menu

【不倫体験談】(30代男性)夫婦関係が覚めてきたときに知り合った同い年の同僚との不倫関係

The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

相手は新しく入ってきた女性スタッフ

10年近く前の話です。私は医療系の大学を卒業し、病院勤務をしていました。最初に勤務したところには3年ほどしかおらず、社会人4年目に違う病院に勤めることになりました。

そこはスタッフ数は多いところでしたが、アットホームな雰囲気でスタッフ同士の仲も良い職場でした。私と同年代のスタッフも多く、途中から採用された私に対しても仲良くしてくれていました。

その頃私には付き合っている彼女がおり、もう直ぐ結婚だというところに来ていました。そこで働き始めて少し経ってから、私もまだ若かったですが、彼女と結婚することを決意し、社会人になって4年目の26歳のころに結婚することになりました。

新婚で幸せな生活を送っていましたが、私の帰りが遅くなることも多く、2年経つ頃には妻の態度もちょっとずつ冷めてきていました。夜の関係も、回数がめっきりと減ってしまいました。

ある日、私ともう一人の同い年の女性スタッフが職場の新人研修を担当することになり、研修会の準備などを一緒にすることになりました。あまり意識していなかったのですが、背が高く(私は170ぐらいしかないのですが、彼女は同じぐらいでした)、色白で、細すぎず、かと言って太ってもいない、ちょうど良いぐらいのスタイル、可愛いというよりは美人という感じの顔立ちの彼女を、時間を共有する中で少しずつ意識するようになってしまいました。

そんな中、研修会も無事に終わり、彼女と一緒にささやかな打ち上げとして近くの居酒屋に飲みにいくことにしました。

あまりプライベートなことは聞いたことはなかったのですが、2人で飲みに行っているので、色々とこれまでの恋愛経験のこと、彼氏がいるのかとか、こっちの結婚生活はどうだとかの話をしました。その日は何もなく、職場の近くで一人暮らしをしている彼女を家の近くまで送り届け、私は終電で帰宅しました。

それから彼女と職場でも話す機会が増え、ますます彼女のことを意識し始めました。なんとなくですが、彼女も好意を抱いてくれているように感じられました。でも向こうも私が結婚していることは当然知っているので、それ以上のことは何もありませんでした。

忘年会で一気に距離が近づく…

しばらく月日が経ち、ちょっと豪華なホテルで職場の忘年会があり、多くのスタッフが参加しました。部署ごとにテーブルが分かれていたので、私も彼女と同じテーブルに座って食事を楽しみました。

忘年会もお開きとなり、そのまま帰るつもりでしたが、後輩たちにも誘われ、2軒目に飲みにいくことに。

もう今日は帰らなくてもいいかなとか思いながらも、まだ終電までは時間があるので、妻には帰りが遅くなることだけ連絡をしていました。

2軒目でワイワイ楽しく飲んでいると、その流れでカラオケに行くことに。

もう帰れなかったら朝までいたらいいか。とまだ若かったので、そのつもりでついていくことに。もちろん彼女もそこにいました。妻には滅多にないことなので、事情を説明し、許しをもらって同行しました。

夜も深まり、8人ぐらいいたメンバーも、まだまだ元気に歌っている子もいますが、ソファーでうとうとし始めている子や、歌には興味なく携帯をいじっている子など、だんだんと静かにはなっていきました。

そんな広い部屋ではなかったのですが、私と同年代は彼女だけでした。話しやすかったのもありますが、彼女は私の隣に座っていました。

彼女も眠くなってきたのか、うとうとし始め、私の肩に頭を寄りかからせています。

どうしようかなと思っていたのですが、その時、みんなから見えない位置で、彼女が私の手を握ってきました。

こちらも、後輩たちから見えていないことを確認し、手を握り返します。

最初は普通に手を重ねていただけでしたが、次第に、お互いの指を絡ませ合う、いわゆる恋人繋ぎみたいになっていきました。

自分の心臓の音が彼女に聞こえてしまっているのではないかと、そう考えると余計ドキドキしてしまいました。

後輩たちもだんだんと元気がなくなっていき、とうとうほとんどが寝てしまいました。1組だけ、男女で楽しそうに話している子たちがいて「仲良いなぁ」とかちょっと茶化していましたが、「そういう先輩も笑」と言われ、照れながらも「いらんこと言うな笑」と言ってごまかします。

すると彼女が「ねぇ。ちょっと外に行こ」と誘ってきたので部屋から出ることに。

夜風に当たりながら、今日は楽しかったねとか色々と話していたら、「私そろそろ帰ろうかなと思ってる」というので、「そか、じゃあ送って行くよ」と、そこのカラオケ店から彼女の家までは少し離れていたので、暗いですし、送っていくことに。

部屋に戻ると後輩たちは全員寝てしまっていました。

とりあえず、うとうとし始めたばかりの後輩に声をかけ、事情を説明し、「俺は職場に戻って寝るから」とお金だけ置いて彼女と一緒に店を出ました。

カラオケ店から職場に戻る途中に彼女の家があります。

家の前まで来たら「じゃあまた」と言ってそのまま職場に行こうと思っていました。

すると彼女が「ねぇ。家で寝てってくれていいよ」と言ってくれましたが、さすがにそれはまずいなと思い断りました。

それでも「寂しいから・・・」ともう一度彼女が言ってくるので、何もしないことを心の中で決意し、家に上がらせてもらいました。

さすがに時間も時間だったのですぐ寝てしまうかなと思いながら、フローリングで横になりました。

彼女はシャワーを浴びにいきました。

その後は流れで身体の関係になりました。

罪悪感を感じながらも転職するまで関係は続く

その後、何度か、仕事の後、私が駅に向かう途中にある彼女の家まで、一緒に帰り、身体の関係を持ってから帰る、ということをしてしまいました。

お互いいけないことをしているとわかっていながら・・・。

その時は燃え上がっているので、止められないのですが、後から考えると妻には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
妻も、帰りが遅くなることが増えていたので、なんとなくは気づいていたみたいです。

彼女とは、私が転職することになり、そのタイミングで会わなくなってしましました。
彼女のことを思う気持ちと、妻に対する後ろめたさで複雑な気持ちでした。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)結婚が上手くいかなかった時に知り合った不倫相手との関係の末路