わるので、3ヶ月未満だと以前に別れた時の気持ちが上手く整理できていないことがあるため、復縁に失敗する、もしくは成功しても続かないという事態を招くのです。

まずは3ヶ月じっくりと期間を置いて待ちましょう。

3ヶ月以内は一切連絡を取らない

3ヶ月間の冷却期間でもう一つ大切なポイントがあります。それは「一切連絡を取らないこと」です。できれば、別れてから一度も連絡を取らないというのが望ましいでしょう。

もちろんSNSにコメントを残すのもNGです。同じ会社やバイトで顔を合わせないのが難しいという人は、あいさつ程度にとどめておくようにします。

冷却期間で大切なこと

冷却期間で大切なのは、
・冷静になって相手について考えること
・お互い必要性を感じること
この2つです。会って話をしたり中途半端に連絡を取ってしまうと、どうしても感情に流されやすくなります。

感情が入ってしまうと正しい判断ができなくなってしまうので、できるだけ別れた彼氏との連絡は取らない努力をしましょう。

別れてから6ヶ月後がちょうどいい

3ヶ月の冷却期間を終えて、そこから3ヶ月ぐらい経過した時が最も復縁しやすい期間だと言えます。気持ちの整理がつき、「寂しいな」とか「彼女が欲しいな」と思い始める時期だからですね。

このタイミングで復縁を迫ると成功する確率が高く、その後も安定したお付き合いになる可能性が高いです。人によっては今まで以上に幸せなカップルになることもあります。

ただし気をつけて欲しいのが、6ヶ月経った時点で別れた彼氏からの連絡があるかどうかです。あなたからのメールに返信はあるけど、相手から送ってくることはないという場合は、もう少し期間を空けた方がよいです。

他に気になる人がいる、もしくは仕事や遊びに熱中していて恋愛どころではない可能性があります。このタイミングで復縁を迫っても成功する確率は低いですから、再びあなたに気持ちが向くまで待ちましょう。

1年以内にはアプローチする

冷却期間が終わってからなかなかタイミングが掴めず、復縁のアプローチができないという人もいます。「失敗したらどうしよう」という不安があると、どうしても尻込みしてしまうからです。

しかし、あまり期間を空けすぎることも復縁の成功率を下げる原因となってしまいます。あなたとのことが完全に思い出になってしまうと、新しい彼女を探すために動き出してしまうのです。

タイムリミットは「1年」。1年を超えると成功率はガクッと下がってしまうので注意しましょう。ダラダラ先延ばしにしてもいい結果にはなりません。

復縁するならどの期間内のタイミングが成功しやすい?

復縁するならどの期間内のタイミングが成功しやすい?

3ヶ月以上1年以内にアプローチをすることで成功率が高まる復縁ですが、その期間内のどのタイミングで告白をすればさらに成功しやすいのでしょうか?

まず1つ目は「イベント行事付近」です。夏のレジャー付近の季節やクリスマス、バレンタインの時期は「恋人が欲しい」という気持ちが高まります。相手の誕生日もおすすめです。そんな時、元彼があなたのことを気になっていると、普通の時よりも復縁を受け入れやすくなります。

2つ目は「元彼と久しぶりに会う時」です。すぐ会える距離に相手がいない場合、別れてから連絡は取っていても、面と向かって会う機会がないこともあるでしょう。相手に「久しぶりに食事に行こう」と誘ってみてOKをしてくれたら、そのタイミングもベストだと言えます。

あなたとの復縁を考えているなら、久しぶりに顔を見た時が一番感情が高まっていますから、復縁したいという気持ちも高まりやすいです。再会する時は、服装やメイクなども気合いを入れて準備しておきましょう。

この2つのタイミングを狙えば、より復縁が成功する確率も上がるはずなので、是非参考にしてみて下さいね。

まとめ

別れた相手との復縁は、新しい恋愛よりもハードルが高いことは確かです。

楽しい思い出もありますが、ケンカしたり気まずくなったりと、ネガティブな思い出もあるので、「上手くいかないのでは」という気持ちになりやすいからでしょう。

しかし、期間とタイミングを間違えなければ、難しい復縁でも成功する確率は上がりますから、諦めないことが大切です。前向きに明るく過ごしていれば、きっと幸せな未来は向こうからやってくると信じましょう。


初めて相談される方
今だけ、3000円分無料鑑定プレゼント中!

→電話占い「リエル」はこちら

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?