menu

復縁から結婚して後悔する3つのパターン&エビソード

復縁から結婚して後悔する3つのパターン&エビソード
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
ミナミ

ミナミ

電話占い会社に勤務。占い師と共に多くの恋愛の悩みに触れる。全ての人が恋愛で幸せになってもらうのが願い。

一度お別れをした相手と復縁をした場合、そのまま結婚を考えることもあるでしょう。結婚となると、男女ともに大きな決断になるので、できるだけ先の不安を持たずに決めたいものです。

復縁相手との結婚は、一度破局をしている仲なので、その後も上手くいくのか心配という人もいます。実際のところはどうなのでしょうか?

その答えは「どちらとも言えない」というのが本音です。恋愛の形はひとそれぞれですから、上手く行く場合もあればそうでない場合もあって当然と言えます。

復縁からの結婚を後悔しないためには、相手の男性の特徴をしっかりと抑えておくことです。今回は復縁からの結婚を後悔しやすい3つのパターンをご紹介します。

復縁から結婚した人の体験談もご紹介しますので、合わせて参考にしてみて下さいね。

復縁からの結婚は後悔しやすい?

復縁からの結婚は後悔しやすい?

復縁した相手との結婚は、また同じことでモメてしまうのではと考える人が多いです。破局を迎えた過去があると、どうしても上手くいく姿をすんなりと想像できないからでしょう。

しかし、復縁相手との結婚を後悔している人たちばかりというわけでもありません。結婚後も大きなトラブルがなく、まるで「おしどり夫婦」のように仲良しな人たちもいます。

後悔する人としない人の違いはどこにあるのでしょうか?

それは、復縁をした相手の男性がどんな人かというところに違いがあります。復縁後の結婚を後悔しやすい人には、相手の男性に3つの特徴があるのです。

その特徴があるかどうかを事前に見極めておくことで、結婚後の後悔を防げますので、次の章から説明するパターンをまずは見ておきましょう。

復縁からの結婚を後悔しやすい3つのパターン その1.相手が浮気性

その1.相手が浮気性

相手と破局した原因が「浮気」である場合、例え復縁をしてから浮気の気配がなくても気を抜いてはいけません。今はまだ我慢しているだけのこともあるからです。

浮気性な性格というのは、1、2年など短い期間では直りにくいものと言えます。私の周りでも、結婚してからも浮気性が直らない人はたくさんいますし、浮気が原因で別れてもまだ浮気がやめられないという人がいます。

お付き合いのうちはやり直しも簡単なのでまだ良いですが、結婚後に浮気が発覚すると離婚ということになりますよね。離婚しなかったとしても、その傷はお付き合いの頃よりも深いものになるはずです。

このようなリスクがある相手との結婚は、後々後悔をする確率も高くなるでしょう。

復縁からの結婚を後悔しやすい3つのパターン その2.経済力がない

その2.経済力がない

「愛があればお金がなくても大丈夫」と考えている人もいるかも知れませんが、結婚となると愛だけではなんともなりません。自分だけでなく、子供ができればさらに子供を育てるためのお金が必要になるからです。

復縁の段階では相手に経済力がなくてもお財布は別ですし、一緒に暮らしているわけではないのでなんとかなるかも知れません。しかし、復縁相手と結婚を考えるなら、まずは相手に家庭を養う経済力があるかどうかを確認しておきましょう。

せっかく結婚して楽しい新婚生活になるかと思いきや、お互い朝から晩まで働いてもお金が足りない、なんて生活は避けたいですよね。結婚を後悔しないために、きっちりとお金の面でも現実を見ておく必要があります。

復縁からの結婚を後悔しやすい3つのパターン その3.家事・育児を手伝わない

その3.家事・育児を手伝わない

「家事・育児は女の仕事」という考えもないわけではありませんが、やはり「持ちつ持たれつ」の関係が理想だと私は感じています。大変な時にお互い助け合っている夫婦の方が幸せそうですし、精神的にも支え合っているので絆も深いです。

