menu

【不倫体験談】(40代男性)不倫は必要悪?相手夫婦の不仲相談から始まった関係

私の不倫の相手は家内のいとこの奥さんです。

学生時代から彼女の事は知っていましたが、私と家内はすぐに結婚。

家内のいとこ、いとこの奥さんとも知り合いでしたが後にいとこといとこの奥さんが結婚することになりました。

しかしながらこの2人の仲があまりよくなくよく相談に乗っていたのが実情です。

相手夫婦の不仲相談から関係が深まる

いつ別れるかなと思いながら私と家内が相談に乗っていたのですが、そのうちに少しずつ彼女との仲が深まってきました。

もちろん、最初から彼女と不倫、もしくは恋愛感情があったわけではありません。

相談に乗っているうちに時折2人で会うことになり、昔話などをしながら楽しい時間を過ごすことがほとんどでした。

彼女にとってはそれが気持ちが紛れたのでしょう。私自身も少しでも彼女を元気付けてあげたいと考えていました。

2人きりで会う機会も…

そんな時、少しフェイズが変わったタイミングがあります。
彼女から連絡があり、少し外で2人で会いたいと持ちかけられたんです。

私も深い考えなく彼女の求めに応じて2人きりで会うことになりました。

最初は夫婦の仲についての相談だったのですが、少しずつ学生時代に私と付き合っておけばよかったと言うような話に変わってきました。

お酒も入り、少しうつむき加減で半分涙ぐみながら会話をしている彼女を見ていると私も少しずつ気分が高まってきます。

2軒目に静かなバーに入り、彼女の手をいつの間にか握り締めていました。

そこからは流れ上、ホテルに入ってしまい体の関係を持ってしまうことになりました。

もちろん、これは誰にも言えることではありません。
また2人の間でもこれはあくまでも1度きりのことだと無言で割り切る状態です。
それから半年が経ちましたが、なんとなく彼女とも気まずい雰囲気がありました。

肉体関係を結ぶ

相手の事を考えつつ関係は継続中

一度きりの過ちだと思いながらも、2人きりで会うこともいまだにあります。

実際に体の関係を持ったのは1度だけでそれ以外は本当に友人として、遠い親戚としての関係です。

これを不倫と言うのであれば不倫かもしれませんが、お互いに家庭を壊したくないこともあり、踏み込むことを避けていることも確かです。

彼女が本当に幸せな状態ではないとわかっている以上、私も少し手助けをしてあげたくなるのですがそれが男女の感情にこれ以上変わらないように自分自身を制しているのが辛い状態でもあります。

これからもこの状態を続けていくことがお互いのためだと思っています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(40代男性)同窓会で再会した元カノとの一度きりの不倫関係とは