menu

【不倫体験談】(20代男性)職場に入ってきた年上女性との不倫関係の話

体の関係を持つ
The following two tabs change content below.
信じるから開ける!恋愛占い

信じるから開ける!恋愛占い

恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

パートで入ってきた女性と仲良くなる


出会いは、僕が正社員として勤めてる会社でした。パートとして入社してきた””Aさん””はすぐに誰とでも仲良くなれるようないわゆる「明るいタイプの子」でした。

Aさんが初日にやらされていた雑用を、僕が手伝ったのがきっかけで仲良くなれました。
お互い結婚して子供がいる(子供も同じ歳)ので子育ての話などの共通話題ですぐに意気投合しました。
その日から職場で会う度に、必要以上に目が合うようになっていきました。


※後から聞いたのですが、同い年くらいと思いながら話していたAさんは当時29歳で僕よりも6つも上でした。。。
全然””子””じゃなかった。。。


Aさんが入社して3ヶ月ほど経ったとき、僕がしてる仕事を引き継ぐことが決まりました。
その旨と準備物を伝えるために僕はAさんにLINEを送りました。(電話番号やLINEなどは知っていたけど連絡は全く取ってなかったです。)
すぐに「了解」の返信がきたのですが、必要以上に絵文字が多くてそれについてツッコむように返事をしました。
そしてそのまま別の話題になりその夜は何通もLINEでのやりとりがありました。
その内容の大半がAさんの旦那さんの愚痴でした。

この時から口には出さないもののお互い惹かれ合ってたように思います。
少なくとも僕は気になってました。(だからLINE返した。笑)

翌朝から約半月、仕事の引き継ぎ(外回り)のため二人で車の移動の毎日でした。
そして毎日夜はLINEのやりとりをしていました。

ある日の仕事中、急に距離が縮まる


ある日、お客様先の倉庫の2階で(2階には誰もいない)2人で作業をしていた時、他のお客様から僕に電話がかかってきたので作業の手を止めて電話に出ました。
長電話をしてしまっている僕は、作業中のことで聞きたいことがありそうな顔でこっちに向かってるくるAさんが目に入りました。
あ、待たせてる。申し訳ないな。と思った瞬間!
グッっと顔を近づけてきたAさんは僕の頬にキスをしてきました。
電話対応中にもかかわらず僕は思わず「えっ?」と声をあげてしまいました。
欠かさずもういちどキスするAさん。
そしてAさんは、その場で何も言葉を発することなく僕を見つめて、電話が終わるのを待っていました。

この時正直嬉しさよりも、驚きや戸惑いの方が大きかったです。
いや、やっぱりうれしかったです。

電話の終了後、今のなんだった?と確認してもなんでもないとしらをきるAさんもなぜか愛おしく感じました。
結局その日はそれ以外はなにもなく帰りました。
運転中Aさんの膝に手をおいたら、その手を握ってくれたのもなにもなかったのに含みます。笑

翌日、昨日と同じ現場での作業でした。
仕事がひと段落ついて休憩を挟もうと提案しましたがAさんは手を止めることはせません。
もういいよ。と辞めてもやらうために横に行くとAさんは目を瞑って顔をこっちに向けてきてるはありませんか!!
こんなのもうキスするしかありませんよね。
そして、僕は頬にキスをしました。
目を開けたAさんは、ゆっくりと微笑んでもう一度目を瞑りました。

僕はもう一度頬にキスをして、そのまま唇の方へとゆっくりと顔を動かしていきました。
Aさんの唇はとても柔らかく、暖かかったです。
僕は心の中で「ずっとこうしたかった」と思っていました。

お客さんからの電話で中断されるまでおそらく5分ほど、僕たちは吐息だけを漏らしながら舌を絡めあっていました。


あのキスをした日から二人の距離は急激に近づきました。
LINEでのやりとりも、会いたい。好き。が主な会話となりました。
以降、会社のコピー機や給湯室、倉庫など誰もいないところで二人になると思っきしキスをしていました※キスだけ

ある日会社での飲み会かありました。もちろんAさんも参加です。
この後の流れはあなたもお察しの通り、普段は参加してる二次会を断り2人で合致。
ホテルに向かいました。

初めて職場以外での密室。
それはそれはあっという間でした。
部屋に入ってから出るまで、ほぼずっと僕の唇はAさんの唇とくっついていました。

そこでお互いの身体を知った僕たちは、普段のキスだけでは我慢できなくなってきていました。


お互いに家庭がある僕たちは休日に会ったりなんてできるわけもなく、会いたいけど会えない状態でした。
ある夜、我慢の限界に達した日が来ました。

何を思ったのか僕は今夜会おうと伝えました。
すぐに、会いたけど家族が。とういような返事が来ました。
お互いの家族が寝てからは?というリスクのある提案をしてみました。
Aさんは少し渋ったものの快く受け入れてくれて、その日深夜2時ごろ会う約束をしました。
そうして無事?愛し合うことができました。
車の中で。。。

想いが成就する

月2回の関係を続けるものの、妻にバレて関係は終わりに

これに味をしめた僕たちは月に2回ほど、夜中の密会を続けていました。
もっと頻繁に会いたかったけど、僕の家からAさんの家まで車で往復1時間ほどかかるので…

1度直前で妻が目覚めたので、当時笑杯の真っ最中だったのもありスポーツバー行ってくるといって家を出た事もあります。

職場でのキス、飲み会の日のホテル、夜中の車。
だけど、楽しい時間は長くは続きませんでした。

何か怪しい。と感じたのか妻が僕のスマホを急にチェックしたのです。
LINEを見られたわけです。
こまめに消してはいたけど、毎日は消せてなく。。。

妻大激怒
Aさんと妻、電話で話す
Aさんの旦那さんと妻、電話で話す
僕と妻、Aさんと旦那さん4人で話し合う。

申し訳ありません。ここら辺のことはあまり覚えてないです。
発覚から、3日ですが超絶長く感じました。
浮気がバレたのは初めてではなかった(また機会があればお話しします)のですが、今までで一番怖かったです。

4人の話し合いの場でも2人で話し合う時も声を荒げる事もなく、たんたんというのが怖かったです

4人で話し合ったのは喫茶店だったのは覚えてます。
いまだにその喫茶店通ると恐怖を思い出します。

その話し合いで、もう2度と合わない連絡も取らない。とお互いのパートナーに約束をして、Aさんはパートを退職することになりました。
裁判や離婚沙汰にならなかったのは本当に妻に感謝です。

その後。。。
あれから2年ほど経ちましたが僕たち家族には2人目の子供が生まれて、4人で幸せに暮らしております。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代男性)出会い系で知り合った既婚女性との不倫関係の顛末