menu

【不倫体験談】(30代女性)教え子と不倫関係になりかけた話

指摘されて返事ができない
The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

徐々に近づく距離

私は教育関係で仕事をしていましたが、相手は学生として私のクラスにやって来ました。

初めは普通の学生として 他の学生と同じように接していましたが、質問がある、わからないところがあると言ってはよく話しかけるようになってきて、私も熱心な学生は嬉しいですから、喜んで質問に答え、できる限りの時間を割いて教えていました。

最初は授業後に5分程度だったのが10分15分と延び、教員室まで押しかけてくるようになり、帰りも待っているようになりました。

私はその子が(とは言っても、当時の私は26歳 彼も23歳と、さほど年齢はかわりませんでしたが、)遠くから故郷を離れて、学ぶためにやって来たことを知っていましたから、寂しいんだろうなと思い、なるべく付き合って上げることにしました。

これが良くなかったのかもしれません。最初は学校だけだったのが、何かと理由をつけては私に会いたがるようになりました。

自分は既婚者、相手は独身の学生…

私はその時結婚していましたし、何より教える立場のものが1人の学生と親密になりすぎるのは、さすがにちょっとマズイと思い始め、授業が終わってから彼を呼び出し、「私は既婚者だし、教師だから立場的に勉強やそれに関すること以外の相談にはのれない。」という趣旨のことをやんわり伝えました。

すると、いつもはニコニコしている彼の顔が強ばり「分かりました。」とだけ呟いて「すみませんでした。」と言いながら走って行ってしまいました。

私は「悪いことをしたかな…。」とは思ったものの、仕方なかったんだ、お互いのためにこれで良かったんだと思い直し、次の日も授業に出ました。心配していた彼もきちんと出席していました。

それからしばらくはまるでそれまでのことなどなかったかのように、彼から何か言ってくることはなく、私も他の学生と同じように普通に接していました。

しかし、卒業も迫った時期に、卒業に必要な課題が彼だけ出ておらず、彼を授業後に残してやらせなければならない事態が発生しました。

私は「課題ができるまでは帰ってはいけない。終わったら課題を持って職員室にくるように。」と言って職員室に戻り、作業をしていましたが、いつまでたっても彼は来ません。他の先生方も1人帰り2人帰り…ついには私1人が職員室に残ってしまいました。

さすがに痺れを切らし、教室まで見に行くことにしました。「どうしたの❔」と言いながら教室の入口を開けると中は何故か電気が消えていて街のあかりだけが教室を照らしていました。(教室があるのは10階で、都会の真ん中にあるビルだったので外の照明だけで教室内は良く見えるのです。)彼は教室の1番後ろに立ち、窓から表を見ていました。

卒業が近づいてきた頃に彼から迫られるも…

迷惑電話に悩む

いつもと違う雰囲気に、思わず私が近ずき「大丈夫?体調悪いの?」と声をかけると

「先生!なんで結婚なんてしてるんですか!結婚なんてしてなければ俺は!!」と抱きついて来ました。え?ちょっと!これはマズイと思い、何とか彼を払い除け「今はほら!課題出さないと!ね!」と必死に話題をそらそうとしました。

しかし、彼は聞く耳を持たず、「先生は俺のことが嫌いなんですか?」と迫られました。私はパニックになり、「嫌いとか好きとかじゃなくて!私は教師だし!既婚だから!」と必死で言い返しましたが、迫ってくる彼に窓に追い詰められ、逃げ場を失ってしまいました。

気がついたら彼の顔がすぐ目の前にあって「そういうのじゃなくて」と言われ、言い返そうとする私の口を塞ぐようにキスをしてきました。

「ダメ!」直ぐに推しかえすも、じっと見つめられ、またキスをしようとしてきたので私は必死の力を込めて押し返し、「こんなことダメだよ」と言いました。

彼は「ごめん」と言ったあと「これで終わりにするから」と言い、その時の顔がまるで哀願するかのようで、つい私も一瞬抵抗する力が弱まってしまい、そのまま押し切られるように、なし崩しにことをしてしまいました。

終わった後は呆然としながらも一緒に駅まで帰り、何か飲みながら話をしたと思います。

彼はその後、無事課題も提出し、1週間後に卒業していきました。

彼とは本当にその1回でした。というか教師として、既婚者としてこんなことは他にはありません。でも、だからこそ今でも忘れられない思い出です。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(20代女性)ネットで知り合った男性と不倫→離婚して正式に付き合った話