menu

【修羅場報告】(20代女性)押し切られて付き合うなんてことはもう2度としません

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

大学生2回生の時に、高校から付き合っていた彼がいました

私は自分の将来の為の大学の勉強とアルバイトでいっぱいいっぱいでした。

彼に、半ば強引に押し切られた感じで付き合い始めたので、彼との時間も、勉強もアルバイトもすべてが中途半端に感じてしまったので、彼に別れを切り出しました。

どう説明したらいいのか分からないまま、素直に勉強とアルバイトに専念したいと伝えました。

大学でデザインの勉強をしていた私は、自分の能力不足を何とかしたい、とデザイン事務所でアルバイトをさせてもらっていたので、常に時間が足りないと感じていました。

彼は、それでも付き合いたいと言ってくれましたが、専念したかったので、今回は、私が彼を押し切った形で、別れる事になりました。

3回生になり、少し生活にも余裕が出てきました

アルバイトもなんとか役に立ってる時もあるように感じるようになり、楽しむ余裕もできましたが、大学卒業後の事も考え始めないといけないと思うようになりました。

そんな時に、同じような悩みを持った大学の友人と話す機会が増え、情報交換をしていくうちに、仲が良くなり、2人でいるのが自然になりました。

それでも、お互いに忙しくしていたので、あまり会う機会も頻繁にはありませんでしたが、お互いを尊重した関係に不思議と安心もしました。

そんな関係が半年くらい経ち、ゆっくりですが、時間をかけてお互いの理解を深め、付き合うようになりました。

そして互いの一人暮らしの家を行ったり来たりもするようになり、彼が私の家に遊びに来た時の話です。

彼が家に来て5分も立たないうちに玄関のチャイムが鳴りました。

インターホンドアの向こうに別れた彼が立っていました。

怖くて、チェーンも外せずにいると、大声で私を罵り始めたので、家に来ていた彼が、ドアを開けました。

ドアが開くなり、元彼は、彼の側にいる私に襲いかかり服を破き始めようとしたので、彼が止めると今度は彼に襲いかかり馬乗りになり殴り始めたので、私はそれを必死で止めました。

元彼は、私が夢の為に別れたのではなくて、結局、違う男性とヤりたいだけの浅ましい女だと、マンション中に聞こえるような大声で叫び続けました。

結局、元彼は、警察に連れて行かれるまで騒ぎ続け、玄関にあるものを、彼や私に投げつけました。

警察の人にも、ヤりたくなったら、この部屋にきたら、この女がヤらせてくれると、わめき散らしていました。

元彼が連れて行かれて、彼と部屋を片付けながらも、怒りと怖さで、震えが止まりませんでした。

押し切られて付き合うのは、間違っていたと痛感しました。 そんな私の軽率な行動が元彼を傷つけ、彼にも嫌な思いをさせ、自分も辛い思いをしました。

誰もいい思いをしない行動は、とるべきではないと、責任を持って行動しないといけないと思いました。

もっと他の記事を読む→【修羅場報告】(30代女性)オンラインゲームで不倫しました