menu

【不倫体験談】(40代女性)バイト先の店長と不倫関係になった時の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

出会いは紹介された仕事先

大学院生時代に出会いました。

お小遣いくらいにはなるのではと知り合いの方から週2の事務の仕事を紹介されました。

初めて不倫相手となる方に会ったのは知り合いにつれられたその会社に行った時のことです。

夕方、会社に行き、その日は歓迎会だとかで、彼と知り合いと私でお酒を飲みました。

知り合いは彼女飲めるからと私のことを彼に紹介していました。次の出社日、彼が直属の先輩になる方に紹介してくれて、あとはよろしくという感じでした。

その後、社内で彼を見かけることはあってもあいさつ程度で、親しく話すのは知り合いが彼と飲みたい時、男二人で飲んでも仕方ないからと呼び出される感じでした。

2人きりで飲みに行ったことをキッカケに不倫関係が始まる

元カノと飲む

ただでちょっと良いところで飲めるのと、社会的地位のある男性のやり取りを見るのはとても興味深くて、呼び出されればたいてい行っていました。

関係が変化したのは、1年半くらいたったころ、知り合いが海外に行くことになり、彼が行く前、最後のお酒に誘ってもらった時です。

その知り合いとは年齢が若干離れており男女の関係にあるわけではないけれど、色々助けてもらっていました。

にこにこいつも通りにしているつもりではありましたが、寂しく思っていることは二人にはお見通しで、知り合いが彼にプライベートの連絡先を交換して、時々飲みにつれて行ってあげてよと言いました。

私はアルバイトとはいえ上司なので、何、言っているんだろうと思いましたが、断る理由もないので連絡先を交換しました。

そして、知り合いが日本を出発した日、初めて二人で会いました。

特に何かということではないのですがとても新鮮でした。それからしばらくして、いわゆるそういう関係になりました。

このようなことを言うと非難されそうですが、不倫関係と言われる状態になっても罪悪感はあまりありませんでした。

好きでしたが、もともと恋愛に淡泊なことが幸いしたと思います。

しかし、何も求めない私に対して、彼は時々不安になるようでした。

欲しいものを言ってと繰り返し聞いてきたり、突然、連絡がすぐに来てと言ったり、電話に出られなかったら留守電が何回も入っていたりしました。

彼への不信感が目立ち、別れる事に

彼氏と別れる

今、思い出すとずいぶん彼は危うい人だったかもしれません。

付き合いは3年くらい続きました。何事もなければずっと関係は続いたかもしれません。

しかし、彼がご家族と住む家に私を招いたことが、別れのきっかけとなりました。

奥様は出張中とかで、どうしても来てというので家に行ったことが、私に不倫をしていると実感させました。

理由をつけて仕事をやめ、すーっと引きました。彼も察したと思います。

徐々に会う回数を減らして、またねという感じで別れれました。

良い別れかは分かりませんが、傷つけあうことなく別れられたことは良かったと思っています。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(50代女性)パート先の年下男性と不倫関係になった話