menu

【20代女性のマッチングアプリ体験談】とにかくイケメンたちと出会いたいのです‥

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

目の前に現れたのは大失恋イケメン

私がマッチングアプリを使い始めたきっかけは、職場に若い男性がいなかったこともあり、周囲の友人たちがアプリを利用していたこともあってか、興味本位で始めました。

彼氏が欲しいというわけでもなく、結婚を目的にしていたわけでもなかったので、気軽に男性とデートしたいなと思っていた時に、イケメン率が高くマッチングしやすいと噂のアプリを使うことにしました。

始めた頃から本当にマッチングする男性の皆さんの顔面偏差値が高く、良さげな人たちとメッセージを交換していくうちに、実際会ってもいいなと思える人は数人くらい絞られていました。

「時々実物とは似ても似つかぬ人がデートにやってくる。」とか、「デートに行ってみたら宗教の勧誘だった。」といった噂があったので、実際に会うとなったら、待ち合わせ場所に行って会うまではすごく緊張していましたが、私の場合運が良かったのか、みんな写真通りのイケメンばかりで、驚きました。

ご飯を食べに行ったり、お出かけをしたりしましたが、男性陣も私と同じように、「彼女が欲しいわけではないが、気軽に女性と遊んだり、話をしたりしたい。」という人が多かったです。

傷は癒すがお金は払わない…

 

1番印象に残った出会いは、大失恋をした男性とマッチングしてデートに行ったことです。初めて会った時に、彼女と別れた寂しさから登録したと話をしていて、なんと失恋のショックで仕事も休職しているとのことでした。今思えば、仕事を休職するくらいの失恋してすぐにマッチングアプリに登録するなんて、、と思ってしまいますが、当時は弱っている姿がかわいそうに思っていた自分がいました。レストランで涙まで流して、失恋の苦しみを私に訴えてきた時は、さすがに困惑しました。食後、近くの公園でまたまた話を聞いてあげて慰めてあげて、この日は解散となりました。2回目のデートは、彼が、動物が見たいと言ったので、近くの動物と触れ合えるテーマパークに遊びに行きました。2回目に会った時は、少し失恋の傷は癒えているように見えましたが、男性が休職中だったので、お金は全部私持ちでした。お金を全部私に払わすことにもびっくりしましたが、私の気持ちが萎えてしまったので、この男性とはこのデートを最後に会うことはなくなりました。

色々な男性とマッチングして遊びに行きましたが、中には失恋の傷を癒すために、アプリを使う男性もいるんだなと、マッチングアプリには色々な使い方があるんだなと考えさせられる出来事でした。

【マッチングアプリ攻略のアドバイス】

明らかにサロンモデルの画像を使用している人がいたり、既婚者でもアプリを使用している人がいたので、そういう人とはマッチングしないようにしていました。