失恋から立ち直る期間ってどれぐらい?早く次の恋をするには?

失恋から立ち直る期間ってどれぐらい?早く次の恋をするには?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

大好きな人に突然振られてしまったり、告白が失敗してしまうと、なかなかそのショックから立ち直れませんよね。

失恋から立ち直るのが早い人とそうでない人がいるのですが、その違いは一体どこにあるのでしょうか?

また、新しい恋をしたいと思うのなら、やはり失恋からの立ち直りが早い方が時間をムダにしなくて済みます。

今回は「失恋から立ち直る期間」について詳しく説明をしますので、失恋をしたばかりだという女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

失恋から立ち直る期間ってどれぐらい?

失恋から立ち直る期間ってどれぐらい?

失恋の傷が癒えて立ち直るまでの期間というのは人それぞれです。早い人なら1ヶ月も経たずに立ち直るのですが、長い人だと1年以上もかかってしまうことも。

私自身も立ち直るのに2年ほどかかった時期もありましたが、当然他の人に目を向けるなんてことはできませんでした。でも、今考えればその時間がもったいなかったなと感じています。

失恋から立ち直る期間の違いは、失恋の仕方やその人の性格が関係しているのです。納得のいく振られ方をした人より、ショックな言葉を言われて失恋した人の方が傷が深くなります。

ショックなことを言われても、あまり気にしない人は立ち直るのにほとんど時間はかかりませんが、反対に小さいこと気にする人はどんな別れ方でも立ち直りまでに時間がかかるでしょう。

では具体的にそれぞれどのような特徴があると、立ち直る期間が長い、または短くなるのでしょうか?次の章で詳しく説明をします。

失恋から立ち直る期間が長い人の特徴

失恋から立ち直る期間が長い人の特徴

失恋を引きずりやすい人、つまり立ち直る期間が長い人には下記のような特徴があります。

・ひどい失恋をした
・ネガティブ思考
・細かいことを気にする
・視野が狭い

相手の浮気が原因で失恋したり、キツい言葉を言われて失恋した人は、自分に自信がなくなったりトラウマになったりして立ち直るのが遅くなってしまいます。

また、普段からネガティブだったり、細かいことを気にする性格だったりすると、「次の恋愛も上手くいかないのでは」と一歩を踏み出せなくなりがちです。

そして視野が狭い人は、自分に合う人は元彼しかいないと考えることが多いので、そんな彼に振られてしまったら「もう終わりなのではないか」と感じてしまいます。その結果、未練がタラタラになってしまい、いつまでも立ち直るのができなくなってしまうのです。

失恋から立ち直る期間が短い人の特徴

失恋から立ち直る期間が短い人の特徴

では次に、失恋から立ち直る期間が短い人の特徴を説明していきましょう。特徴は下記の通りです。

・サバサバしている
・細かいことは気にしない
・恋愛が全てではない
・自立している

サバサバしていて細かいことを気にしない人は、一時的に落ち込むことはあっても、長い間それを引きずることはほとんどありません。「ダメなら次!」と切り替えが早いので、立ち直るまでの期間も短いです。

「この人しかいない」
「あの恋愛が最後だった」
と、男性や恋愛に全てを懸ける恋愛体質な女性は、一度の失恋で引きずりやすいのですが、そうでない女性は割とするぐに立ち直ることができます。

なぜなら、恋愛が全てとは考えておらず、他に楽しいと思えることがたくさんあるからです。「失恋したけど、私には他にやりたいことがあるから大丈夫!」と思える人や、「男に頼らなくても生きていける」と考えている人は、失恋をしてもすぐに立ち直ることができます。

失恋から立ち直る期間は男女で違いがある

少し話は逸れてしまうのですが、失恋から立ち直る期間は男女でも違いがあります。男女で比べた時、どちらかと言えば女性の方が立ち直りが早いもの。男性は女性以上に元カノのことを引きずりやすいのです。

男性は「彼女は自分に惚れている」と自信を持っている人が多いので、そこで振られるとかなりのショックを受けます。

反対に女性はいつも「浮気されているのではないか」など、恋愛に対してはネガティブに考える人が多いので、失恋のショックというより「やっぱり」といった感情になりやすいです。

また、女性は元彼より素敵な男性が現れると、意外と簡単に切り替えてしまえるもの。あれだけ深く落ち込んでいたのに、イケメンが現れた途端に前の恋を忘れている、なんて友達はいませんでしたか?

男性はいいなと思う人が現れるたびに元カノと比べてしまうので、なかなか他の人を好きになれません。

このように失恋から立ち直る期間は性格や別れ方だけでなく、男女でも違いがある面白いものです。

失恋から立ち直る期間を早くするにはどうしたらいい?

失恋から立ち直る期間を早くするにはどうしたらいい?

失恋から立ち直る期間が長い人の特徴に当てはまっていたからと言って、「私はもうダメかも…」と落ち込む必要はありません。ネガティブ思考の人でも、努力次第で早く立ち直ることができるようになります。

失恋からできるだけ早く立ち直るには、下記の行動を試してみてください。
・失恋のことを考える時間を減らす
・集中できる趣味を見つける
・他の人に目を向ける努力をする
・気分転換をする時間を増やす

失恋の傷を思い出せば立ち直るのも遅くなってしまいますよね。そのため、意識的に失恋のことを考える時間を減らしていきましょう。集中できる趣味を見つけるのも良いです。読書や映画鑑賞、スポーツやゲームなどなんでもOK。できれば新しい趣味を選んだ方が、集中しやすくなるのでおすすめです。

また、他の人に目を向ける努力をするのも大切。「まだそんな気持ちになれない!」と思うかもしれませんが、多少ムリにでも気持ちを動かすとだんだんと失恋の傷が癒えてきます。

没頭できる趣味がなかなか見つからない、他の人に目を向けるのもまだツラい、そんな人は気分転換できる時間を作るだけでも良いです。ウォーキングをしたり、友達に電話したりと、そのような時間を毎日30分は作るようにしてみてください。

そうすれば自然に気持ちが前向きになり、失恋から立ち直ることができるようになるでしょう。

失恋から立ち直る期間は早い方がいい

失恋から立ち直る期間は、できるだけ早い方が良いのです。元彼との復縁を考えているのなら、別れてから1年ぐらいアプローチを続けても良いのですが、そうでなければ早く気持ちを切り替えるのをおすすめします。

失恋を経験した人なら分かると思いますが、その期間は本当に気持ちが重く、何をしても楽しくありませんよね。そのように過ごしていたからといって、元彼が戻ってきてくれるわけではありませんし、ましてや男性の方からアプローチしてくることは期待できないでしょう。

また、失恋中で弱った女性につけこんでくる男性もいます。そのような男性は相談に乗るフリをして体を狙っているだけ、なんてこともありますので注意が必要です。

失恋からスパッと立ち直ると、自然と素敵な男性があなたの周りにやってくるようになりますよ。

まとめ

失恋した時の悲しみは、付き合っている時の大ゲンカの何倍もツライものですよね。何も手に付かず、ご飯も食べられない、だけどなかなか次の人に目を向けられない。そうなるともう悪循環です。

私も何度かそのような経験をしていますが、いつも新しい彼氏ができた時に、「あの時間はもったいなかったな」と感じます。落ち込むのは悪いことではないですが、ある程度の期間が経ったら、すっぱりと気持ちを切り替えた方が、楽しく過ごせる日々が多くなるはずです。

世の中に男性はたくさんいますから、あなたのことを大切に思ってくれる人は必ずいるはずですよ。

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?