menu

【40代男性のマッチングアプリ体験談】プロフィールにどれだけ等身大の自分を見せていますか?

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

実際に出会ってみるとあれ??思っていた人と違う・・・

いいひとと出会いたい・・・

この人だ!と思える人に巡り合いたい。

そう思ってマッチングアプリに登録し、

プロフィールを見ると良い人に見えても

実際に出会ってみるとあれ??思っていた人と違う・・・

そんな経験はありませんか?

筆者である私はそんな経験を100件近く体験してきました。

プリフィールはあくまで見せるために作り込まれたモノ。

そのため、実際に会ってみないと、どんな人なのか?は分かりません。

そしてプロフィールをよく見せようと作り込んでしまえば

事前の期待値も比例して上がってしまい、実際とのギャップが生まれやすくなってしまいます。

もちろん、実物と差異がないようにリアルにプロフィールを仕上げるのが1番です。

見栄をはりたい気持ちは十分わかりますが、いざお付き合いが始まったとしても

いつかは見栄が偽りであると見抜かれてしまいます。

まずは等身大の自分をしっかりと記入してみましょう。

実際に出会った人の中でも筆者である私が惹かれた方は、そうしたギャップが良い意味でなかった方でした。

過度にプロフィールを作り込んでいる方は、ある程度見慣れてくると分かってきます。

そうした飾ったプロフィールを書く人よりも、きちんとリアルな一面を出してくれている人の方が

身近な存在で親しみを持って接しやすいものなんです。

とある方と出会った時のお話です。

良い意味でギャップがなくて

そのかたは、市役所に勤務している方で、プロフィールには仕事内容が記載されていました。

ここで大抵の方は

一生懸命地域の方に奉仕しています〜であったり

仕事は楽しく充実しています〜といった前向きな記載をされると思います。

しかし、その方は違いました。

役所仕事というと、やや固いイメージを持たれるかと思いますが、いち庶民です。

仕事内容も書類整理やさまざまな方の来訪者対応、データ入力などで多忙な毎日。

そんな役所内では全く出会いがありませんので応募しました〜

後ろ向きなプロフィールでもなく、キラキラしたプロフィールでもなく

リアルを的確に書いているプロフィールでとても魅力的に見えました。

実際に後日その方とお会いすることになりましたが、

後ろ向きな発言もありませんし、見栄を張ったような言動もなく、プロフィール通りの方で

とても良い意味でギャップがなくてそのままの方でとても印象的でした。

残念ながらご縁がありませんでしたが、今でもとても強くいい印象が残っています。

会うまでのプロセスもとても大事ですが、目的は出会うことではないはずです。

お付き合いをして、ゆくゆくは結婚をすることが目的であるはずですよね?

プロフィールに見栄をはっても意味がありません。

プロフィールよりも実際に会った時の印象の方が何十倍何百倍と頭に残るものです。

きちんと等身大の自分を見せ、ギャップを少なくして出会った方がきっと長く続くと思いますよ!

 

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

出会うきっかけとしてはプロフィールの充実やキラキラ感も大事ですが、人間の本質はそれだけでは語り尽くせないはずです。出会っても長続きしない!と思う方は是非プロフィールを見直してみてはいかがでしょうか?