電話占いってなに?怪しくないの!?

The following two tabs change content below.
ミナミ

ミナミ

フリーライター。学生時代から占いの魅力に惹かれ、これまで鑑定を受けた先生は150名を超える。占い師たちからのアドバイスも取り入れながら数多くの恋愛を乗り越えてきた自身の経験を活かし、いまは占い専門ライターとして活動中。自分でもこっそり占いを勉強中。
みなさんこんにちは!
 
占い専門ライターのみなみです。
 
今日は、「電話占い」について筆者の友人でも知らない人が多かったので、彼女たちの声も交えながらご紹介したいと思います。

対面占いと電話占い

「占いは好きだし興味あるけど、どこに行ったら良いかわからない」
 
「ネットで当たる占い師の情報を集めて見ても、結局よく分からなかった…」
 
こんな風に思われた経験はないでしょうか?
 
一般に占いと言えば、街角でよく見かける占い館とか、ショッピングモールの一角にある占いコーナーとか、あるいは、「〇〇の母!」といったようなものを思い浮かべると思います。
 
いわゆる、「対面占い」というやつですね。
 
実際に占い師さんと面と向かって話しながら占ってもらうので、顔や雰囲気もわかって安心できますよね。10分占いとかだと、手相を見てもらえる所も多いですね。
 
ちなみに筆者は、台湾旅行に行った時に対面占いをしてもらったことは特に鮮明に覚えています。初めは、国が違うし、なんか雰囲気怪しいし、ぼったらくられたりしないかな〜とびくびくしながら入りましたが、ホントに楽しくて一番のお土産になりました。
 占い師さんも日本語で話してくれますし、台湾旅行での占いはホントにオススメですよ!!
 
話が横道にそれましたが、「対面占い」の他にも「電話占い」というのが存在します。これは文字どおり、電話で占いをしてもらうものになります。
 
筆者の周りにも占い好きは多いのでたまに占いの話題になるのですが、電話占いはまだ知らない人も結構いるようです。
 
「なにそれ?あやしくない?」
 
と、怪訝な表情で聞き返す私の友人A子。
 
使ったことのない人は一様にこのような反応になります。
 
ただ、安心してください。電話占いは、実際利用してみれば、占いが好きな方にとってはすごく安心で有用なものです。
 
筆者の周りで実際の声を集めてみました。
 
「最初は胡散臭いと感じてたけど、先生がこれからのイベントをぴったり当てていてすごいなと思った。親身になって話を聞いてくれたのでとても嬉しかった。実際に対面で占ってもらっている感覚になるくらい自然だった。」A子
 
「自分でも気が付かなかった点を指摘してくれ、何度もハッとさせられた。電話中に先生のお話を聞きながら涙がでてしまった。浄化されていったと実感があり、本当に良かったと思う。素晴らしい先生でした。」B子
 
「電話占いのイメージを根底から覆された。占いは心理学的な要素もあり、客の方から話し出したり、表情などを見ながら占っている部分もあると思っていたのだが、電話だと不可能なことが多いのに、こちらが聞きたかったことを先に言われた時に【本物】だと感じた。」C子

電話占いのメリットとデメリット

電話占いの会社はたくさんあります。
 
それぞれのサイトには数多くの電話占い師が在籍していて、占い師を選び、申込みができるようになっています。
 
申込み後は、先生と直接電話で鑑定ができます。料金は1分○○円という形で計算されます。
 
【メリット1 場所と時間を選ばない】
まず何といっても便利さが一番ですね。出かけなくても、電話1本さえあればできちゃうんです。しかも、実際使ってみると意外と、対面占いとそんなに変わらなかったりするので満足感もあります。
 
時間帯もサイトによって違いますが朝早くや、夜遅くまでやってるところもあるので、非常に使いやすいです。
 
 
【メリット2 事前に先生の情報を見られる】
私もたくさん占いを受けたことがありますが、巷にいる占い師の情報って意外とインターネット上にはあんまりなかったりします。占い師さんを探そうと思っても出てくるのはたいてい超有名な占い師さんだけ。
 
一方、電話占いは元々インターネットでのサービスなので各占い師さんのプロフィールも見れたりします。事前にどんな感じの雰囲気なのかな〜と見てから電話できるのは良いですね。
 
 
【メリット3 電話だからこそ話せる内容】
占ってもらう占い師は、言ってしまえば赤の他人。しかも、顔も合わせず、特に本名を伝える必要もないので、たとえ人に話しにくい内容でもなんでも相談できてしまいます。
 
「周りに話す人がいない」という方は、いまの世の中とても多いはず。そんな時にはまさにうってつけだなと思います。
 
 
【デメリット1 値段が結構高い】
相場は結構高めではあるので、長く話したら1万を超えていたなんてこともあります。
 
筆者は、あらかじめ相談したいことを決めて、予算をセーブしたいときは最初に「最大でも○分くらいでお願いします」と伝えてからお願いしています。
 何か悩みが出てきた時に、予算を決めてたまに利用するくらいがちょうど良いかなと思います。
 
 
【デメリット2 たまにハズレることがある】
これは電話占いに限った話ではありませんが、電話をして微妙だったな〜という時もあります。やっぱり、相性ってすごく大事です。どちらかというと、話し方とか、雰囲気とかそういう人間的な部分で合うことがいちばん重要です。
 
筆者は、微妙だった時はもちろん二度と使いません(笑)。逆に「この先生は安心して話せる、信頼できる」という人であればたまにリピートして報告しています。
 
 
以上、電話占いについて紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
 
対面占いには対面の良さが、電話占いには電話の良さが、それぞれあります。
 
占いに行ったことのある方は、ぜひ電話占いも使ってみるといいかなと思います。時と場合によって使い分けるというやり方もできます。
 
占いを楽しみ、占いを上手に活用して、よりよい人生にしていけたらよいですね!
 
 
恋愛の悩みを電話占いで解決してみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

ミナミ

フリーライター。学生時代から占いの魅力に惹かれ、これまで鑑定を受けた先生は150名を超える。占い師たちからのアドバイスも取り入れながら数多くの恋愛を乗り越えてきた自身の経験を活かし、いまは占い専門ライターとして活動中。自分でもこっそり占いを勉強中。