menu

【20代女性のマッチングアプリ体験談】受け身厳禁、攻めること‥

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

将来の結婚相手を探すのに隠してられるか!

3年前、マッチングアプリをもう一度やってみよう、という気になりました。20代も後半、それまでに彼氏が一人もできたことがなく、結婚だけはしたいという漠然とした目標があったからです。以前マッチングアプリに登録したときは、実際に会ってデートできても、そこから発展しないことが多かったので、アプリを退会し、友達と合コンに行きまくりましたが、それでも私の中の”いい人”には出会えませんでした。

再びマッチングアプリに登録し、以前はプロフィールには書かなかったことも書いてみました。実は私、とある乙女ゲームにドはまりしていて、そのゲームが大好きなオタクであることを書いたのです。以前登録したときはオタクであることが恥ずかしくて隠していましたが、将来の結婚相手を探すのに隠してられるか!と思い、今回はその乙女ゲームへの熱い思いを書き込みました。写真も、友達に「笑顔が素敵」と言われていたのを思い出して、なるべく笑顔の写真を選びました。仕事が終わった日の夜、アプリに登録を終えて寝ました。

翌朝見ると、すごい数の「いいね!」がついていて、びっくりしました。そして、自分を認められたみたいで嬉しかったのを覚えています。

しかし、「いいね!」してくれている人のプロフィールを見て、私は頭を抱えました。私の居住地から遠い人が多く、会えそうになかったからです。私は仕事がパートだったので、あまり経済的に余裕があるわけでもありませんでした。デートの時に全額払ってもらおうとはもちろん思っていなかったのもあり、できれば同じ都道府県の人をと思っていたので、同じ都道府県の人がおらず、悩みました。

そこで私は妹の助言を思い出しました。私よりはるかに恋愛体質だった妹に、「どうやったら彼氏ができるか」を相談したことがありました。その時に妹にこう言われたのです。「受け身じゃいい人は捕まえられないよ」と。

私は大好きな乙女ゲームが趣味の人たちのグループから、同じ都道府県の人を見つけ、自分から「いいね!」をしました。すると相手からも返信があり、メッセージのやり取りにつながりました。そのやり取りの中で同じキャラが好きであることが分かり、盛り上がりました。初めてのデートは喫茶店で、昼間から喫茶店の閉店時間まで話が尽きませんでした。それが今の夫です。

彼氏を探していたときは、相手の仕事とか、年収とか、体型とか、いろいろなことを気にしすぎていたようにおもいます。あと、自分自身にすごく自信がありませんでした。いい意味で自分に自信があることが、自分に合う人を引き寄せることになるのではないかと思います。

ちなみにこの時の私のアプリでのいいね!数は100を超えていて、今の夫に言わせると、「こんなにいいね!をもらっている人が自分のことなんて相手にしてくれるはずがないと思った」とのこと。

自分自身に自信を持つこと、条件にこだわりすぎないこと、それがアプリでいい出会いを探すコツかもしれません。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

まずはプロフィールを充実させることだと思います。そこで嘘をつかないこと。自信をもって、自分自身をさらけ出してほしいと思います。そして、受け身ではなく、自分から相手を探しにいく感じでいたほうがいいと思います。私の経験上、女性が受け身でばかりいると、変な男性ばかり寄ってきます。結婚相手を探すのなら、本当の自分を出してみるところから始めてみるといいと思います。