menu

【不倫体験談】(50代女性)相手の離婚騒動で揉めながらも続いている不倫関係の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

出会いは20代の頃

私は当時26歳のシングルマザーで、友人の中で釣りが好きな人がいて、子供と一緒に行っていたのですがその中の一人が不倫相手です。

年の差は20歳ほどありましたが、自分自身、母子家庭で育ったため父親に甘えたことがなかったので、娘のように甘えさせてくれる相手と、自然に付き合うようになりました。

相手の人は最初はとしのことを気にしていました。身勝手なことに相手の家庭のことは全く気のなりませんでした。

1,2年したころ相手の家庭にわかり、奥様から嫌がらせが半年ほど続きました。私の親、相手の親、奥様話し合いがありました。離婚にむけての話し合いです。

その条件が全財産を渡すことでした。さすがに受け入れることはできませんでした。相手はかなり悩んでおりました。

相手の離婚問題もひと段落

日に日に憔悴していくのがわかりました。私のほうから今のままで良いと提案しました。

不思議なことに奥様からの嫌がらせはなくなりました。

おそらく奥様は離婚はしたくなかったのではないかと思います。私の親にも今の関係を清算しろとは言われず、彼の親からもひどい事は言われたことはありません。

私の親と彼、彼の親と私の関係は良好でした。ただ、子供の成長につれて世間体は気になりました。それが原因で揉めた事も多々あります。

そんな関係の中、双方の親の死などを経て歪んだ関係は続いております。子供も結婚し、お互い年を重ね病気など患いながらも、二重生活を重ねております。

33年長いようであっという間のように感じます。いつか別れが来ます。それは死だと思います。彼が亡くなっもお葬式等には出ません。最後の別れも出来ないと思います。考えると辛くてくるしいです。

それが奥様に対してのせめてもの償いです。最後まで、日陰で生きます。

子育てと不倫関係の二重生活の末路は…

お互い家庭がある関係

 

私は申し訳ないとは思いますが、後悔はありません。私をこんなにも大切にしてくれた彼に感謝しかありません。幸せだった人生だと思います。

馬鹿だと言われてもひどい女と言われても、来世があるならば、今度こそ成就したいと思います。

でも、不倫は辛く苦しく惨めで泣くことが多いのは確かです。今は静かにお茶を飲みながら穏やかに、互いを思いやり普通の暮らしを送ってます。
さすがにこんなにも長く付き合っておりますと、周りからも誹謗中傷を受けることがなく、普通の夫婦のように思われています。

ただ悲しことに別れの日が近いことも確かです。それを考えると涙が止まりません。こんな我儘な私を大切にしてくれてありがとう。あなた、何もできなくてごめんなさい。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)友人の一声で我に返らされた妻子持ちの彼との不倫話