よりを戻すと結婚する確率が高くなる?5つの理由

よりを戻すと結婚する確率が高くなる?5つの理由
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。

女性であれば、いつかは好きな人と結婚をして、幸せな家庭を築きたいと願っている人は多いはずです。ある程度の年齢を迎えれば、彼氏とは結婚を視野に入れてお付き合いを続けていくでしょう。

ところで、よりを戻したカップルの方が、結婚をする確率が高くなるという話を耳にしたことはありませんか?

一度破局を迎えた2人ですから、どちらかと言えばまた上手くいかないのでは?と考える方が普通な気がしますよね。一体どのような理由から、よりを戻すと結婚する確率が高くなると言えるのでしょうか。

今回はその理由を5つご紹介していきましょう。

そもそもよりを戻すって簡単にできるものなの?

そもそもよりを戻すって簡単にできるものなの?

よりを戻すことと結婚の確率についてお話する前に、まずはよりを戻すことについて簡単に説明をしておきます。

よりを戻すとは、その名の通り一度別れたカップルが時間を置いて再び付き合うことです。「別れる=終わり」と考えるのが普通ですから、そもそもよりを戻すのはできることなのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

確かに、よりを戻すことは簡単ではありません。新しく恋人を作るよりもハードルは上がります。しかし、絶対にムリというわけではなく、正しい期間と距離を起くことで、再びお互いを必要とし始めることはあるのです。

普通のカップルが長い時間を共に過ごすのとは全く違った経験をしますから、大変なこともありますがもちろん良いこともあります。

そのメリットから生まれるものの一つが「結婚」なのです。さっそく次の章で、結婚の確率が高くなる理由を説明していきましょう。

よりを戻すと結婚の確率が高くなる理由 その1.信頼関係が強い

よりを戻すと結婚の確率が高くなると言われる理由の一つに、「信頼関係が強いから」というものがあります。破局と言うのは、カップルにとってはとても大きな出来事です。付き合っていれば、別れることだけは避けたいと考えるのが普通ですからね。

破局をしてよりを戻すといういうことは、2人で大きな山を乗り越えてまた新しいスタート切ったということになります。そのため、別れる前のお付き合いよりも、お互いの信頼関係が強くなることがあります。

よりを戻すというのは簡単にできることではありません。「また上手くいかないのでは」という不安を打ち消して決断するものです。前に付き合っていた時よりも、強く相手を信頼する気持ちがなければ難しいと言えるでしょう。

強い信頼感を持った2人なら、よりを戻したあとに結婚をしても不思議ではないですよね。

よりを戻すと結婚の確率が高くなる理由 その2.結婚するために復縁する

2つ目の理由は、よりを戻す時に結婚を視野に入れて付き合うからということです。上手くいかなかった相手とよりを戻す時は、よりを戻すことに対しての明確な理由や目的を考えます。

「なんとなく」でよりを戻すぐらいなら、将来のことを考えられる新しい恋人を見つけた方が恋愛を楽しめますからね。

そのため、そもそも結婚をするためによりを戻すという人が多いのです。よりを戻すと結婚するというよりは、結婚をするためによりを戻すと言うことかも知れませんね。

よりを戻すと結婚の確率が高くなる理由 その3.少しのケンカでは破局しない

一度別れを経験したカップルというのは、ちょっとやそっとのケンカでは破局をしなくなります。もともとケンカが多いカップルでも、「別れた時のことに比べたらどうってことない」と感じる人が多いです。

付き合ってからあまりケンカをしないカップルだと、少し大きいケンカをしただけで、破局したり結婚を踏みとどまることがあります。

一つ大きなトラブルを経験していると、小さなトラブルはあっても気にならなくなるのは、よりを戻したカップルの特徴とも言えるでしょう。

よりを戻すと結婚の確率が高くなる理由 その4.相手のことをよく知っている

お付き合いを初めてすぐに結婚するカップルはとても少ないですよね。反対によりを戻してすぐに結婚を決めるカップルの方が多いのはどうしてなのでしょうか?

それは、相手の良いところも悪いところも全て、お互いよく知っているからです。

一度別れると、冷静になって相手のことを考える時間ができます。離れてみて分かることもたくさんありますし、落ち着いて考えることで相手の悪いところも許容できるようになるのです。

そのような期間を過ごしてよりを戻したカップルは、普通のカップルよりもお互いを理解していることが多いです。

結婚を決める時にも相手の全てを受け入れられるかどうかを考えますが、よりを戻す前に考えている人がほとんどなので、再スタートを切ったばかりでも結婚に進めます。

よりを戻すと結婚の確率が高くなる理由 その5.大切にしたいという思いが強くなるから

「別れ」というのは、どんな理由にしてもお互いツラい思いをするものです。それを乗り越えてよりを戻した場合、「次はもうそんな思いをしたくない」と考えるのが普通ですよね。

そのような考えから、相手を大切にしたいという思いが、前にお付き合いをしていた時よりも強くなるのがよりを戻したカップルの特徴の一つです。

大切にする気持ちが大きくなれば「一生大切にしたい」と考えるようになります。そうすれば、結婚まですんなりと進むのもうなずけますよね。

よりを戻す=結婚がゴールと考えてもよい?

よりを戻す=結婚がゴールと考えてもよい?

では、よりを戻したら結婚まで一直線!と考えても良いということなのでしょうか。それなら、よりを戻した時点でこの先が約束されたと言ってもよい気がしますものね。

しかし、よりを戻したからといって、必ず結婚までスムーズにいくかと言えば、そうではないので注意が必要です。

確かに、よりを戻したカップルの方が結婚する確率が高いのは確かですが、それはお付き合いの仕方によっても変わってきます。

よりを戻した直後は結婚を考えていても、その後のお付き合いが上手くいかなければ、結局また破局を迎えてしまうことだってあり得るのです。

「復縁できた!」と安心せず、相手との結婚を視野に入れている場合は、相手を大切にする気持ちを決して忘れないようにしておきましょう。

「よりを戻す=結婚を考えている」ということは忘れないで

「よりを戻す=結婚を考えている」ということは忘れないで

よりを戻すと言ってもいろいろなパターンがありますから、男性から復縁したいと迫ってくることもあるでしょう。

その時相手の男性は、結婚を視野に入れて復縁したがっているという可能性があることは忘れないでおきましょう。

結婚を考えずに復縁をした場合、相手が結婚をするつもりでどんどん話を進めていくので困惑した、というパターンは多いものです。よりを戻してくれたということは、結婚も考えてくれているということだと思い込んでいるからですね。

もしあなたにその気がないのなら、よりを戻す時にその意思を相手に伝えておくと良いです。もしかすると、よりを戻してすぐに両親に紹介をされる、なんてこともあるかも知れません。

まとめ

まとめ

確かによりを戻すと結婚する確率は高くなるのですが、復縁しないと結婚できないというわけではありません。一度も破局を迎えない方が、余計ないざこざがなくてすみますからね。

この結果から言えることは、「復縁しても結婚できる」「復縁する=結婚を考えている」この2つです。よりを戻すことを決める時は、相手との結婚を考えられる時のみにしておくと、余計な時間を使うことなく、スムーズに「結婚」という人生のゴールにたどりつくことができるでしょう。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

アイコ

女性雑誌の出版社に編集者として10年勤務。 現在は恋愛専門ライターとして独立し、200組以上のカップルを見てきました。自身も恋愛大好き!辛い恋も幸せな恋もいっぱいしてきました(笑) 「いい恋は女性を美しくする」がモットー。