menu

「距離を置く=別れる」ということ?そのまま自然消滅が普通?

「距離を置く=別れる」ということ?そのまま自然消滅が普通?
→公式サイト「電話占いリエル電話占いリエル
The following two tabs change content below.
アイコ

アイコ

恋愛マスター。複雑な恋愛、復縁、片思いなど、有名なメディアで様々な恋愛相談に乗ってきた経験を持つ。

長くお付き合いをしているカップルは、時にパートナーから「距離を置きたい」と言われることもあります。

その時にふと頭に浮かぶのは「距離を置く=別れる」ということではないでしょうか?

そこで今回は「距離を置くと言うことは別れるということなのか」について詳しく説明をしていきます。

お付き合いが長い彼氏がいる人や、彼氏に距離を置きたいと言われた人はぜひ参考にしてみてくださいね。

「距離を置く=別れる」というわけではない

「距離を置く=別れる」というわけではない

距離を置くということは、何週間あるいは1ヶ月以上はお互い離れて過ごすということです。そのため、嫌いになったから自分から離れたいと思っているのでは、と不安に感じる人が多いかもしれません。しかし実は必ずしもそうではなく、この2つの理由が関係していることもあるのです。

しばらく離れることで自分の気持ちを整理したいから

一緒にいる時に「合わないな」と感じることが増えたり、ケンカが増えたりすると、付き合い初めの頃より2人の関係が悪くなっていると感じます。そうなるとだんだん相手に対する自分の気持ちがわからなくなるので、それを整理するために距離を置く方法を選ぶのです。

この場合、気持ちの整理をすることで相手の良さや必要性を再確認する可能性もあるので、必ずしも別れるわけではありません。

ただし自然消滅が目的の場合もある

距離を置くことで自分の気持ちを整理する人がいる一方で、そうではなく自然消滅させるのが目的の人も実際にはいるのです。本来なら別れるために話し合いなどをするのが正しいお付き合いですが、込み入った話を好まないと「距離を置いてそのまま別れる方法にしよう」と思います。この場合は別れ話をしないまま別れることになるので注意が必要です。

それでは次の章で「距離を置く=別れる」ではなく、さらに良好な関係になる可能性がある理由について説明しますので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。


初めて相談される方
今だけ、3000円分無料鑑定プレゼント中!

→電話占い「リエル」はこちら

恋愛の悩みを電話占いで解決しませんか?