menu

【不倫体験談】(40代男性)子持ち女性とのプラトニックな不倫関係の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

2人の子持ちパート女性が相手

前の職場で私は独身管理者、相手は既婚、2人の子持ちのパートでした。

たまたま同い年ではあったので、会話も近しく気軽に話せる仲であったと記憶しております。

当時はキャリアメールの時代だったので、文通のように毎日やり取りをしており、仕事の愚痴を毎日対応をしていたのですが、内容は徐々にプライベートに移行し、気づいたら一緒に映画、食事などで出かけるようにもなっていきました。

私、今までも含めて何かに縛られている女性を引き寄せてしまうものを持っているようです。

そして私も彼女もかなりのロマンチストな部分があり、不倫寸前なのであるが純粋さがあるという不思議な感覚で、手を繋ぐのも30代という年齢に似合わず照れ合うという学生感でした。

プラトニックな不倫関係を続けるが…

想いが成就する

ただ、私が当時相手を好きであったかと言えばなんとも言えません、正直そうでもなかったと思います。

しかし、関わっていく中で相手が徐々に好意を寄せているのを露骨に感じ、私自身好かれている人を愛するという特性があり、そのためか、お互いの合意で付き合い始めることとなりました(ここからが公然とした不倫のスタートです)。

しかしながら付き合いだして間もなく彼女に変化はあり、相手の精神の不安定さをメールからも当人からも強く感じるようになってきました。

元々あんなに明るい感じだったのに何かにつけて、もうダメ!全然わかっていない!みたいに悲観的になり、なだめて元に戻るを繰り返し、私自身もそのやりとりにかなり疲弊してきました。

不倫関係は終焉へ

いいタイミングで別れた

そんな中、私自身はほかの関わりで未婚の別の女性に惹かれだし(こちらはこちらでかなりの精神不安定)、不貞リスク等を鑑みるとこちらに移るべき、と感じ不倫の関係を終わりに致しました。

そもそも付き合う際に1つ約束をしていて、あくまで不倫なので、好きな人が私にできて付き合うようになったらこの関係は終わり、としていました。

ただ、私も良くないのは付き合いだして1ヶ月経たないうちにこのようになり別れに至る、要するに不倫が始まる前から色々と並行して多重で付き合っていた、ということになるわけです。

しかも肉体の関係は不倫の方には持たない、というリスク管理も冷静に行っているというのも今思えば最低な男だったと猛省しております。

結果そのツケは40を越えた現在、身に染みて感じているところではあります。一人でいること、女性の理想が高くなってしまっているのがその証拠です。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)職場の既婚上司と普通の恋愛のように楽しんだ不倫関係の話