家事・育児をいっさい手伝わない男性と結婚をすると、責任が重くのしかかりますし、不満やストレスもかなりのもとなります。何も手伝わない夫にイライラするという声はよく聞きますし、それが理由で夫との結婚を後悔している人も少なくありません。

復縁する時はまだそこまで考える必要はありませんが、そのお相手と結婚を考える時は、家事・育児を手伝ってくれるかを見ておくと、後から後悔する可能性も少なくなるでしょう。

復縁からの結婚を後悔したエピソード3選

それでは最後に、復縁相手との結婚を後悔している人のエピソードを3つご紹介します。実際に結婚をした人はどんなところで後悔しているのか、結婚を決める前に知っておくと良いのではないでしょうか。

何かと「仕事だから」が口癖の夫にイライラ!

私は一度お別れをして復縁した男性と結婚をしたのですが、やっぱり他の男性にすればよかったととても後悔しています。

結婚前はお互い実家暮らしで、仕事が休みの土日などにデートをしていましたが、結婚を機会に同棲をすることに。2人とも初めての同棲だったのでワクワク感の方が強く、そのまま順調に結婚をしました。

ところが、結婚をして半年ぐらい経った頃から、何かと「仕事だから」と理由をつけるようになったのです。帰りが遅くなったり土日に出かけたりと、仕事の付き合いだからしょうがない、の一点張り。

私もパートをしているので家事がしんどい時もあるのですが、「仕事で疲れているから」と一切手伝ってくれないのです。

確かに夫の方が長い時間働いているので仕方がないのですが、もう少し手伝ってくれてもいいのになと思います。これから子供ができたら、育児も一人でやらなければいけないと思うと、何だか気が重いです…。

「イクメン」を選べばよかったと、夫との結婚を後悔しています。
(29歳 パート)

浮気性は一生直らない!

お付き合いをしているころから浮気性だった彼。一度はそんな彼に愛想をつかしてお別れをしたのですが、「心を入れ替える!結婚するならお前しかいないから」とプロポーズされて復縁を決めました。

「後悔するかな?」とちょっと思ったのですが、私もそこそこいい年齢だったので、早く落ち着きたくて、彼と結婚することに決めたのです。

でも、本当、結婚しなければよかったととても後悔しています。結婚生活からわずか3ヶ月で彼の浮気が発覚。簡単に離婚をしたくないのでその時は許しましたが、その後も頻繁に浮気が発覚したんです。

つまり、全く心を入れ替えていなかったということ。半年の間に5人もの女性との浮気をしているので、そろそろ本気で離婚を考えています。結婚半年でバツイチになるなら、真剣に相手を探せばよかったと後悔しています。
(33歳 専業主婦)

働いても働いてもお金がない

私は復縁から結婚をした人の一人ですが、旦那との結婚をとても後悔しています。なぜなら、働いても働いても、いっこうにお金は貯まらず、いつも貧しい生活をしているからです。

結婚当初は共働きをすれば普通の生活をして、少ないですが貯金もできるレベルでした。しかし、結婚式を挙げてから2ヶ月後に夫の会社が倒産。実は、結婚を決める頃にはすでに「危ない」状況になっていたみたいなんです。

経済力にまであまり注目していなかった私は、結婚前に気がつくことができず、新婚生活と同時に極貧生活を始めることになってしまい…。夫の再就職先もなかなか見つからず、私だけが正社員として働いています。

こんなことなら、旦那の会社の状況も少しは調べておくべきだったな、と今更ながら後悔している毎日です。
(28歳 正社員)

まとめ

復縁した相手との結婚は上手くいきやすいとも言われますが、それはあくまで結婚に向いている人が相手だった時のことです。結婚に不向きなタイプの男性を選ぶと、後から後悔する確率は高くなりますので十分注意しておきましょう。


初めて相談される方
今だけ、3000円分無料鑑定プレゼント中!

→電話占い「リエル」はこちら

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?